--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.28.23:45
熊本「味千ラーメン」
熊本「味千ラーメン」1

こちらも熊本市内で立ち寄った「味千ラーメン」。

中国の上海、台湾、タイのバンコク等で
何度も見かけたことのあるラーメン店ですが、
日本で見たのは初めてでした。
このお店は熊本発祥だったんですね。

注文したのは味千ラーメン 550円。
この価格でも、チャーシュー、卵、キクラゲ等、
上にたっぷり載っていて、お得です。

さすが、チェーン店。
万人受けするような癖のない味で、
あっさり完食いたしました。

熊本「味千ラーメン」2 熊本「味千ラーメン」3

マスコットのチィちゃんの絵が付いた、
取り分け用小皿とナプキン。
関連記事
スポンサーサイト
2009.01.28.23:41
元祖熊本ラーメン「こだいこ」
元祖熊本ラーメン「こだいこ」

熊本市内で立ち寄った「元祖熊本ラーメン こだいこ」。
こだいこラーメン 650円です。

熊本ラーメンはニンニクが利いた豚骨スープで、
濃厚のイメージがあったんですが、
結構あっさり食べれてしまいました。
体調が良かったということでしょうか。
関連記事
2009.01.27.23:19
熊本天草「奴寿司」
熊本天草「奴寿司」1

グルメライターの山本益博さんが日本最大寿司店の一つに上げた、
熊本天草にある「奴寿司」へ行ってきました。

店構えは地方都市の居酒屋のような感じでしたが、
店内は広くて綺麗で、オシャレにまとまってました。

熊本天草「奴寿司」2

店内の様子。
カウンター席が6席。畳のテーブル席が3つ。
奥には海が眺められる個室が2つありました。

熊本天草「奴寿司」3

カウンター前のネタケース。

カウンターに座って、お好みで握ってもらいました。

が、店長おまかせのセットが3,680円で用意されていて、
10カンほどに汁物も付く豪華なセットのようなので、
おまかせセットの方が良かったと後悔しました。
(お好みの方が価格は高くついてしまいます)

注文したものは、以下のとおり。
全ての地の食材です。
創作握りのようで、全てに味付けがされていたので、
醤油は全く不要でした。

熊本天草「奴寿司」4

鯛。上には梅塩。甘さが引き立ってました。

熊本天草「奴寿司」5

???(失念しました。)
甘いタレがかかってました。

熊本天草「奴寿司」6

タコ。上には黒胡椒と山椒。
スパイシーな味付けが良かったです。

熊本天草「奴寿司」7

イシダイ。上は柚子味噌。

熊本天草「奴寿司」8

子持ち昆布。シャリとの間には何とマグロのトロ。
シャリ、トロ、子持ち昆布の三層の味が抜群でした。

熊本天草「奴寿司」9

海老。上にはカラスミ。

熊本天草「奴寿司」10

昆布〆のこはだ。上には昆布が。

熊本天草「奴寿司」11

赤貝。甘いタレがかかってます。

熊本天草「奴寿司」12

塩で〆たアジ。茎ワサビが乗ってます。

熊本天草「奴寿司」13

いくら。付けダレの甘さがじんわりと美味しかったです。

熊本天草「奴寿司」14

あなご。巨大で驚きました。
粗塩を振って、火であぶってあります。
塩がたんぱくな穴子の味を引き立ててました。
関連記事
2009.01.27.23:08
熊本名物「からし蓮根」
熊本名物「からし蓮根」1

熊本名物のからし蓮根をお土産として買ってきました。

熊本名物「からし蓮根」2

こちらは自宅で輪切りにしたもの。

サクサクの蓮根の中には辛子味噌。衣を付けて揚げてあります。
絶妙な辛さでご飯が進みました。

食べた瞬間はそうでもないのですが、
後からじわ~っと辛さが来ます。
辛いのが苦手な人には気をつけたほうがいいかと思います。
関連記事
2009.01.27.22:12
宮崎名物「肉巻き焼おにぎり」
宮崎名物「肉巻き焼おにぎり」1

熊本市内で見かけた、肉巻き焼おにぎり」お店「にくまき本舗」。

宮崎名物のようですが、徐々に全国進出しているようで、
東京にもお店はあるようです。


宮崎名物「肉巻き焼おにぎり」2

頂いたチラシ。実物は撮り忘れました。

焼きおにぎりを豚肉で巻いて焼かれたもので、
味付けはしょうが焼きのようです。

チーズの方は上にとろけるチーズが乗せられ、
ガスバーナーで炙ってチーズを溶かしてました。

想像どおりの味で美味しかったです。
関連記事
2009.01.27.22:03
熊本名物「いきなり団子」
熊本名物「いきなり団子」

熊本名物のいきなり団子も食べてきました。

購入したのは、熊本市内の水前寺成趣園の
参道にある「林ガーデン」。

お土産用に箱買いも出来ますが、バラ売りもされているので、
店先の椅子に座って食べられます。お茶もサービスされます。

写真は、右がいきなり団子、左は紫芋万十。

いきなり団子はさつまいもの輪切りと餡が中に、
紫芋万十はたっぷりの芋餡を紫の皮が包んでます。

どちらもさつまいもの素朴な味で甘すぎることもなく、
いくつでも食べられそうでした。
関連記事
2009.01.26.23:05
熊本天草「崎津名物の杉ようかん」
熊本天草「崎津名物の杉ようかん」

