--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モロッコ・マラケシュ「シーフードランチ」1

マラケシュでは旧市街に宿泊し、
旧市街ばかりを巡ってましたが、
最終日はバスに乗って新市街へ行って来ました。

(新市街は旧市街とは全く趣きが異なり大都会。
 モロッコらしさは皆無で面白くはなかったです。)

旧市街から新市街へ繋がるモハメッド5世通りを
11月16日広場で西へ曲がった場所で見つけたレストラン。
「Samak al-Bahria」

お店の前に人が溢れるほどの人気店なので、
惹かれるように入ってみました。

モロッコ・マラケシュ「シーフードランチ」2

そしたら、店先にはお魚屋さんのように
大量のお魚が並んでました。
モロッコは魚料理のイメージがなかったのでビックリ。
珍しいシーフードレストランということで人気だったのでしょうか。

店先のテラス席だけでなく、店内は広く、
ロフトのような2階建てでしたが、
ほぼ満席の状態で何とか席を見つけました。

モロッコ・マラケシュ「シーフードランチ」3

席に着いたら、メニューとパンが運ばれてきました。

モロッコ・マラケシュ「シーフードランチ」4

メニューの中身。

左側は魚の種類が列挙。
価格は重さで決まるようです。

右側はフリッター等。

(ちなみにメニューはフランス語です。
 外国人だからフランス語メニューを持ってきたのかもしれませんが、
 モロッコではアラビア語よりもフランス語をよく見かけました。
 おかげでフランス語メニューに抵抗はなくなりましたが。)

モロッコ・マラケシュ「シーフードランチ」5

注文したら、ライスとトマトソースがやってきました。
大きなパンもあるのに、その上、ライスまで。
お魚にはパンよりもライスということでしょうか。
これらは無料サービスのようです。

モロッコ・マラケシュ「シーフードランチ」6

注文したフリッターがやってきました。

大きな魚と大量のイカリング、そして海老。
こんなボリュームだとは思いませんでした。

これで40ディルハム(約400円)だったかな。。
かなりお得です。
周りでは、こんな大皿を一人一皿食べている人達ばかりで
驚きました。

モロッコ・マラケシュ「シーフードランチ」7

そして、こちらは大きなお魚。
店先で並べられていた魚を指差して注文したので、
魚の種類は不明です。

カリカリに香ばしく焼かれた薄味の白身魚。
ライスとトマトソースがよく合いました。

ただ、残念なことに、お箸がありません。
それどころか、フォークすらないのです。
素手で焼き魚を食べるのはちょっと苦労しました。
でも、美味しかったです。
スポンサーサイト
モロッコ・マラケシュ「Chez Brahimのランチセット」1

モロッコのマラケシュで食べた、
ある日のランチ。

以前にも写真は掲載した気がしますが、
お店の名前が知ることが出来たので、
再度掲載したいと思います。

フナ広場からカフェ・ド・フランスの前の通りを
北へ進んで、スークのアーケードを抜けたあたりに
あるお店。「Chez Brahim

tripadvisorでランキングに載るような
有名店だったみたいです。

お店の前でお兄さんが呼び込みをやっていて、
ランチセットがお得そうだったので入ってみました。
(確か55ディルハムだったかと)

お店は建物の2階。
狭くて薄暗い階段を登ったら、
明るくて開放的な店内に辿り着きました。

窓から入ってくる風が気持ちよく、
窓際ならばスークの喧騒が眺められると思います。

モロッコ・マラケシュ「Chez Brahimのランチセット」2

ランチセットの最初はモロカンサラダ。

20cmくらいのお皿に山盛りになってますが、
これが1人前です。

モロッコ・マラケシュ「Chez Brahimのランチセット」3

大きなパンとオリーブもやってきました。

モロッコ・マラケシュ「Chez Brahimのランチセット」4

そして、メインのクスクス。

タジン鍋に山盛り。
こちらも20cm近いお鍋ですが、
これが1人前です。

クスクスの上に茄子や人参などの野菜と
骨付きのチキン。
ボリュームありすぎて食べられません。

モロッコ・マラケシュ「Chez Brahimのランチセット」15

最後のデザート。
オレンジ1個とマスカット。

日本人の感覚ならば、
2人で取り分けてちょうど良い
ぐらいのボリューム。

それなのに、周りにいた欧米人観光客は、
一人一鍋、普通に食べていて驚きました。

アジア以外の国に旅行すると、
一皿が多すぎるので困ります。
2011.09.02.23:51
モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)
モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)

