--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.16.21:46
霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」
日比谷公園と霞ヶ関の間にある高層ビル群の中に、
日本酒造組合中央会の建物があります。

霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」2

そのビルの1階がこちら、
日本の酒情報館 SAKE PLAZA

日本酒、焼酎、梅酒などの製造工程や、
飲み方などのパンフレットがたくさん置いてあります。
外国人向けに英語のパンフレットもありましたし、
酒蔵の様子のビデオも上映されていました。

霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」1

壁一面に日本全国の日本酒の瓶。

しかし、これらは残念ながら展示用。
日本酒の販売もされていましたが、
売り場スペースはせまく、十数種類ほどでした。

霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」3

日本酒のリスト。

ここでは有料(530円)ですが、試飲が出来ます。
リストの中から5種類選ぶことが出来るのですが、
そのリストがすごくて驚きました。
上の写真は1枚目、中部・北陸編。

霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」4

2枚目は甲信越編。
この他にもちろん、関西、中国四国、九州編も。

霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」5

そして、梅酒や柚子酒など。

霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」6

最後のページは、ここで販売されているお酒と、
貴醸酒などの珍しいお酒。

70~80種類はあったような気がします。
この中から5種類を選ぶのはとても迷いました。

霞ヶ関「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」7

こちらが選んだ試飲の5種類。
お盆に6種類乗っているのは注文したお酒が残り少なかったので、
おまけで1種類追加してくれました。

飲み比べると全く違うのが分かってよいですね。
ただ、梅酒を1種類含めたのは間違いだったかも。
別物過ぎて、お酒の味が分からなくなりました。

ちなみに、外国人カップルも試飲してましたが、
お口に合わなかったのか、大量に残していて残念でした。

ここは平日の日中しか開いていないですし、
知名度も低い場所だと思うのですが、
外国人観光客の間では有名なのでしょうかね。
受付の人達も英語堪能でしたし、
試飲のパンフレットも英語版があって、
観光客には良い場所なのかもしれません。
スポンサーサイト
2010.03.26.23:19
ハーブの恵み
ハーブの恵み

ボンベイサファイアジンとか、カンパリとか、
薬草やハーブが入ってるお酒が大好きなんですが。

こんな薬草たっぷりのお酒が発売されていたので、
飲んでみました。

その名も「ハーブの恵み」。
製造元はなんと、養命酒製造。

養命酒が作るお酒って聞くと、
なんだかヘルシーに思えるから不思議。

ナツメ、シナモン、クコの実など
13種類のハーブが漬け込まれてる、
とのこと。

東洋っぽい香りやまったり感で、
いかにもリキュールな感じですが、
味はアップルジュースっぽくもあって、
とっても飲みやすかったです。

氷を入れて飲みましたが、
200mlではあっという間ですね。
すぐになくなってしまいました。

2008.05.22.23:30
ボンベイ・サファイア・ジン
ボンベイ・サファイア・ジン

おうちでボンベイサファイアジンを飲むのは初めてかも。

こちらは、ジンの中では一番好きなブランドです。
ウォッカの中で大好きなズブロッカと同様、
こちらも無味無臭ではなく、香りがあります。
10種類のハーブが入っているようです。

最初に飲んだのは、JALの飛行機の中。
瓶のオシャレさ、香りの良さで一目惚れ。

しかし、日本で買おうとすると、結構高いんですよね。
ちょっと前まで、500mlのズブロッカが800円程度で、
売られていたので、それに比べると全然手が出なくて。

ところが、ズブロッカは容量及び輸入会社の変更により値上げ。
今では、700mlが1,500円もしてしまいます。
そして、こちらのボンベイサファイアジンですが、
750mlの瓶が1,500円ほどで売られているお店を発見。
ズブロッカと同じ価格帯になりました。

なので早速、買ってみました。
やっぱり瓶がオシャレです。
側面には含まれている香草10種類の絵が刻まれてます。
そして、香りが豊か。
これから家では、ズブロッカとボンベイサファイアジンを
交互に飲もうかなあと思ってます。
2008.05.17.23:51
シャトーカミヤの「ハチブドー酒」
ハチブドー酒

茨城県の牛久にあるシャトーカミヤへ行ったときのお土産です。
(そのときのごはん日記はこちら。)

明治14年に作られた「ハチブドー酒」。
当時の味をそのまま再現しているそうです。

とにかく、甘ったるい。これはワインではありません。
名前を「ブドー酒」としている理由がわかります。
サントリーの赤玉のような感じでしょうか。
昔の人は、ワインをわざと甘く味付けしていたようです。

とても、料理と一緒には飲めません。
デザートワインですね。
甘ったるさを緩和するために、ロックでも良いと思います。
先日紹介した、おいものお酒に似ています。
2008.05.16.23:17
ベトナムのバナナワイン
バナナワイン