天草の観光スポット崎津天主堂の近くの宮下商店で
売られていた崎津名物「杉ようかん」。1パック100円。

江戸時代に琉球の使節団が天草に漂着した際に、
琉球の使節団が伝えた和菓子だそうです。

薄く延ばしたお餅の中にこし餡が入っていて、
杉のよい香りがお餅に移ってます。

ごく普通のお餅といった感じで、琉球らしさはなく、
何故ようかんという名前なのかも謎でした。
関連記事
2009.01.26.22:58
熊本天草「浦中蒲鉾店のはんぺん」
天草「浦中蒲鉾店のはんぺん」1

天草の三角駅前の「フィッシャーマンズワーフ ラ・ガール」の
中に入っていた「浦中蒲鉾店」に寄ってみました。

さつま揚げがたくさん並んでいて、全て試食可能です。
調子に乗って食べ過ぎました。

天草「浦中蒲鉾店のはんぺん」2

大きなタコが入ったたこ天と、マヨネーズたっぷりのえびマヨ天。

天草「浦中蒲鉾店のはんぺん」3

黒光しているいかすみ天と鮮やかなピンクのいかめんたい天。

もちろん、試食だけでなく、いくつか購入して、
ドライブしながら車の中で頂きました。
関連記事
2009.01.25.23:35
熊本「SWISSのリキュールマロン」
熊本「SWISSのリキュールマロン」1

熊本の老舗ケーキ屋さん「SWISS」へ行ってきました。

上通り、下通りにも店舗はありましたが、
栄通りにあるお店で食べてきました。

熊本「SWISSのリキュールマロン」2

体育館のような形のビルの1階にあります。

熊本「SWISSのリキュールマロン」3

店内をビルの中の吹き抜けから撮影。

熊本「SWISSのリキュールマロン」4

ビルの真ん中は吹き抜けになっていて、
中央には池と階段があります。
お店で買ったケーキを吹き抜けにあるテーブル席で
食べることが出来ます。
天井の高い吹き抜けで寒かったですが、
テーブルの横にストーブがあって、
ひざ掛けもあったので大丈夫でした。

熊本「SWISSのリキュールマロン」5

ケーキのショーケース。
アイスクリームやクッキーなどもありました。

熊本「SWISSのリキュールマロン」6

こちらがこのお店で有名なリキュールマロン。
熊本空港の中にも売られていたので、
お土産にも良いと思います。

熊本「SWISSのリキュールマロン」7

リキュールマロンがお皿に乗せられテーブルへ。

熊本「SWISSのリキュールマロン」8

緑の銀紙を剥がしたところ。
上下のスポンジの間にマロンクリーム。

スポンジには滴り落ちるほどのリキュール。
とっても香り豊かで癖になります。
マロンクリームはアイスクリームのような食感。
マロンの欠片が入っていて、ねっとりした舌触りでした。

食べたことないような不思議な感じのケーキでした。
もう一度食べてみたいです。東京にも出店してほしいです。

熊本「SWISSのリキュールマロン」9

もう1つ注文した、チーズケーキ。
しっとりしたクリームと、チーズクリームの二層で、
口溶けが抜群でした。

熊本「SWISSのリキュールマロン」10

お客さんが少なかったためか、長居していたら、
試食をどうぞ、と、こちらのクッキーも頂きました。


SWISS セカンドサイト栄通店ケーキ / 熊本城前駅辛島町駅市役所前駅

昼総合点★★★★ 4.0


>
関連記事
2009.01.25.22:15
熊本「紅蘭亭の円卓料理」
熊本「紅蘭亭の円卓料理」1

熊本の老舗中華料理屋さんの「紅蘭亭」へ行ってきました。
このお店は熊本名物の太平燕(タイピーエン)の本家だそうです。

下通りに本店があって、そちらは立派なビルでしたが、
上通りにあるオシャレな店舗の方へ行ってきました。

こちらはパビリオンという中庭をぐるりと囲むように
お店が配されているショッピングエリアにありました。

熊本「紅蘭亭の円卓料理」2

中庭からお店を見たところ。

熊本「紅蘭亭の円卓料理」3

お店の入口から中庭を見たところ。
対面はケーキ屋さんの「SWISS」。

太平燕(タイピーエン)を目当てにお店に行きましたが、
円卓料理というセットがお得だったので、
こちらにしました。

熊本「紅蘭亭の円卓料理」4

円卓料理 1,575円。
酢豚、唐揚げ、エビチリ、炒飯、太平燕(タイピーエン)、杏仁豆腐。

2名以上から注文可能で、人数が増えた場合は、
品数も増えていくようです。

熊本は物価が安いんでしょうか?
老舗中華料理店でこの価格は驚きです。

熊本「紅蘭亭の円卓料理」5

店内で写真を撮りそびれたので、
見本のアップでご勘弁を。

1人前づつ用意されるのではなく、
中華料理らしく、大皿で盛り付けられてきました。

こちらの見本はおそらく2人前だと思われます。
充分なボリュームでした。

肝心の太平燕(タイピーエン)ですが、
想像していたよりも、もっとあっさりした味で、
細い春雨はとても食べやすかったです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。