--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.30.23:38
ウスベキスタンのお酒
ウズベキスタンで飲んだお酒をご紹介。

と言っても、町の酒屋さんやミニマートで、
ビールとワインを購入しただけなんですけど。

本当は旧ソ連の国らしく、ウォッカをお土産に
買って来ようと思っていたんですが、
いかんせん、空港の免税店が高くて。

町の酒屋さんでは、ウズベキスタン産ウォッカが、
500mlの小瓶で3000スム(200円)ぐらいだったので、
買っておけば良かったと後悔しました。

ウスベキスタンのお酒1

タシケント初日に町の露店で買ったビール。

値札もなく、何も知らずに買ってしまったので、
もしかしたらボラれたかも。4000スム(270円)。

後で確認したら、ロシア産のビールだったので、
輸入品だから高かったんですかね。
ちなみに、パッケージはアルコール度数の高い順に、
1・3・5・7・9と番号が振られてるみたいです。

そういえば、缶ビールを見かけたのはココだけだったかも。
東南アジアもそうですが、ビールは大瓶ばかりでした。

ウスベキスタンのお酒2

サマルカンドのミニマートで買ったビール。

SARBASTはタシケント産のビールです。
タシケントでウズベキスタン産ビールを買いそびれたので、
きちんと調べて、サマルカンドでリベンジしました。
赤ラベルの通常版と、青ラベルのエクストラ等の種類が置いてあって、
価格は、1000スム(65円)、1300スム(85円)などでした。

写真の青ラベルは確か1300スムで、ちょっとコクがありました。

ウスベキスタンのお酒4

同じく、サマルカンドのミニマートで購入。

Pulsarはサマルカンド産のビールです。
こちらも、白ラベル、緑ラベル、黄金ラベルがあって、
価格も同じく、1000スム~1500スム(100円)程度。

写真の白ラベルは一番安いもので、軽い感じでした。

話が反れますが、サマルカンドのミニマートではビールしかなく、
ワインやウォッカは見かけませんでした。何故でしょう?

ウスベキスタンのお酒3

ブハラのミニマートで購入したビール。

AZIAはブハラ産のビールです。
こちらも、青ラベル、黄金ラベルなど色々種類があって、
購入した青ラベルはピルスナー。
ウズベキスタンでは初めてピルスナーを飲んだからなのか、
他のビールとは全く違って、苦さが全然なかったです。

ウズベキスタンはビールもいろんな種類があって、
価格も安くて、飲み比べをすると楽しいかもしれません。

ウスベキスタンのお酒5

路上で売られていた大量のビール。
500mlの大瓶もありますが、右に積まれているのは、
なんと1.5リットルのペットボトル。
ペットボトル入りのビールは初めて見ました。
ウズベキスタンの方々は大酒飲みなんですかね。

(ちなみに、ミニマートや酒屋さんでは、
500mlの大瓶がきちんと冷蔵庫で冷やされているので、
生ぬるいビールを飲む羽目にはなりません。ご安心を。)

つづいて、ワインを。

ウズベキスタンは全体的に乾燥した気候ですが、
砂漠の中のオアシスらしく、水に恵まれた地域も多くて、
そのような場所では地中海性気候に近いため、
ワインもよく作られているようです。

ウスベキスタンのお酒6

ブハラのラビハウズ近くのミニマートで購入したワイン。

ミニマートの一番奥に、ガラスで仕切られたエリアがあり、
そこにワインやウォッカが並んでました。
店員さんに価格を聞くと、これは5ドル、これは8ドル、と
説明してくれましたが、棚のちょっと上を見ると、
3500スム、5000スムなどの表示が…。
お客さんによって価格を変えているのでしょうか?
それとも、外国人価格の設定があるのでしょうか?

