--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空港トルコスイーツ

空港で、余ったトルコリラを使い果たすために食べました。
果たして、この2品でおいくらでしょう?
驚きますよ。この空港内の物価の高さは。
スタバのコーヒーは8トルコリラほど。(約800円)
コカコーラが6トルコリラ。(約600円)
フードコート以外の免税品売り場などでは、トルコリラ
ではなくユーロ表示。頭を切り替える必要があります。
お酒などは明らかに日本で買ったほうが安いです。
何も買う気が起こりません。
さて、肝心のお値段ですが、ティーバックの紅茶が4.5
トルコリラ、このスイーツ1切れが2.2トルコリラ。
騒がしいフードコートなのに。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
スポンサーサイト
最終日ロカンタ

グランドバザールのブルーモスク側出口に近いレストランです。
何度もロカンタの店頭で見かけたお惣菜で、ずっと気になって
いたので、最後に食べてみました。
下には、牛肉、トマト、ナス、ジャガイモ、ししとうが
炒めたものが敷いてあり、その上にほうれん草のような青菜、
そしてチーズが載ってます。結構なボリュームです。
最初はこの1品で6トルコリラと言われたのですが、ライス
もサービスで付けて、とお願いして、こうなりました。
もちろん、パンも出てきましたが、この1皿で充分。
またまた、パンにまで手が出ませんでした。
味付けは塩・胡椒ぐらいしかしていないような感じでしたが、
素材の味が出ていて、おいしかったです。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
2007.10.17.22:19
ギョレメのMeran Restaurant「Güvecセット」
「Güvecセット」1 「Güvecセット」2

このお店はギョレメで一番安いかもしれないです。
朝食は全て3トルコリラですし、ケバブ類も5トルコリラ
からあります。
注文したのは、ギュヴェチのセット。
壷に入っているのがキュヴェチです。牛肉、トマト、ナス、
ジャガイモ、ピーマンなどが入った煮込み料理です。
これに、トマトベースのスープとライスが付きます。
そして、このお店のパンはナンのような大きなものでした。
キュヴェチを食べたのは初めてでしたが、全然初めての気が
しない料理です。日本でも、トルコでも、似たような料理を
何度も食べています。このような料理がトルコ人の好みなの
かもしれません。日本の煮物がほとんど、ダシと醤油で
味付けされるのと同じように、トルコではこのような味付
になるのだと思います。
このセットは7トルコリラでした。安いです。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
2007.10.17.18:19
ギョレメのPatisserieのスイーツ
ギョレメのスイーツ

ギョレメ唯一のパスターネです。
トルコスイーツをギョレメに来てから食べていないことに
気が付いて、急に食べたくなって行きました。
このはちみつ漬けのスイーツにハマってしまったようです。
小さなスイーツ2品にチャイで、3.5トルコリラ。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
2007.10.17.14:17
カッパドキア.グリーンツアーのランチ
グリーンツアー1 グリーンツアー2

参加したグリーンツアーでのランチです。
ウフララ渓谷のレストランで、渓流を眺めながら頂きました。
スープ、ナンのような大きな丸いパン、サラダ、メイン、
スイカが出てきました。
メインは、このお盆の載せられた中から好きなものを選ぶ
仕組みです。キレミット・ケバブという料理でしょうか。
鉄板の上に料理を載せて焼くようです。
付け合せはケチャップライスのようで、これは共通。
あとは、魚丸一匹か、キョフテ(ミニハンバーグ)か、
トマトとお肉(牛or鶏)などです。
私はトマトと鶏でスパイシーなものを選択。
それぞれのダシが出ていて、おいしかったです

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
2007.10.16.22:50
Turkesh Night Showのドリンク
Turkesh Night Showのドリンク

カッパドキアで、ナイトショーに行ってきました。
食事付きと無しが選べたのですが、私はギョズレベで
おなかいっぱいになったので、食事なしにしました。
ドリンクのみですが、飲み放題なのです。
ビール、ワイン、ラク、ソフトドリンクがフリーです。
そして、フルーツ盛り合わせとナッツ2種も付きました。
思いのほか豪華で驚きました。
ラクを初めて飲みましたが、これはクセになります。
甘い香りがして、その香りに釣られて飲んでしまいます。
が、アルコール度数はウォッカ等と同じため、ストレートで
ぐいぐい飲むと危険です。写真ではグラスに入っていて、
透明の状態ですが、水で割ると白く濁ります。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
2007.10.16.18:48
ギョレメのNazar Cafe「GöZLEME」
ギョズレメ

