--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.12.00:17
台湾・台北での食事
台湾の台北で食べたものたち。

<駅弁>
台湾・台北での食事1

高雄の左営駅で購入した駅弁。
台北への新幹線車内で食べました。

台湾・台北での食事2

ご飯の上に甘辛い味のお肉と、
煮卵、野菜炒め等。

<鴨肉扁>
台湾・台北での食事5

西門町の端っこで見つけたお店。
ずいぶん賑わっているなあと思って入ったのですが、
帰国後に調べてみたら、有名店だったみたいです。

しかも、鴨肉という店名なのに、ガチョウの肉だとか。
確かに上のメニュー表を見ると「鵝鳥」と書かれてます。
が、そんな細かい部分は見なかったので、
鴨だと思い込んで食べていました。

台湾・台北での食事4

お肉。これで4分の1だったかな。
柔らかくて美味しかったです。

台湾・台北での食事3

たっぷりのもやしとお肉少々の麺。
スープはお肉の出汁かしら。

メニューはお肉と麺しかなかったですが、
どちらも美味しかったです。

<佳佳香鍋貼>
忠孝復興駅から南東方面に歩いていく途中、
高層ビルのオフィス街に挟まれた路地裏で見つけた
古びた建物の小さなお店です。

台湾・台北での食事6

平日の昼下がり、中途半端な時間にも関わらず、
お客さんが絶えない人気店だなあと思っていたら、
お店の壁にはこんな記事が貼られてました。
こちらも人気店なのでしょうか?

台湾・台北での食事7

鍋貼という店名なので、もちろん鍋貼を。
焼き餃子です。10個で50元。

台湾・台北での食事8

港式蘿蔔糕というメニューが気になったので注文したら、
大根餅でした。
ちなみに港式というのは香港式のようです。

<這哩來50元小火鍋>
西門町で見つけた鍋屋さん。
寒かったので鍋が食べたいと思って入りました。

台湾・台北での食事11

場所がら、店内は若者ばかりでした。

台湾・台北での食事14

メニュー。
お鍋は120~180元ほどで、
種類豊富に揃ってました。
写真付きなので分かりやすいです。

台湾・台北での食事10

お鍋登場。一人用です。
ご飯はお鍋に付いてきました。
お茶、箸、スプーン等はセルフサービスで
お店の隅っこから自分で持ってきます。

台湾・台北での食事9

お鍋をアップで。湯気が。。

骨付きの唐揚げがたっぷり入っていて、
ちょっとピリ辛のスープで、
汗だく&お腹いっぱいになりました。

台湾・台北での食事12

こちらはヘルシーに野菜ばかり。
魚のすり身で作ったおでんの具みたいなものは
たくさん入っていて美味しかったです。

<CoCo都可茶飲>
台湾・台北での食事13

ジューススタンド。
台湾ではジューススタンドがそこらじゅうにあるので、
コンビニでペットボトルのドリンクを一度も買わなかったです。

こちらのお店はメニューが種類豊富で、
台湾で有名なタピオカ入りのミルクティーだけでなく、
マンゴー等の果物ジュースや、健康に良さそうな仙草や冬瓜、
ミルク入りのコーヒー、チョコ、緑茶、日式抹茶などありました。
スポンサーサイト
2013.01.10.20:56
台湾・高雄での食事
台湾の高雄で食べたもの。

<六合国際観光夜市>
高雄の中心部にある夜市です。
地下鉄の美麗島駅からすぐの場所にありました。

台湾・高雄での食事4 台湾・高雄での食事5

台湾名物のバナナのクレープ。

台湾・高雄での食事6 台湾・高雄での食事7

イカとかアサリを並べているお店があったので
注文してみたら、オムレツでした。
ピンク色のソースはケチャップを薄くしたような味。
台湾ではよく見かけましたが着色料でしょうか。