私はスム表示の値札を見つけたので、店員さんに反論して
これは3500スム(230円)でしょ、と言って買ってきました。

(ちなみに、アジアブハラホテルの前にある小さな酒屋さんは
ドル表示の値札しかなく、価格も高いのでご注意を)

ウズベキスタン産の赤ワインはとにかく甘い、と聞いてましたが、
そのとおり、むちゃくちゃ甘かったです。
まったりとしてて、デザートワインって感じです。
ただ、甘さに慣れてくると、やみつきにはなりそうな味です。

ウスベキスタンのお酒7

タシケントの酒屋さんで購入したワイン。

パッケージにブハラの絵がある、ブハラ産の白ワイン。
タシケントは都会らしく、きちんと定価表示がされていて、
何も言わずに定価で購入できました。5000スム(330円)。

(ちなみにこのワインは空港の免税店では8ドルでした。)

ちょっと甘めでしたが、とってもフルーティーで美味しかったです。
スポンサーサイト
タシケント「オープンエアのレストラン」1

タシケントのウズベキスタン工芸博物館の
近くで見つけたお店。

最初はホテルの中庭なのかなあと思って覗いてみたら、
テラスで食事している人が大勢いたので入ってみました。

テーブルと椅子は、中庭とテラス席のみ。
屋内は調理場になってました。

また、中庭にはシャシリクを焼いている人がいて、
その横には、お肉やお魚が干してありました。
ハムみたいに、干してスモークでもするんでしょうか。
ウズベキスタンで魚を見かけるのが珍しかったです。

メニューはありましたが、例によってキリル文字で読めず、
また店員さんも英語が通じなかったので、単語の羅列で確認し、
その後メニューで価格を確認しました。

タシケント「オープンエアのレストラン」2

注文したのはラグマンとサラダとパンとお茶。

ラグマンは今回も0.7人前。
薄いトマトソースがかかったものでした。
暑い日にぴったりの、冷たいサラダうどん、
って感じで美味しかったです。

サラダはお盆に乗せて来てくれて選んだもの。
トマト、キュウリ、タマネギのマリネです。

価格は全て合わせて5,000スム(370円)程度だったかと。

天気の良い日は涼しい日陰のオープンテラスで
ゆっくりランチするのが良いですね。
2010.04.30.22:25
タシケント「ゴールデン・ウイング」
タシケント「ゴールデン・ウイング」2

地球の歩き方でも紹介されているお店です。
シャフリサーブス通りに面したトルコ料理屋さん。

お店の外にもテーブルと椅子が並んでいて、
とっても賑わってました。

ピザ等のファーストフードをテイクアウトしていく人や、
テーブルでメニューを見て注文していく人もいましたが、
店内に入ってみたら、トルコ料理屋さんのロカンタのように、
ショーケースにサラダやお惣菜が数多く並んでいたので、
私は指差し注文してきました。
(ちなみに、英語の通じる店員さんは居ませんでした)

タシケント「ゴールデン・ウイング」1

お豆のサラダと、鶏肉のロースト。

ロカンタでよく見かけるお惣菜も並んでましたが、
お皿に盛り付けられていた大きなチキンに目を奪われて。

ショーケース前で指差し注文しましたが、
チキンは見本のものが置かれていたようで、
出来立てアツアツのものをテーブルに運んでくれて、
レストランのように、食後にテーブル会計でした。

注文したのは良いけれど、運ばれてきて、
そのボリュームにびっくり。
鶏もも肉1枚分以上の大きさです。
美味しかったのですが、残してしまいました。

大人数で訪れて、いろんなお惣菜を注文して、
少しずつ分け合ったほうが良いお店だと思います。

トルコ料理店だからか、お酒は注文出来ませんが、
メニューも豊富で、お会計もリーズナブルで、
お客さんが混みあうのもよく分かりました。
2010.04.30.21:08
タシケントのケーキ屋さん
サマルカンドのシャブバザール(→ Diary)で見かけて、
とっても気になっていたウズベキスタンのケーキ。

タシケントのゴフル・グロム駅近くの繁華街を
歩いていたときにケーキ屋さんを見つけたので、
入ってみました。

タシケントのケーキ屋さん1

お店を入ってすぐに目に付いたのはこちら。
とっても大きなケーキが棚に入って、
ぐるぐると回ってました。
結婚式用のケーキでしょうか?