マラケシュ発メルゾーガ行きの2泊3日ツアー、
最終日はメルゾーガの砂漠からマラケシュへ、
ひたすらドライブして帰ってきました。

メルゾーガを朝8時くらいに出発して、
マラケシュに着いたのは夜8時過ぎてました。

全く観光のない1日で、2時間おきくらいに、
カフェやレストランに立ち寄っただけ。

その中の2軒をご紹介します。
(他のお店は疲れていて、写真を撮るのを忘れました)

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)

砂漠を出発して、最初に立ち寄ったお店。

一番上の写真のような荒涼とした大地に、
ただ1本まっすぐ伸びる道にあった、
唯一とも思えるカフェでした。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)

店内の様子。エスプレッソマシーンもある、
結構ちゃんとしたカフェです。

お店の片隅にはパソコンが置かれ、電話もありました。
砂漠へ行く旅行者には便利なお店だと思います。

ちなみに、私達が乗っていた車はこの場所で故障し、
エンジントラブルで動けなくなってしまいました。
後からこのお店にやって来た別のツアーバスに、
マラケシュまで乗せて行ってもらえましたが、
海外での旅のトラブルは怖いものです。
街が全くない場所でも、こういうカフェは必要ですね。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)

3日目のランチはカスバ街道の途中でした。
上の写真はお店から見た景色。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)

こちらのお店も広く、1階はカフェ、
2階はテラス席のあるレストラン。
横には小さなお土産屋さんがありました。

上の写真は2階のテラス席から。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)

2階レストランの店内。

寛げる、ゆったりとしたソファ席もありました。

メニューは1品50~70MADほどで、
モロッコ料理が並んでました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)7

牛肉とオリーブのタジン、だったかな。。

別途、パンは無料でテーブルに運ばれてきました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(3日目)8

こちらは、モロカンサラダ。
大きなお皿に野菜とオレンジがたっぷり。

モロカンサラダ、デザート、ドリンクが
セットになったメニューがあったので、
それを注文したもの。
(デザートは大きなメロンでした)

おそらく、ケバブなどのメイン料理を食べる人が、
サイドメニューとして注文するものだと思いますが、
ヨーロッパ人のようにたくさんは食べられないので、
2人で1人分のタジン鍋とこのサラダセットで充分でした。
2011.09.01.23:46
モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)
モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)1

サハラ砂漠2泊3日ツアーの2日目のランチは
トドラ渓谷からすぐ近くのこちらのレストラン。

帰国後に調べてみたら、↓のホテルでした。
Maison D'hôtes Anissa

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)2

入口の横にはぶどう棚がありました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)3

入口を抜けて、階段を下っていきます。
左手はキッチンでした。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)4

レストランの入口。
右手の階段の先にトイレがあったのですが、
その奥はホテルの客室のようでした。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)5

レストランの中。横になって寛げるようなソファ席。
赤と薄緑色のインテリアが素敵。
独特な配色はエキゾチックでいいですね。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)6

ソファの横では綺麗なシャム猫がごろり。
モロッコでは猫をたくさん見ました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)7

先ほどのレストランを出て、さらに下へ。
(写真は階段を下から入口に向かって撮影)

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)8

屋外のテラス席に出ました。
ランチはこちらの席で頂くようです。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)9

着席。手渡されたメニューはフランス語のみでした。

ちなみに、モロッコではフランス語メニューしかないお店が多かったです。
アラビア語がないのは不思議でしたが(観光客向けには出さないだけ?)、
英語メニューもないとは驚きました。
でも、観光客向けのお店ならば、だいたい英語は通じましたが。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)10

待っている間に猫がやってきました。じーっ。

後から他のツアーもやってきたので、やはりここもツアー客御用達のようです。
そのツアー客達は手早く注文して、何分かかるか聞いた後、すぐに出て行きました。
待っている間に近くの町に行って買い物でもしてたんでしょうかね。賢いなあ。
私もそうすれば良かったです。ツアーでは明確にリクエストした方がいいですから。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)11

かなり待たされた後にやってきました。
ミートボールを煮込んだもの。大きなパンと一緒に。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)12

野菜とライスだと言われて注文したもの。薄い味のカレーライスみたいでした。

食べ終わったら、お店の人が奥を指差して、あっちを見て来いとのこと。
屋外のテラス席から奥のドアを開けて出てみました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)13