ギョズレベとボレキ(Börek)の専門店です。
トルコに来てから、店先でおばさんが作っているのを
何度も見ていて、いつか食べなきゃ、と思ってました。
TV番組「ウルルン滞在記」に紹介されたという張り紙が
あって、テーブルが4卓しかない小さなお店。
メニューは上記の2品とドリンクぐらいしかありません。
中の具はいろんな種類が用意されていましたが、
卵、トマト、カッパドキアソーセージが入っているものを
注文しました。
このソーセージがスパイシーだったようで、なんとなく、
メキシカンっぽい味がしました。
軽いおやつのつもりだったのですが、結構なボリューム
のものが出てきて、おなかいっぱいになってしまいました。
ギョズレベ 4トルコリラ、チャイ 1.5トルコリラ。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
Hacinin Yeri1 Hacinin Yeri2

Hacinin Yeri3

ギョレメからウチヒサルに向かう道路沿いにあるお店。
ちょうど町の境目辺りで、交差点の角です。
とっても大きなお店で、最初は公園かと思いました。
写真ではわかりずらいですが、左の山には上の方に
洞窟となっていて、3部屋あります。
テーブル席2つと、クッションがあって、足を伸ばして
くつろげる部屋です。階段を登っていきます。
右の山にも穴がほってあって、1部屋あります。
そして、写真では写ってないですが左の方には、ガラスの
テラス席があります。
ちょっと高級っぽくて、お店もおもしろいので、
団体ツアーとかで使われているのでしょうか?
さて、注文したのは、スープとパトゥルジャンケバブ。
このケバブはナスと挽肉の団子を交互に串に刺して
焼いた料理です。
ナスの皮は黒焦げだったので外しましたが、
中身はトロトロで、肉汁も染み込んでいておいしかったです。
トマトとピーマンの串刺しも、甘さが増してました。
そして、このお店のパンは2種類がホカホカの状態で
出てきて、好感が持てました。
お値段はやはりちょっと高かったです。
スープ 4トルコリラ、ケバブ 15トルコリラ。
でも、洞窟のお部屋で食べられたので良かったです。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
2007.10.15.21:32
ギョレメのGöreme Restaurantの「Macca ~」
Macca 1 Macca 2

おうちのリビングっぽい雰囲気を醸し出していて、
素敵だなと思って入ったお店です。
店内は奥に暖炉があって、靴を脱いで上がるスペース
があります。クッションが並んでいて、みなさん、
足を伸ばしてくつろいでいました。
注文したのは、Maccaという名のメニューです。
伝統的な...、とメニューに書かれてたので、
選んでみました。11トルコリラ。
ドリンクはアイラン(ヨーグルト)、2.5トルコリラ。
アイランの後ろに写っているのがフリーのパンですが、
トルコではどこでもこれくらいの量が出てきました。
さてMaccaですが、大きな鉄のプレートに、肉とトマトの
炒め物と、ピラウ(パン)が載せられ、下はガスバーナー。
あつあつです。ガスバーナーの火は、運ばれて数分後に
消されました。あつあつのままだと食べられないので。
お肉の味は、ショウガとニンニクが効いていて、
薄い醤油味っぽいのようで、ピラウと合いました。
ここでも、せっかく出されたパンは、一切れしか
手を付けられませんでした。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
2007.10.15.14:15
ギョレメのSilk Road CafeのChicken Plate
Silk Road Cafe

雨が降っていたので狭い店内は午後2時でも賑わって
いました。奥に小さな暖炉とTVがあり、それを眺めてる
人や、チェスのようなゲームをやってる人もいました。
注文したのはチキンのプレート。7トルコリラ。
薄切りした鶏肉と玉ねぎなどを炒めたものにケチャップ
が掛けられてました。アメリカンっぽいです。
これに、サラダとピラウ(ライス)、ヨーグルトも
プレートに載ってます。
ご飯とヨーグルトが付いてくるのは、なんだか、
インドっぽいですね。
もちろんパンも付いてきますが、ご飯が付いていると
パンに手を出すまでには至りませんでした。
このお店は天気が良ければ、テイクアウト用のケバブサンド
等も売られていて、そちらは3トルコリラほど。
安いので、結構利用している人がいました。

※トルコ(イスタンブール・カッパドキア)の旅行記はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。