このぐるぐる回るケーキ用の棚は、
タシケントのスーパーマーケットでも
見かけました。
ウズベキスタンの人達は、こんな大きなケーキを
いつも買っているんですかね。

タシケントのケーキ屋さん2

シャブバザールでは、冷蔵庫などはなく、
ケーキはそのまま置かれてましたが、
さすがに都会のタシケントでは、
冷蔵庫に入ってました。

こちらにも大きなケーキがたくさん。
カラフルなお花の飾りが付いたものだけでなく、
都会っぽいクールな色のものも。

タシケントのケーキ屋さん3

こちらは1人用の小さなケーキ。
ロールケーキが多かったです。

アイスクリーム用のようなプラスチック製の
小さなスプーンが刺さっていたので、
食べ歩きも出来そうです。

タシケントのケーキ屋さん4

そして、買ってきたのがこちら。
ロールケーキに黄色の大きなお花とチョコプリッツ。

ボール紙の器に入れられ、そのままレジ袋の中へ。
おかげで、持ち帰るときにお花がレジ袋に当たり、
ちょっと欠けてしまいました。

ホテルで頂いたのですが、お味の方は…。
まあ、想像どおりですかね。
ロールケーキはパサパサで、クリームも硬かったです。
水分が少ないのは土地柄でしょうか、それとも、
保存性を考えてのことでしょうか。
2010.04.30.20:40
タシケント「ラグマン専門店?」
タシケント「ラグマン専門店?」1

タシケントの旧市街にあるチョルスーバザールの
北側に走る広い通りを歩いていたときに見つけたお店。

外観から、ラグマン専門店かなあと思い、入ってみました

タシケント「ラグマン専門店?」2

店内はとっても明るく、気軽な食堂風。
ランチタイムを過ぎた頃にお店に入りましたが、
それでも、かなり賑わってました。

写真付きメニューがきちんとありました。
(クリックすると写真は拡大します)

タシケント「ラグマン専門店?」4 タシケント「ラグマン専門店?」5

1ページ目はいろいろなラグマンが。
具だくさんのトマトソースがかかったものや、
ニラ玉炒めのようなお惣菜がかかったものなど。
ぶっ掛けご飯みたいなメニューです。

タシケント「ラグマン専門店?」6

次のページはごはんもの。
前のページのラグマンのメニューを
ご飯に変えたような感じです。

この後のページには、中華料理っぽい大皿料理や、
ウズベキスタンのシャシリク、サムサもありました。

メニューを見ると、とってもアジアっぽさを感じます。
さすが、多民族の街タシケントです。

注文したのはこちら。

タシケント「ラグマン専門店?」3

普通の白いご飯に飢えていたので、
トマト煮込みをぶっかけたもの。
このお店でも、1人前と0.7人前が選べたので、
大きなパンのことを考えて、0.7人前を注文。

この大きなパンさえなければ、
東南アジアの食堂で食べている
錯覚に陥りました。

ウズベキスタンの家庭料理もこんな感じなんですかね。
それとも、このお店がアジアっぽすぎるのか。

とにかく安心出来るお味でした。

タシケントはサマルカンドやブハラと違って、
観光地ではなく、普通の都市なので、
こういう庶民的な食べ物がレストランで食べれて
とっても嬉しかったです。
2010.04.27.23:27
ブハラ「クリティバザールのプロフ」
ブハラの旧市街を東側に抜けた場所にある、
クリティ・バザールでランチを頂きました。

バザール内の混み入った路地を歩いていたら、
お姉さんに声を掛けられたので、そのまま中へ。

お店は路地に建てられた建物の1階奥、
上にテントが張られた場所でした。

メニューはありましたが、キリル語で読めなかったため、
しばらく食べていなかったプロフを注文。
一人前と0.7人前が選べたので、0.7人前を。

他のお店のメニューでも見かけたのですが、
ウズベキスタンでは、1人前と0.7人前の二種類を
用意しているお店も多いようです。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」1