台湾・高雄での食事29 台湾・高雄での食事9 

こちらのお店は魚屋さんのよう。
でも、メニューを見ると、粥や麺や飯の文字。
お魚だけの料理ではないんですかね。

台湾・高雄での食事8

よく分からなかったので、什錦炒飯を。
確か五目チャーハンですよね。この字面は。
タコとかイカとか色々入っていた気がします。

台湾・高雄での食事10

食後はスイーツ屋さんで白玉の入ったお汁粉を。
あっさりサラサラの薄味で美味しかったです。

<蓮池潭近くの食堂>
観光名所である蓮池潭から元帝廟を過ぎ、
元帝路を北上したところで見つけた食堂です。

台湾・高雄での食事15

ごく普通な外観の食堂。

台湾・高雄での食事14

店先にはおかずが何品か並んでました。

台湾・高雄での食事11

その中から三品をチョイス。
鶏肉と卵の煮物、茄子の煮物、青菜。
バランスの良い定食が出来上がりました。

アジアの食堂はどこでも美味しくハズレがないのが良いです。
値段が書かれてなかったので不安でしたが、
確か3品でも、70,80元(約230円)ほどだったかと。
ご飯は勝手に付いて来て、お茶はセルフで飲めました。

台湾・高雄での食事12

そして、台湾でよく食べられているという
サバヒー(虱目魚)の入ったスープを追加で。

これがむちゃくちゃ美味しかったです。
最初は薄味で醤油でも入れようかと思っていたのに、
食べ進めると、どんどん出汁の味がしてきて、
美味しくて止まらなくなりました。
この薄味こそが台湾の味のような気がしました。

台湾・高雄での食事13

テーブルには、チラシを折ったものがありました。
これは魚の骨を入れるもののようです。
そのままゴミ箱に捨てられて便利。

<豐宴美食自助餐>
高雄市立美術館の近くの大通り沿いで見つけたお店です。
このお店は感動しました。日本にも是非進出してほしいです。

台湾・高雄での食事17

お店の外観。ファーストフードっぽいです。

台湾・高雄での食事16

入口に入ると、ずらーっとお惣菜が並んでます。

店内かテイクアウトかを選べ、
テイクアウトの場合は紙製の弁当箱、
店内の場合は紙皿とトレイが渡されました。

台湾・高雄での食事18

そして、こんなにもおかずが並んでました。

自分でお皿に盛り付けていくのですが、
魚や肉などの大きなおかずは、
お店の人に頼めば小さくカットしてくれるようです。

台湾・高雄での食事21

店内で飲食する場合はこちらの2階です。
大型画面のTVなどもあり、小奇麗な店内でした。

片隅には、箸、スプーン、コップとお茶、
おわんとスープが置かれていて、
全てセルフサービス。

お茶とスープが自由に飲めるのは、
さすがアジアって感じでもあります。

台湾・高雄での食事19

こちらが盛り付けてきたもの。

台湾・高雄での食事20

お魚がメインのおかず。
ちょっと控えすぎてしまったかも。

料金が店内のどこにも書かれていなくて、
どういう料金体系なのかさっぱり分かりませんが、
これで80元(240円)ほどだったかと。

<セブンイレブン>
こちらは番外編です。利用してなくて写真だけ。

台湾・高雄での食事22

台湾にはセブンイレブン等のコンビニがたくさんありましたが、
どのお店でも店先にはパラソル、テーブル、椅子があって、
飲食スペースがあり、レジではホットコーヒーも売られてました。

台湾でももちろんスタバはたくさん進出してましたが、
いわゆる普通の喫茶店を全く見かけなかったのが不思議に感じました。

そもそも町中の食堂でも店先で注文するので、
テーブルに着いてメニューを見てから注文する、
というスタイルは高級レストランぐらいで、
あまりポピュラーではないんですかね。
お店でまったり過ごすという文化がないのかも。

(台北は都会なので喫茶店はたくさんありました。
 見かけなかったのは台中、台南などの地方都市です。)

<杯子珈琲館>
そんなわけで、日本ではごく当たり前の喫茶店を、
高雄の街中、大通りの路地裏で見掛けたので入ってみました。

台湾・高雄での食事23

マンションの1階にある喫茶店です。

台湾・高雄での食事25

高級そうなコーヒーカップが並んでいて、
お客さんもちょっとエグゼクティブっぽかったです。

ただ、店員さんが、どうにもお店の雰囲気に合っていなかったです。
オープンしたばかりで緊張気味なのは分かりますが、
来る店員さん全てが高校生のような若者ばかりで、
日本人を珍しく思ったのか、妙にぎこちない対応で。
高雄はまだまだ田舎なのかな、と思ってみたり。。

