--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.29.23:52
韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題
むしょうに焼肉が食べたくなり、近くの「とらじ館」へ。

最初は単品で注文するつもりでしたが、
食べ放題がお得に感じてしまったので、
つい、食べ放題を注文。
韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題1


最初は予め決められたメニューの肉3皿、野菜1皿が
出されて、その後に追加注文とのこと。
そんなわけで出されたものがこちら。

韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題2 韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題5
韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題4 韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題6
韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題7 韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題8


HP上には、以下のように出ています。
カルビ・ロース・豚カルビ・タン・ラム・豚トロ
サンギョップサル・キムチ・野菜盛合わせ・サンチュ   

が、レバー・センマイも出されましたし、
トリがなんだか2回登場したような気が・・・。
(ラムと、内臓の何かの代わりなのかも。)
トリ以外は食べたかったものなので許せますが。

これだけ出されてしまうと、もうお腹いっぱいです。
追加注文は、今まで出てこなかったものを中心に、
ユッケ、イカ、パーナ貝、軟骨、タン塩、スープ、ライス。

韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題11 韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題10
韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題12


う~ん、全然食べ放題らしくないですね。
普通にコース料理を食べた感覚です。
まあ、安いから良いのですが。

ということで、食べ放題はもう辞めようと
思った夜でした。

ちなみに、お酒はチャミスルでした。
スッキリしていて美味しいですね。

韓国焼肉とらじ館の焼肉食べ放題9


(チャミスルは日本産と韓国産で味が違います。
こちらはラベルがハングルなので韓国産。
私は味が濃い韓国産の方が好きです。)
関連記事
スポンサーサイト
2008.06.28.23:57
ミャンマー料理教室
ミャンマー料理教室1

写真の手前から時計周りに・・・
トマトライス、ハーブと肉の蒸し物、生野菜、タマリンドジュース、タマリンドスープ

ミャンマー料理教室2 ミャンマー料理教室3

写真左:生野菜に付けるディップ
写真右:ハーブと肉の蒸し物(大きな器で蒸したもの)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
mixiでミャンマー料理教室のイベントを見つけたので行って来ました。
http://homepage3.nifty.com/bunkanomori/pdf/080419.pdf

アジア文化に触れるというイベントで、全6回ありますが、
私が参加したのはミャンマー料理教室(¥2,000)だけです。

講師はタイとミャンマーの国境の町出身のシャン族の女性。
なので、教えて頂いた料理はミャンマー料理と言うよりも、
シャン族の料理で、私がミャンマーで食べたものとは違ってました。

教えるのに慣れていないらしく、段取りが悪かったり、
配布されたレシピがいい加減だったりしましたが、
1グループ6人で協力し合い、何とか完成しました。

★ハーブと肉の蒸し物(シャン語:ムー・チョック、ミャンマー語:ワッタ・パウン)
ミャンマー料理教室4 ミャンマー料理教室5

とっても簡単な料理で、美味しかったです。
が、ニンニクたっぷりのため、少量でお腹いっぱいでした。

<作り方>
ボールの中に、一口大に切った鶏肉・レバー、生卵、
みじん切りしたタマネギ・ニンニク・ショウガ、唐辛子、
細かく刻んだレモングラス・万能ネギを入れて混ぜます。
塩、ナンプラーで味付けした後、容器に入れて、
お肉に火が通るまで蒸し器で蒸すのみ。
お肉の脂もじわっと出て、香り高く出来上がります

一人分づつ茶碗蒸しのような器に入れてもいいですし、
大きな器1つに入れてもいいそうです。
(今回はその場で食べる分と持ち帰り用の2種類)

★トマトライス(シャン語:カオ・ソム、ミャンマー語:シャンタ・ミンジン)
ミャンマー料理教室6 ミャンマー料理教室7

こちらは万人受けする優しい味でした。

<作り方>
タイ米を洗い、水に浸した後、多めのお水で炊飯器で普通に炊く。
ジャガイモを茹でて、つぶしておく。
トッピング用のタマネギ(薄切り)、ニンニク(みじん切り)、唐辛子を素揚げする。
お鍋に油を敷き、みじん切りのニンニクと薄切りのタマネギをよく炒める。
タマネギの色が変わったら一口大のトマトを入れ、塩とターメリックで味付けする。
トマトの水分がなくなったら、トマトソースの出来上がり。
炊き上がったご飯に茹でたジャガイモとトマトソースを加えて混ぜれば出来上がり。
盛り付けには、ご飯の上に素揚げしたタマネギ等を乗せ、パクチーや生野菜を添える。