プロフ0.7人前と、パン1/2と、お茶。

午後を過ぎた時間帯のためか、
ちょっと油がきつかったですが、
黄色の人参と羊肉がたっぷり入っていて、
美味しかったです。

(プロフはだいたい作り置きされているので、
早い時間帯に食べたほうが美味しそうです)

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」2

こちらはお店を切り盛りしていた家族。

現地人ばかりのバザールに日本人が来たのが珍しかったのか、
私が持っていた地球の歩き方を取り上げて熱心に読んでました。

その後、写真を撮って欲しいと言われて、撮った写真がこちら。
現像して欲しかったようで、ネットカフェが近くにあるから、
と言われましたが、あいにくPCとデジカメを繋ぐケーブルを
持っていなかったため、渡すことは出来ませんでした。

(ちなみに、英語は全く通じなかったので、
単語と身振り手振りでの会話です。)


せっかくなので、クリティ・バザールの紹介を。

旧市街を東へ進んでいくと、
ムスタキーリク通りという大通りに出ます。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」3

広い通りに車やバスが走り、
お店の入った建物がずらっと続きます。

どこにでもあるような幹線道路の風景ですが、
日干しレンガ一色の旧市街を歩いていたので、
突然この光景を目にすると驚きました

ブハラの町は、旧市街のエリアだけ、
大事に保存されているんですね。

通りを南下して東側に見えるのがクリティ・バザール。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」4

人が続々と入っていくので、着いていったら、
こんな水溜りのエリアに。

本当にコレがバザール?と驚きましたが、
先に進むとそうではなかったです。
このエリアだけが未開発のようでした。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」5

大きな屋根で覆われたスペースには、
野菜や果物がたくさん。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」6

もちろん、パン売りも。

食品を扱う場所は綺麗なようです。
しかし、この周りには洋服や雑貨を売る
小さな露店が多かったです。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」7

ぐるっと一周して大通り沿いに出たら広場が。
どうやら、こちらが入口だったようです。

そんなわけで、コルホーズ・バザールとは異なり、
未整備な部分もあり、煩雑さが残るバザールでした。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」8

大通りを挟んでバザールの反対側には、
大きな木が並ぶ、旧市街側への通りも。
2010.04.26.21:27
ブハラ「コルホールバザールでサムサ」
ブハラ「コルホールバザールでサムサ」1

ブハラの旧市街の西側、アルク城をさらに西に進み、
サーマーニ公園の北側にあるコルホーズ・バザール。

バザール北側にあるバスターミナル近くに、
レストランが連なるエリアがありました。

レストラン前には、この写真のように、
店頭でサムサを売る姿が。

どのお店も似たような感じだったので、
一番綺麗そうなお店に入ってみました。

ブハラ「コルホールバザールでサムサ」4

店内はチャイハナ風の広いテーブルセット。
お店の前には手を洗う場所もあって便利。

ブハラ「コルホールバザールでサムサ」3

注文したのは、サムサとお茶。

このお店もメニューがなく、お店のおばちゃんが口頭で、
サムサ、プラフ、ラグマン等とメニューを挙げてくれましたが、
お店の前で見たサムサが美味しそうだったので、サムサに決定。

一辺が12~3cmほどもある三角形のサムサです。
パイ生地のように幾層にもなっている外側はサクサク。

ブハラ「コルホールバザールでサムサ」2

中身は羊肉とタマネギを炒めたもの。
クミンの味が効いてました。
酸っぱめなトマトソースもよく合いました。

お値段はサムサとお茶で、2,500スム(165円)ほどだったかと。

火傷しそうなほどアツアツで美味しかったです。
やっぱり現地の食事は、バザール近くのレストランで、
地元の人に混ざって食べるのが良いですね。


せっかくなので、コルホーズバザールの様子を。

コルホーズ・バザール1

大きな入口の門。
門の前には駐車場と、隣はミニバスの停留所。

門には「BOZORI」と書いてあって、
コルホーズという文字は見当たらず…。
地球の歩き方の地図が間違ってるのかしら?