外からレストランを撮影。中央の小さいドアから出てきました。
周りのヤシの木がすごく生い茂ってます。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)14

目の前には川が流れてました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(2日目)15

川が流れてくる先には赤茶色の渓谷。

ここに来る前、運転手さんが車を停めて、渓谷の高い場所から眺めたとき、
赤茶色の風景の中に一本の川が流れ、その周囲に鬱蒼と茂る森が見えましたが、
それがこの場所だったみたいです。

通りからはごつごつした渓谷しか見えなかったのに、ちょっと降りると水と緑。
砂漠ツアーに参加したら、オアシスも一緒に堪能しました。
2011.08.31.23:13
モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)
モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)1

マラケシュから現地発着のサハラ砂漠2泊3日ツアーに参加しました。
(ツアーの詳細についてはこちらのブログをご参照)

ランチはツアーには付いてなかったのですが、
運転手さんがレストランの前に車を停めるので、
実際には指定されたレストランで食べることになりました。

町中で降ろしてもらえれば、散歩しながらお店選びも出来ますが、
そんな町らしい町に立ち寄ることはなく、3日間全てのランチ休憩のお店が、
幹線道路沿いのいかにも観光客向けといったレストランでした。
(ツアー中に体調を崩されたら大変だから信用のおけるお店に、
 という配慮だとは思いますが。。)

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)2

そんなわけで、ツアー初日のランチ休憩はワルザザードの町の郊外でした。

バスが何台停まっても大丈夫なほど広い駐車場の一角に立つ、
カスバらしい壁の邸宅のようなレストラン。

このレストランの横では路上でお土産も売られてました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)3

そして、すぐそばには映画博物館。
ラマザン期間中だったためか、お客さんは見当たらず。。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)4

通りを挟んだ反対側には、タウリルトのカスバ(城塞)。
カスバの前にはイベント用のステージが組まれてました。

特に何も言われなかったので、ランチだけサクっと食べてしまいましたが、
休憩時間は結構長かったので、カスバの中を見に行ってもよかったかも、
と今更ながら後悔しています。。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)5

ランチのレストランは3階建て。
1階はテラス席があり、奥には薄暗いバーカウンター。
2階はテーブル3つくらいの部屋で、最上階は眺めの良いテラス。
もちろん、最上階で頂きました。

メニューはなんと英語・フランス語・日本語の3ヶ国語。
日本人はあまり見かけなかったんですが、結構いるんでしょうか。

スープ・サラダ・メインのコースは確か95MAD(約千円)位だったかと。
さすがに観光地価格。モロッコの物価を考えると高価です。
タジンやケバブ等の単品は50MAD位からありました。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)6

単品で注文した、チキンとレモンのタジン。
チキンとジャガイモとオリーブがたっぷりでおいしかったです。

食べられないほど大きなパンも付いてきたので、これで十分でした。

モロッコ・砂漠ツアーのランチ(1日目)7

こちらはケバブ。大きな2本のお肉。たっぷりのフライドポテト。
付け合せに野菜としてご飯も付いてました。
モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」1

マラケシュ旧市街の中心、ジャマ・エル・フナ広場。

上の写真は早朝。とっても広い広場です。

朝はがらーんとしてますが、
昼、そして、夜は賑やかになります。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」10

昼頃になると、お店が出てきます。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」2

名物の生絞りオレンジジュース。

以前はお店によって価格が違ったようですが、
今はどのお店でも1杯4MAD(約40円)。

注文を受けてから絞るのではなく、
予め絞ったものが冷やされているので、
すぐに飲めて、喉を潤してくれます。

毎日のようにオレンジジュースは飲みました。
とっても美味しかったです。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」3

オレンジジュース屋さんは夜も営業してました。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」4

こちらはドライフルーツのお店。

夜になると、広場の中央ではレストラン。
その周囲では、大道芸の人達がやってきます。

ヘビ使いや、お猿さんの芸などもありましたが、
人が多かったことと、カメラを向けるとお金を取られるので、
残念ながら、写真は1枚も取れず・・・。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」6

名物のかたつむり屋さん。

こちらも同じお店が7,8軒並んでました。
しかも、全て同じ料金。違いがわかりません。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」7

こちらはミニサイズ。6MAD(約60円)