★生野菜&ディップ(シャン語:ナピチェ、ミャンマー語:カピ・タウン)
ミャンマー料理教室8 ミャンマー料理教室2

ちょっと辛めのエスニックっぽいディップで、
お酒がよく進みそうな味でした。

<作り方>
フライパンに油を敷き、みじん切りのタマネギを炒め、
色が変わったら、一口大のトマトを加える。
カピ(エビの発酵調味料)、塩、ナンプラー、干しエビ、みじん切りの唐辛子も
加えて、トマトの水分が飛んだら出来上がり。
レタス、スティック状に切ったキュウリ・ダイコン等に付けて頂く。

★タマリンドスープ(シャン語:パカチョ、ミャンマー語:アチヒン)
ミャンマー料理教室10

酸っぱさもある、東南アジアらしいスープでした。

<作り方>
タマリンドペーストを水に入れて溶かしておく。
お鍋に油を敷き、みじん切りのニンニク、薄切りのタマネギを炒める。
カピ、干しエビ、チリパウダーを入れ、水を加えて煮立たせる。
一口大に切ったトマト・カブ、ほうれん草を加え、
タマリンド・塩・ナンプラーで味付けして、火が通れば完成。

★タマリンドジュース(シャン語:ナマ・カン、ミャンマー語:マジーティ・ピュイ)
甘さと酸っぱさがちょうど良いジュースです。
ただし、大量の砂糖を使っているため、カロリーは高そう。

<作り方>
タマリンドペーストを水に入れて溶かしておく。
お鍋に湯を沸かし、砂糖を溶かす。
砂糖が溶けたら、タマリンドペーストを加える。
グラスに氷を入れ、出来上がったジュースを加え、
5倍くらいのお水で薄めれば完成。

*******
ミャンマー料理教室11

私はミャンマーの衣装を着て参加しました。
上着はバガン遺跡の中で買った手作りの服。
巻きスカートはロンジーと呼ばれる民族衣装。
ヤンゴンのマーケットで購入しました。

色が濃く、シンプルな作りのためか、
この衣装で電車に乗っても、思いのほか目立ちませんでした。
関連記事
Wendy'sの「ベーコンBBQバーガー&チリチーズフライ」1 Wendy'sの「ベーコンBBQバーガー&チリチーズフライ」2


久しぶりにWendy'sに行ってきました。
最近はWendy'sでも、マックに対抗して、
99円の商品を用意してたりするんですね。

Wendy'sと言えば、「チリ」です。
チリビーンズのソースのみならば、
Sサイズは99円で用意されています。
が、今回はお腹が空いていたので、
普通にバーガーのセット。
もちろん、セットは100円をプラスして、
チリチーズフライです。

もうこれだけで充分にお腹いっぱいになります。
普通のフライドポテトに、お豆いっぱいの
チリビーンズソースがたっぷりとかけられて、
上にはとろけるチーズ。
Wendy'sに来たら、これを食べないと。

これとジュースだけで満足してしまいました。
おかげで、メインのはずのベーコンBBQバーガーを
食べきるのにつらかったこと。

コンガリと焼かれたベーコンとビーフパティ。
う~ん、ベーコンの存在感は薄かったかな。
中に入ってる野菜はレタスとたまねぎ。
特にたまねぎはみじん切りと輪切りの2種類で、
盛りだくさんでした。
お腹が減っていれば美味しく食べられたと思いますが、
チリチーズフライの後ではインパクトが少なかったです。

普通のバーガーではなく小さなパンとかと、
チリチーズフライとドリンクのセットが
あればいいなあと感じてしまいました。
関連記事
ジョナサンの「レモンとベリーのサンデー」

久しぶりにジョナサンで作業を。
集中力を養うため、つい甘いものを注文してしまいます。

今回は新メニューの「レモンとベリーのサンデー」。
グラスの下にはコラーゲン寒天。ぷるぷる。
薄切りのキウイと、甘酸っぱいベリーのソース。
上には、レモンシャーベットとソフトクリーム。
そして、レモンの薄切りが飾られてます。

レモンの酸っぱさとベリーが合いますね。
ソフトクリームも甘さひかえめでシャリシャリしてて、
夏らしい爽やかな味でまとめられていました。
これからの季節に良いと思います。
関連記事
シディークビレッジの「ホットターリー」2