コルホーズ・バザール2

中に入ると、大屋根で覆われたスペースが。

コルホーズ・バザール3

大屋根の下は野菜や果物が売られているスペース。

奥には、マリネされたサラダや、ヨーグルトなど、
調理済みのものを売るスペースもありました。

コルホーズ・バザール4

その正面にも、もう一つ大きなスペースが。

こちらは大きなパン。
ブハラのパンはサマルカンドと見た目は似てますが、
ブハラのパンの方がふわふわしてました。
どちらも美味しかったです。

コルホーズ・バザール5

米や豆、香辛料を量り売りしている場所もありました。

サマルカンドのシャブバザールに比べると、
ゴミゴミした雰囲気はなく、通路も広くて、
とっても清潔な雰囲気でした。
2010.04.26.20:47
ブハラ「ラビハウズ西側のレストラン」
ブハラ「ラビハウズ西側のレストラン」1

またまた、ブハラの旧市街の中心ラビハウズです。

ブハラの旧市街はレストランが少なく、
ラビハウズ周辺にぎゅっと集まっているのです。

今度は、ラビハウズの西側にあったレストラン。

ブハラ「ラビハウズ西側のレストラン」2

池に浮かんでいるモスクの置物には、
いつも鳥達が佇んでました。

ブハラ「ラビハウズ西側のレストラン」3

お店はこんな感じ。チャイハナ風のテーブルセット。

ブハラ「ラビハウズ西側のレストラン」4

昼頃にお店の奥を覗いてみたら、
ナンやサムサを焼くための小さな窯と、
シャシリクを炭火で焼くための銀色の装置が
ありました。

ブハラ「ラビハウズ西側のレストラン」5

夜になると、池の周りはライトアップされます。

東側と西側のレストランの間には、
お酒やアイス等が頂ける気軽なカフェがあって、
夜はそのお店の前の大きなスクリーンで、
BGM代わりにミュージックビデオが流れてました。

ブハラ「ラビハウズ西側のレストラン」6

注文したのは、ヌードルスープとナン。
この日も軽めの夕食です。

ちなみに、メニューはありません。
スープはコレとコレがあって、メインはコレで…、
って感じで店員さんが英語で簡単に説明するのみ。
何故紙にメニューを書いてくれないんでしょう?

ヌードルスープを注文したのに、スプーンしかもらえず、
後からフォークを持ってきてもらいました。
ヌードルが入っていようとも、あくまでもスープなんですかね。

軽い夕食だったので、確か4,500スム(300円)ぐらいだったかと。

会計をお願いしたのに、店員さんは一向に来てくれず。
隣のテーブルにいた地元民の家族も同じように待たされてたようで。

私はさすがに待ちきれず、自分で厨房の方に行って催促。
それでも店員さんは皆調理とサーブに忙しく、ちょっと待って、ばかり。
通りかかった店員さんの腕を捕まえて、強引に会計して来ました。
途中で食い逃げしようかと思うほど、待たされました。

店員さんのサービスは圧倒的に、ラビハウズの東側のレストランの方が
良いと思います。メニューの豊富さから言っても、圧倒的。
こちらのレストランはオススメしません。
2010.04.26.20:19
ブハラ「ラビハウズ東側のレストラン」
ブハラ「ラビハウズ東側のレストラン」1

ブハラ旧市街の中心ラビハウズです。
ハウズは池という意味。

砂漠が続くシルクロードをラクダに乗って歩いてきた人々が、
水と緑が豊かなオアシス都市、ブハラで体を休めたとのこと。
なので、ブハラには、メドレセ(神学校)、モスクだけでなく、
キャラバンサライ(隊商宿)も数多く残ってました。