台湾・高雄での食事24

デザートにフルーツなどが付いたアフターヌーンティーを、
頼んでみたのですが、全く想像と違うものが。。

内容はショボイし、盛り付けもイマイチですし。
うーん。。。

高級感あるお店にしたいならば、もうちょっとねえ。。
台湾第二の都市であるはずの高雄ですが、
台北との差は歴然とあるような気がしました。

(首都だけが突出して都会であるというのは、
 東南アジアではよく見る光景ですが、
 台湾も同じなんですかね。)

<白面東極品楊桃汁>
ホテルの近く、三多商圏の路地裏で見つけたお店です。

台湾・高雄での食事26

楊桃汁って何だろうと思ったら、
スターフルーツのようです。

台湾・高雄での食事28 台湾・高雄での食事27

名刺ももらってきました。

ホットとアイスの2種類、
コップのサイズもいくつかありました。

一番小さなサイズでも日本人では充分な量。
ホットを頂きましたが、薄味で美味しかったです。

<路地裏の食堂>
こちらもホテルの近くで見かけた食堂で食べたもの。

台湾・高雄での食事1

牛肉入りの麺だったかな。。

台湾・高雄での食事3

こちらはワンタン麺。

台湾・高雄での食事2

店先におかずらしきものが並んでいたので、
指差しして注文したら、こんなものが出てきました。

どうやらおでんのような煮物だったようで、
注文した食材は中華鍋に入れられ、
少し煮込んだ後にやってきました。

変わった見た目のものばかり選びましたが、
厚揚げに、ハンペンのような、こんにゃくのような、
そんな感じのものでした。
(豚の血とか、そういうもので作られたものかもしれませんが)
2013.01.09.22:31
台湾・安平でのおやつ
台南からバスで20分ほどの安平へ行ってきました。
台湾の古都、台南での一大観光地のため、
観光客向けの人気店が多かったです。

台湾・安平でのおやつ1

超有名店の同記安平豆花。

近くにも豆花のお店は数軒ありましたが、
混雑していたのはこのお店だけでした。

台湾・安平でのおやつ5

パンフレット。
名物の豆花はテイクアウトも可能で、
台南の市街や高雄でも支店があるようです。

ファーストフードのように、
カウンターで注文して受け取ります。
メニューがレジ前になかったので、
このパンフレットで指差し注文しました。

台湾・安平でのおやつ3

普通の豆花に緑豆の餡がかかったもの。

台湾・安平でのおやつ4

ごまの豆花に小豆の餡がかかったもの。

豆花は口当たりの良いお豆腐です。
杏仁豆腐とは違い、甘さはありません。
しかし、豆本来のほんのりとした甘さに、
餡の甘さがちょうど良く、美味しく頂けました。

台湾・安平でのおやつ12 台湾・安平でのおやつ13


有名店でも名刺はありました。

台湾・安平でのおやつ6

こちらも有名店。周氏蝦捲。

店内が混雑していて、
席が空いていなかったので、
仕方なくテイクアウトで。

台湾・安平でのおやつ7

名物の蝦捲。

春巻きの皮みたいなものに、
ぷりぷりの海老が入ったもの。

お寿司に出てくるガリと、
タレ2種類ももらえました。
(醤油ベースとワサビ?)

台湾・安平でのおやつ8

こちらは安平老街。
細い路地にお店が密集していて、
歩くのも大変なほど混雑してました。

台湾・安平でのおやつ9

猪の血を固めたもの?
普通・小辛・大辛の3種ありました。

タレを付けて、黄な粉とパクチーをまぶしたら、
中身の味はほとんどなくなりました。
なので、意外と平気に食べられましたが、
ちょっと物足りないような。。。

台湾・安平でのおやつ11

安平古堡の近くではこちらも食べました。
花枝丸はイカをすり潰して丸めて揚げたもの。
ビールが飲みたくなる味で美味しかったです。

(そういえば、台湾の人は全然お酒を飲まないのかしら?
 町中で飲んでる人を全く見なかったような・・・)