台所の戸棚の奥から出てきました。

500ml入りペットボトルに入っていたのは、
ベトナム産のバナナワイン。
パッケージには2006年2月15日製造と書かれてます。

お酒だから2年ぐらいは全然大丈夫だろうと思い、
飲んでしまいました。

バナナシードワインと表示されていますが、
ウィスキーみたいな味で、バナナの風味はありません。
アルコール度数は不明ですが、強そうだったので、
ソーダ割りにしたら、美味しく頂けました。

こちらは、ベトナムのホーチミンに行ったとき、
現地発着のメコンデルタツアーに参加して、
途中で立ち寄った開放的な工場で買ったものです。

すっごく昔のような気がしてましたが、まだ2年前だったとは。
時の流れの早さを感じます。

このメコンデルタツアーはオススメです。
バスでミトーという街まで行って、そこからボートを乗り継いで、
果物市場、ココナッツキャンディー工場、蜂蜜農園等に行ったり、
現地の歌を聞かせてもらったり、名物のエレファントフィッシュを食べたり。
盛りだくさんの内容となってます。
ホーチミンのシヴォタ通りという、バンコクのカオサンのような街ですと、
英語の1日ツアーで7ドルくらいからあったかも。
私は若い日本人の女の子がやってる小さな旅行会社を見つけて、
確か12ドルくらいで日本語ツアーに参加しました。
どの旅行会社でも内容は同じはずです。

というか、ホーチミンって、バンコクに比べると全然田舎で、
バイクの交通量がハンパなくて交差点を渡るのに苦労したことと、
このメコンデルタツアーの記憶ぐらいしか残っていないんですけど。。
2008.05.15.23:26
紫いものお酒 ImoImo
紫いものお酒 ImoImo


最近とっても気になっていた「紫いものお酒」。
“スイートポテトな味わい”って。。。
甘いのかしら?

アルコール度数は13%で、
ロックや割って飲むタイプのお酒らしいです。

オススメは、牛乳割りに、緑茶割り。
どうなんでしょう?
牛乳割りだと、カルーアミルクみたい?
緑茶割りだと、全く想像出来ない。。

と思いながら、チャレンジしてみました。

ほんのりした甘さで、まったりしてて。
それでいて、スッキリもしているので、
どんどん飲めてしまいます。

食事には合わないので、食後の飲み足りない時向け。
おつまみがいらないので、ダイエットにはいいかも。
さっさと食事を片付けて、まったり飲むぞ!、と。

もうちょっとアルコール度数が強い方がいいかなあ。
ロックで飲んでたけど、全然酔わないから、
つい長い時間飲んでしまいました。
2008.05.13.23:21
ファンタ パインアップル
ファンタ パインアップル

ファンタ50周年記念で、期間限定販売されている
「ファンタ パイナップル」。

すっきりした甘さで、むちゃくちゃおいしい。
無味無臭のジンを割るのに最適。
どんどんジンが進んでしまって、かなり危険な状態です。

期間限定、って、いつまで販売されてるんだろう?
まとめ買いしておこうかなあ。。

ちなみに私は、普段は炭酸は飲みません。
ジンやウォッカを割る時のみ、炭酸を飲みます。
なので、ストレートで飲んだことはありませんが。。
2008.03.02.23:43
丸の内カフェの自販機
ガラナ 硬水


時間つぶしのため、「丸の内カフェ」へ。
無料の休憩スペースで、雑誌を自由に読めるので便利です。
自動販売機にも、ちょっと変わったドリンクがあります。

購入したのは、東京では珍しいガラナと、硬度の高いお水。
いろいろ試してみたくなります。

2008.01.20.23:36
カッパハイ
カッパハイ


焼肉屋さんで、「カッパハイ」なるメニューを
見かけたので注文してみました。

焼酎の水割りにキュウリが入ったものでした。

真露にキュウリが合うとは聞きますが、
焼酎にキュウリはいまいちでした。
チューハイ用の焼酎はほとんど味がないですから、
キュウリの味を水で限りなく薄めた感じ。
やはり、チューハイには濃い目のもので
味付けしたほうが良いと思います。
ディアボロジンジャー


私は普段、炭酸飲料だけでは飲みません。
ジンやウォッカを割るときに飲むだけです。

この商品は電車の広告でよく見かけて、
ずっと気になってました。
ジンジャーがメインで香辛料も入っている、
というのに惹かれました。
ジンジャーエールは大好きですし、
ショウガ自体の香りも好きで、
料理には人より多めに加えます。
エスニック料理好きなので、香辛料は大好き。
それから、ハーブがいっぱい入ってる、
カンパリも好きなお酒です。
だから、私好みのドリンクなのではないかと。

外がとても暑く、シュワ~とした喉越しを求めていたので、
ちょうど良いと思って、買ってみました。

キリンビバレッジの世界のKichenから、
のシリーズは高級志向。ちょっとだけ、お高いです。
でも、その価値はあるかも、と思いました。
ジンジャーの香りが豊かで、奥深い感じがします。
味は普通のジンジャーエールと変わらないですが、
このドリンクの売りはあくまでも香り。
香りを楽しむものとして、オススメです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。