ブハラ「ラビハウズ東側のレストラン」2

そのラビハウズの東側にあるレストランへ。

ランチ時は、地元民と観光客で賑わってました。

ブハラ「ラビハウズ東側のレストラン」3

木陰のない、日の当たるエリアは、さすがに誰もおらず…。

お店のトレードマークの小太りのおじさんの人形と、
大きなラクダの銅像が池の周りを囲んでます。
記念撮影している人も多かったです。

ブハラ「ラビハウズ東側のレストラン」4

まずは、サラダ。

このお店はきちんとメニューがありましたが、
キリル文字で読めなかったため、店員さんが、
トレーに乗せて運んできてくれました。

ブハラ「ラビハウズ東側のレストラン」5

注文したものがずらり。
サラダ、ナン、お茶、そして、ラグマン。

ラグマンというのは中央アジアの麺で、
小麦粉で作られたうどんのようなもの。

サマルカンドではスープに入ったたものを食べましたが(→Diary)、
このお店ではナポリタンのようにトマトソースで炒めたものが
出てきました。

周りにいた地元の人達は、このラグマンか、
あるいは、野菜を煮込んだスープのようなものに、
ナンを合わせて食べていた人が多かったです。

お味は想像通り。ちょっと太い麺で作ったナポリタン。
ランチにはちょうど良かったです。

お会計は全て合わせて、10%のサービス料込みで、
確か6,000スム(400円)ぐらいだったかと。

ブハラ「ラビハウズ東側のレストラン」6

隣のテーブルには白人さんの団体観光客。
団体ツアーのランチにも利用されているお店のようで、
ちょっと覗いてみたら、メニューはサラダとシャシリク。
こんなに大きなシャシリクが用意されていました。

シャシリクも美味しいんですが、こんなのが毎回出てきたら、
と思うと…。ツアーだと食事を自分で選べないのが嫌ですよね。
(私がツアー大嫌いな理由の一つがコレですが)

しかも皆、ビールかジュースを注文させられてて…。
ウズベキスタンのお茶はとっても美味しいですし、
大きなポットで出てくるから、何人かで1つで充分。
油たっぷりのメニューには、冷たい飲み物ではなく、
温かいお茶で油を流さないと、胃もたれしかねない、
と思うんですけど。
ガイドさん的には、高価なビールやジュースを
お客さんに注文させないといけないんですかね。
2010.04.25.23:19
ブハラ「チュチュヴァラ」
ブハラ「チュチュヴァラ」1

ブハラ旧市街の中心ラビハウズの西側にある
ナディール・ディヴァンベギ・ハナカの
さらに西側にあったレストラン。

小さな看板が出ていただけのお店ですが、
陽気そうなお兄さんが店から顔を出していたので
入ってみました。

店内はチャイハナ風に大きなテーブルとベンチ。
先客は白人のおじさん一人で、ビールを飲んでました。

メニューはないようで(ブハラのお店では多かったです)、
私が地球の歩き方を持っていたので、それを一緒に見ながら、
一品ずつ指を差して料理の説明をしてくれました。

サマルカンドで肉を大量に食べてしまったため、
ブハラでは軽いものを食べようと決めていたので、
注文したのは「チュチュヴァラ(ペリメニ)」。

ブハラ「チュチュヴァラ」2

トマトベースのスープの中に水餃子が入ったもの。
スープはちょっと塩気が強かったですかね。

これとナン。
サマルカンドナンに比べて、ブハラのナンは柔らかく、
あっという間に完食。

海外に行くといつも思うんですけど、
パンが美味しい国では、スープとパンだけで、
食事としては充分ですね。
お腹を休ませたいときにはこの組み合わせが一番です。


ブハラのレストランの看板

これは違うお店の看板ですが、
ウズベキスタンのレストランは
だいたい店頭にこんな看板が
置いてありました。
同じ業者に発注したのか、と思うほど、
似たようなテイストの看板。

メニューがないお店が多かったので、
この看板を頼りにお店に入り、
看板に出ていたメニューの価格をチェックして
注文することが多かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。