台湾・安平でのおやつ10

この看板そっくりのおじさんが売っていた、
梅ジュースも飲みました。

甘さも酸っぱさも過剰で、
水で割りたくなる味でした。
2013.01.08.22:37
台湾・台南での食事
台湾旅行で台南には1泊しか滞在しておらず、
翌朝は安平まで足を伸ばして観光したので、
台南市街での食事はこれだけです。

台湾・台中での食事2

台南駅の近くの通りで見つけたお店。
歩道にテーブルがいくつか並んでました。

看板に鴨の文字が見えましたが、メニューはなく、
どんな料理があるのかよく分からず。。

おばさんが大きな鍋の蓋を開けて、
「これにする?」って感じで聞いてきたので、
適当に二品注文してみました。

台湾・台中での食事1

スープも麺も全く異なる二品。

奥は鴨の肉を手で裂いたものが乗っていて、
しょうがの千切りと卵麺のあっさりスープでした。

台湾・台中での食事3

こちらは骨付きの大きな鴨肉。
麺はおそばのような感じ。
スープも出汁の効いた醤油ベースで、
まさしく日本のおそばのようでした。

台湾・台中での食事4

夕方頃、赤崁楼を観光した後に近くで入ったお店。
こちらもテーブルは歩道に並んでました。

台湾・台中での食事5 台湾・台中での食事6

台南名物の担仔麺があったので注文。
左の写真が担仔麺。右は何だったか。。

見た目とは違い、予想外にニンニクが凄くて驚きました。

台湾・台中での食事7

夜はもちろん夜市へ。
大東夜市へ行ってきました。
こちらは公園のような場所でした。

台湾・台中での食事8

中央には飲食スペースもありました。

台湾・台中での食事9

お寿司屋さん。
台湾では街中でも、こういう屋台のお店をよく見かけました。
冬とは言え、冷凍設備もないのに、いいのかなあと不安に。

台湾・台中での食事10

こちらが今回お目当てだったメニューを売るお店。
旅行前に読んだ本で「大腸包小腸」という料理が気になっていたのです。

台湾・台中での食事11 台湾・台中での食事12

鉄板の上で焼かれているのはソーセージと、
もち米を腸詰にしたものの2種類。

ソーセージだけを買っていく人も多かったですが、
私は「大腸小腸」と呼ばれているメニューを、
身振り手振りで注文しました。

右の写真がそれですが、わかりますかね?
もち米の腸詰に縦に切れ目を入れて、
キャベツ等の酢漬けをその中に敷き、
ホットドッグのようにソーセージを挟んだものです。
もち米の腸詰がパンの代わりなのです。
普通のホットドックよりも食べ応えがあって、
皮もパリパリで美味しかったです。

台湾・台中での食事13 台湾・台中での食事14

魚介の唐揚げ屋さんでも頂きました。
串に刺さった大きなものはイカ。
他にはエビや貝などもあり、
ソースも種類豊富に揃ってました。
ビールが飲みたくなるメニューです。

台湾・台中での食事17

台湾ビールですが、ここは夜市ではありません。
夜市ではお酒がなかったので、オシャレストリートの海安路へ
移動しました。

ただ、大晦日の夜はさすがにどのお店も満員だったので、
入ったのはごく普通の居酒屋さんでしたが。

台湾・台中での食事15 台湾・台中での食事16

適当に注文したおつまみ。
オニオンサラダ、鶏の手羽先、秋刀魚の塩焼き。
日本の居酒屋と全く変わりませんね。

年越しは結局こちらの居酒屋で迎えましたが、
遠くから花火の音が聞こえ、お客さん同士で乾杯したぐらいで、
街に出ても、それほど賑わった感じがしませんでした。
(旧正月を祝う国ではこんなものなんですかね)
2013.01.07.22:20
台湾・台中「逢甲夜市」
台湾旅行では必ず行く夜市です。