子供用のご飯茶碗、来客用の湯のみ程度の大きさです。

濃い醤油のような味で煮込まれたかたつむりは、
味付けが濃すぎて、かたつむり自体の味は
全くわからなかったです。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」5

モロッコのスープ。ハリラ。

モロッコの味噌汁と言われてますが、
具だくさんで、とても味わい深かったです。

広場には屋外レストランが10軒ほどありましたが、
呼び込みの人が言うには、どのお店も同じ料金だそうです。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」8

こちらはケバブ。普通の焼き鳥みたいです。

ハリラ、ケバブ、クスクス、タジン鍋など、
モロッコ料理はひととおり揃ってました。

が、あまりお腹は空いていなかったのでこれで終了。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」9

広場に面したカジュアルなオープンカフェで、
ミントティーを。

ポットの中には、中国茶と大量のミントと砂糖が
入っていて、甘さと苦さと渋さが交じり合った味でした。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」11

スークで見かけた、サボテン屋さん。

路上にサボテンの実を並べて、
皮を剥いて食べさせてもらえます。

4個で2MAD(約20円)という安さ。
ジューシーだけど、クリーミー、という、
ちょっと他にはない果物の味でした。

あと、写真は撮りそびれましたが、
スークの路上では、自転車でやってきて、
フライパンでソーセージやお肉を焼いている人が
何人もいました。

1個注文してみたら、価格は10MAD(約100円)で、
手のひらよりも大きい丸いパンに切れ目を入れて、
焼いたソーセージとお肉を挟んで手渡してくれました。

気軽な庶民のファーストフードのようで
安く美味しくいただけました。

旧市街の、フナ広場以外の観光客が少なそうなエリアでは、
サブウェイみたいに、店頭でサラダの具材を並べて、
それをパンに挟んで売っているお店や、
カウンターの立ち食いで、お皿にご飯を盛って、
選んだサラダや焼肉を載せてくれるお店もありました。

どのお店は、だいたい10MAD(約100円)前後。
目の前で作ってくれて、安くて美味しかったです。
モロッコ料理のタジンやクスクスに飽きたときに、
そういうお店に助けられました。
モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」8

上の写真は、マラケシュ旧市街のスーク。
細くて迷路のように曲がりくねった道の商店街です。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」12

細い竹を屋根に渡して、アーケードを作り、
強い日差しを避けてました。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」7

こんな細い通路にも関わらず、
観光客や地元民に混じり、
ロバが悠々と歩いてきたり、
バイクが飛ばして来たりして、
結構危険な道でした。

さて、マラケシュ最初のランチは、
スークを抜けた先にあったレストランで。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」1

お土産屋さんに囲まれた中、小さな入口のお店の前で、
呼び込みのお兄さんに誘われて入ってみたら、
お店は階段を上った先、3階のオープンエリアでした。

窓がなく、気持ち良い風が通り抜けて、
心地よかったです。

(ちなみに、8月のモロッコはむちゃくちゃ暑いと思ってましたが、
湿度がなくカラッとしていて、風もそよそよと吹いていて、
気温38度でも全然平気でした)

注文したモロッコランチセットはこちら。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」3

まずは、サラダとパン。

パンは大きくて、丸くて、適度にふわふわ。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」2

サラダはモロカンサラダ。

トマトや玉ねぎを小さくカットして混ぜたもの。
モロッコではこういうサラダが普通みたいです。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」4

大きな鶏の足と野菜がたっぷり乗ってるクスクス。

これで一人分。こんな量、とても食べられません。
周りのヨーロッパ人が平気で完食してたのが
信じられなかったです。

マラケシュ2日目でこのクスクスを見て以来、
モロッコでタジン鍋やクスクスを注文するときは、
2人で一皿しか注文しないようにしました。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」5

最後のデザート。
オレンジとマスカットがそのまま。

これで1人分、確か55MAD(約600円弱)。
観光客が多い場所の割には、お得なランチでした。


せっかくなので、マラケシュ旧市街のお店の写真をご紹介。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」13

木で作られたオシャレなアーケードの通りもありました。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」6

広場では、パラソルを広げて。
暑いのに何故か毛糸の帽子。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」10

観光客向けのお土産品。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」9

フナ広場に近い場所では、
オリーブ屋さんが数軒並んでました。

モロッコ・マラケシュ「クスクスのランチ」11

こちらは香辛料屋さん。カラフル。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。