日暮里駅前の新しいマンションに入居した、
南インド料理のお店「シディークビレッジ」です。

ランチタイムはカレーが6種類用意されていて、
カレー1種類のセットが850円でした。

私は、ホットターリーを注文。
こちらは、カレー3種(チキンカレー、チャナダルカレー、
本日のカレー)に、ラッサムという辛いスープ、
ミニサラダ、ライス、ナンが付いたセットです。
この他に、マイルドターリーというのもあって、
こちらは、6種類のカレーのうち、ホットターリーとは違う
3種類のカレーがセットになってました。
どちらも、1,000円です。

詳細は下のメニュー表をご参照。
(クリックすれば拡大します。)
シディークビレッジの「ホットターリー」1

ランチタイムは15時までと書かれてますが、
店頭の看板には、17時までとなってました。

味は、ホットというわりには全然辛くなく、
まったりしてました。
チャナダルはお豆いっぱい、チキンもゴロリと
大きなのが1つ入ってました。
この日は本日のカレーもチキンだったようで、
結果的にチキンが2種類に・・・。
本日のカレーが何かを聞いてから注文すれば
良かったと後悔しました。
大きなナンは、噛み締めると適度な甘さもあって、
美味しかったです。

店内は赤でまとめられていて、
金色の綺麗な照明が吊り下げられてます。
そして、店内のTVからはインド音楽。
インド料理屋さんで、インドのミュージックビデオが
流れているのを見ると嬉しくなります。
コレを目当てに来店する人もいると思いますので、
他のお店でも是非真似てもらいたいです。

シディークビレッジの「ホットターリー」3
関連記事
2008.06.18.23:35
カフェ・ラ・コルテのパスタランチ
カフェ・ラ・コルテのパスタランチ


赤坂で見かけたイタリアンバール「カフェ・ラ・コルテ」。
気軽に入れていいなあと思ったのですが、
調べてみたら、経営はシャノアールだったんですね。
知らないほうが良かった事実かも。。

ランチを食べ損ねたので、こちらでパスタランチを。
パスタは、ボンゴレとトマトソースの2種類。
私はベーコンとナスのトマトソースを選択。
ミニサラダとドリンクが付いて、950円です。
100円プラスすれば、ドリンクをビールかワインにも
変更出来ます。

いたって普通の味で、特に感想はありません。
セルフサービスのお店にしてはちょっと高い気もします。
私はプロントの方が良いと思いました。
関連記事
2008.06.14.02:55
ROCKIN' COMMUNICATION 新宿LOFT
新宿LOFT

有名なライブハウス「新宿LOFT」に行って来ました。
もう何代目かわかりませんが、今は歌舞伎町のコマ劇場の
近くのビルの地下2階にあります。

私が行ったときは、ライブハウスにしては珍しく、
分煙となってました。
それが実現できるのはステージのあるエリアの隣に、
コミュニケーションスペースがあるからです。
こちらには、物販席とバーカウンター。
壁際にはテーブルと椅子も並べられていて、
ゆっくり、ライブが始まるまで待つことが出来ます。
そして奥には、「深海」と呼ばれるスペース。
ソファでまったりくつろげます。

新宿LOFT2 新宿LOFT3

コミュニケーションスペースのバーカウンターと「深海」

メインステージがあるライブスペースの角には
コインロッカーと小さなバーカウンター。
壁際にベンチがあるだけで、椅子やテーブルはなし。
代わりに、見やすいよう床は段差が付いてます。
ステージはあまり広くなく、高さも低いですが、
ライブハウスならこれくらいがちょうど良いかも。
ライブを見るための最小限で、かつ必要十分な設備で、
さすがに老舗といいますか、よく考えられてるなあと思いました。

ライブスペース、コミュニケーションスペースともに、
とっても気に入りました。
(大好きなバンドはここを使って無いので行く機会は少ないですが)
関連記事
「パスタ:グリル野菜とアンチョビ」


地下鉄の銀座一丁目駅の近くにある、「Cafe La Boheme」の
G-Zone銀座店。近くに勤めていた頃、ランチで何度も行きました。
ランチタイムに禁煙席をお願いすると、下の写真の洞窟のような
サブダイニングに案内されます。
この空間が大好きでして。
ちょっと暗いんじゃないかと思うほどの薄暗い照明で、
でも窓が大きいので、適度な明るさにもなっていて、
この照明のおかげで、店内からは外を眺められるけど、
外からは店内がわかりずらいという仕組み。
のんびり落ち着けます。
私は壁際の席で店内を眺めるのが好きなので、
いつも、壁際の席をお願いしていました。

(ちなみに、メインダイニングはとっても広い空間で、
半個室の席もあります。
メインダイニングとサブダイニングの間にあるバーカウンター
の前にもテーブルがあって、サブダイニングが混み合っている
場合は、そのエリアに通されます。)