台中は第三の都市にも関わらず、
大きな夜市はここ一つしかないため、
大混雑でした。

バスで行きましたが、途中から大渋滞になっていて、
辿り着くのにかなり時間がかかりました。

台湾・台中「逢甲夜市」5

バスを降りて路地に入ったら、こんな人混み。

まだ夜市の中に入ったわけではなく、
その手前の繁華街で洋服屋さんとかが多かったですが、
屋台にはずらっと人が並んでました。

台湾・台中「逢甲夜市」1

ようやく夜市の中へ。

台湾・台中「逢甲夜市」2

大きなテントのフードコートのような
エリアもありました。

台湾・台中「逢甲夜市」3

夜市に並ぶ屋台。

台湾の人は行列が苦ではないみたいで、
みんな大人しく並んでました。

台湾・台中「逢甲夜市」4

人混みを避けるために夜市の本通りを抜けましたが、
裏の細い路地も人混みが続いてました。

<黄金賊>
台湾・台中「逢甲夜市」6

路地の行き止まりで見つけたお店。

台湾・台中「逢甲夜市」7

1本購入。75元(約225円)。

台湾・台中「逢甲夜市」8

お店に飾られた模型の通りです。

餅米をソーセージのように整形したものを、
イカの足でぐるぐる巻いて揚げたもの。

ソースは4種類あって、
フレンチ、イタリアン、ジャパニーズ、メキシカン。

注文したのはバジルが利いたチーズ味のイタリアンで、
とっても美味しかったです。


さて、あまりに混雑していて身動き取るのも大変だった夜市は、
ゆっくり買い食いできる雰囲気でもなかったため退散しました。

バス通りに一旦出て、向かいの路地に入ってみました。

台湾・台中「逢甲夜市」9

こちらは車道なので道幅は広くて余裕があります。
しかし、人はこちらにも流れてきていて、
両側に並ぶ食堂や屋台はそこそこ混んでました。

<逢甲肉圓>
台湾・台中「逢甲夜市」10

細い路地で見つけた小さなお店。

肉圓は台湾人に大人気、と本で読んだので、
注文してみました。

台湾・台中「逢甲夜市」11

肉圓1つ。

見た目は肉まんですが、
生地はねっとりもちもち。
甘くてドロリとした餡がかかっていて、
病み付きになる人がいるのもわかる感じでした。

台湾・台中「逢甲夜市」17

おばちゃん一人でやってるお店なのに、
名刺は立派にありました。

台湾ではどこのお店でも名刺を見かけました。
メニューも載っています。
テイクアウトが多い国だからですかね。
(メニューがあれば、誰かにテイクアウトを頼むときに、
 これを買ってきてと頼むこともできますから)

<大漢草原新疆羊肉串>
台湾・台中「逢甲夜市」12

羊肉の焼き鳥屋さん。

人気があったので食べてみました。
写真は撮りそびれましたが美味しかったです。

<店名不明>
台湾・台中「逢甲夜市」13

通りで見かけた食堂にも入ってみました。
厨房は入口にあって、奥がテーブル席。
テイクアウトのお客さんも多かったです。
(写真は店内から厨房を撮影)

台湾・台中「逢甲夜市」14

魯肉飯(ルーローファン)。

台湾で大人気のぶっかけ飯です。
手のひらサイズの丼に、肉汁たっぷり。
きゅうりと厚揚げも付いて美味しかったです。

周りを見たら、この魯肉飯に、
おかずとして青菜の炒め物などを
注文してる人が多かったです。

台湾・台中「逢甲夜市」16

メニュー名は忘れましたが、
壁紙でイチオシされていた麺を注文。
あれっ、麺しか見えませんが。

台湾・台中「逢甲夜市」15

かき混ぜたら、下から肉汁が出てきました。

しこしこの麺に、魯肉飯と似たような肉汁。
こちらもむちゃくちゃ美味しかったです。

ただ、丼に麺がたっぷりなので、
かなりお腹が膨れました。
2013.01.05.23:50
台湾・台中での食事
台湾旅行では、まずは空港からバスに乗って2時間、
台湾中部にある第3の都市、台中へ行きました。

観光地ではなく、ごく普通の町だったので、
庶民的な食堂ばかりを利用しました。

<台北紅焼牛肉麺>
台湾・台中での食事3

ホテルのある大雅路を北へ十数分歩いたら、
レストランが連なる通りを見つけました。
北平路二段という通りです。

台湾・台中での食事4

台湾ではよく見かける頂好超市というスーパーの前に、
屋台が数軒出ていたので、こちらに入ってみました。

台湾・台中での食事1

席に座って、通りを眺めて。

台湾も他の東南アジアの国と同じで、
市民はバイク移動が多いようです。
車道脇にはずらりとバイクが並び、
歩道までも侵略してて歩くのが大変でした。

このお店にもバイクで乗りつけ、
さっと食べて去って行く人が多かったです。
日本の立ち食い蕎麦屋的な感覚かしら?