「パスタ:グリル野菜とアンチョビ」4 「パスタ:グリル野菜とアンチョビ」5


ランチタイムはパスタがメイン。
500円~800円ほどのメニューで良心的な価格。
具材が少ないペペロンチーノは安かったりして、
具材と価格が比例している点が好感が持てます。

私がいつも注文していたのは、
アマトリチャーナか、蒸し鶏と青ネギのソース。
今日はアマトリチャーナの気分だったのですが、
何故かメニューから消えてました。
なので、仕方なく、グリル野菜とアンチョビを注文。
そして、サラダとミニワインとドリンクが付くBセット。
パスタ850円に、Bセット200円で、計1,050円。
ランチとしてはちょうど良い価格です。
そうそう、こちらは午後3時までランチタイムなのも嬉しいです。

セットのサラダはなかなかボリュームあります。
写真のように、いつも、葉物の上に何か乗ってます。
ポテトだったり、キノコだったり。今日はマカロニでした。
セットのサラダはミニサイズで味気ないお店が多いのですが、
こちらはサラダにも工夫されているのが良いです。

そして、ミニグラスのワインが付いてきます。
仕事中であれば、ジュースをお願いすることも出来ます。
その場合は、日替わりのジュースになります。

肝心のパスタですが、う~ん。
私はあんまり。。味が薄かったです。
やっぱり、いつものメニューの方が良かったです。
冒険はしない方が正解でした。

ドリンクは、私はいつもホットコーヒー。
ちょっと濃い目のお味です。
こちらは、お願いすれば、無料でお代わりが頂けます。

そして、お会計はテーブルで。
わざわざ呼ぶのが面倒なときもありますが、
まあ、これもサービスの一環なのでしょう。

「パスタ:グリル野菜とアンチョビ」3 「パスタ:グリル野菜とアンチョビ」2


このお店、店員さんがにこやかに対応してくれるのも
とっても良いです。好感度がむちゃくちゃ高いです。

ちなみに、G-Zone銀座はグローバルダイニングが
経営しているお店がずらっと並んでます。
和食、イタリアン、メキシカン等。
どれも店内は広いですし、インテリアが面白いので、
いろいろ試してみるのも面白いです。


関連記事
2008.06.12.23:20
ベローチェのコーヒーゼリー
ベローチェのコーヒーゼリー

この季節になると、ベローチェのコーヒーゼリーが食べたくなります。

コーヒーゼリーよりも、上のソフトクリームの方が目当てだったり。。
店員さんによるのかもしれませんが、今回もたっぷりと、
ソフトクリームを乗せてくれました。

しばらくの間は、ソフトクリームのみを堪能。
甘すぎず、サッパリすぎず、ちょうど良いですね。

ソフトクリームが食べ終わったら、今度はコーヒーゼリー。
今回はガムシロップを加えて、ちょい甘で。
ホロ苦さが良いですね~。

そんなわけで、今年の夏も、ベローチェのコーヒーゼリーを
何度も堪能してしまいそうです。

(問題は、店内の冷房が効きすぎていること。
一気に汗が引いて、コーヒーゼリーを食べるには、
ちょっと寒いです。。)
関連記事
2008.06.11.00:23
イケアレストランの前菜プレート
IKEA IKEA2

南船橋にある超大型インテリアショップの「IKEA」に
行ったときに寄った店内のレストランです。

2階窓際にある開放感溢れる、とっても広いお店で、
椅子席もソファ席もあります。
そして、セルフサービス形式で、とにかくお得です。

平日は、会員はドリンクバーが無料になります。
朝は99円のモーニングプレートもあるようです。

店内を一通り見て廻った、日が暮れかかった頃、
こちらの前菜とワインを頂きました。
IKEAはスウェーデンのお店なので、メニューも
スウェーデン料理を売りにしています。

注文した前菜盛り合わせのプレートは、506円。
サーモン、ポテト、タラモのパテ、魚の南蛮漬け、
そして、このお店名物のミートボール等。
盛りだくさんの内容になってます。

グラスワインは自分でボトルから注いでお会計。
なので、こぼれそうなほどたっぷりと。これで300円。
ちなみに、スウェーデンの缶ビールもあって、
350ml缶で220円ほどでした。ほんとに安いです。

肝心の味はまあ想像通りでしょうか・・。
スウェーデン料理かと聞かれれば、私には違いがわかりませんが、
白ワインがくいっと進む、お酒に合う料理でした。

※スウェーデン料理のカテゴリは作ってなかったので、
「イタリアン/フレンチ/スペイン」の中に入れてしまいました。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。