台湾・台中での食事2

お店のメニュー。
ほとんどが上に乗る具と麺5種類の組み合わせです。

これで物価はだいたいわかりますかね?
具が少なかったり、野菜ばっかりだと50元(=150円)ほど、
牛肉などが乗ると80元(=240円)ほどです。
この価格はどこの屋台や食堂へ行っても変わらなかったです。

台湾・台中での食事6 台湾・台中での食事5

左はシンプルな陽春麺で、もちもちの刀削麺。
右は餛飩(ワンタン)麺。河粉を選びました。
写真では具が見えませんが、中は野菜たっぷり、
麺もワンタンもたっぷりでお腹が膨れました。

※住所:台中市北区山西路二段125號の頂好超市前


<樹發路 手工嫩仙草>
台湾・台中での食事8

ホテルの近くで見つけたスイーツ屋さん。

台湾・台中での食事7

こちらがメニュー。
カキ氷、仙草ゼリー、タロイモのお汁粉など。
ホットとアイスが選べます。

台湾・台中での食事20

お店でもらった名刺。

写真を撮りそびれましたが、
タロ芋や白玉などが入ったお汁粉を注文したら、
大きな丼一杯出てきて驚きました。
二人で一杯で充分な量でした。

※住所:台中市北区漢口路三段172號

<南北合 麺食館>
台中市街から路線バスに乗って郊外にも出かけました。
そこで見つけた大通り沿いの食堂です。
(お店の外観は写真を撮りそびれました)

台湾・台中での食事13

お店の入口に厨房があって、奥にテーブルがありました。
もちろん、テイクアウトもOKです。

写真中央にある台の上には、
お箸、レンゲ、コップ、お茶ポットがあり、
自分で取っていくシステム。
調味料も並んでました。

他の食堂でもセルフサービスのお店が多かったです。

食堂ではビールやジュース等の飲み物はメニューにないですが、
代わりに、お茶が自由に飲めるのはアジアの良さですね。
台湾ではどこの食堂でもこんな感じでした。

台湾・台中での食事12

メニューはこちら。
テーブルに用紙と鉛筆が置かれていて、
自分で記入して注文するシステム。
このシステムもどこも同じでした。

それにしても、漢字が読める日本人で良かったー、
と本当に思います。
漢字が読めない外国人観光客にとっては、
台湾はかなりハードルの高い国だと思います。

台湾・台中での食事14 台湾・台中での食事15

右の麺は酸辣麺。これが大当たり。
野菜と溶き卵の具がたっぷりで、
スープは甘酸っぱいのに辛さもあって。
ほかほか体が温まりました。

左はごく普通の五目チャーハンでした。

台湾・台中での食事16

水餃子。1個5元ですが、注文は10個から。

台湾・台中での食事18 台湾・台中での食事19

お店の名刺。

※住所:台中市南屯区忠勇路18-12號


さて、このお店のある場所は彩虹眷村の近くです。
彩虹眷村は戦後建てられた集合住宅の1つで、
古いので取り壊される寸前になってますが、
ここの住民のおじいさんがカラフルにペイントして、
一躍有名となった村です。
せっかくなのでご紹介。

台湾・台中での食事10

入口の道路にもペイント。

台湾・台中での食事11

門の中の路地。

台湾・台中での食事9

家の壁。

80代のおじいさんが描いているとは思えないほど
カラフルでポップな絵柄でした。

台湾・台中での食事17

彩虹眷村から台中市街へ戻る時に乗った路線バス。
路線バスとは思えない、皮張りの3列座席。

台湾はバス路線が発達していて豪華だとは聞いてましたが、
路線バスもこんなに豪華なものがあるなんて驚きました。
(この他の市内を走る路線バスはごく普通でしたが)

※ちなみに台中市街から彩虹眷村はバスで40-50分かかって、
運賃は確か40元でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。