--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.06.23:32
神保町・酔仙酒店の中華料理
神保町で入った中華料理店「酔仙酒店」。
日曜日の夜遅くまで開いているお店があまりなく、
ぶらぶら散歩してようやく見つけたお店です。

中華料理が良心的な価格で提供されていて、
なかなかお得でした。

神保町・酔仙酒店1

ピータン豆腐(480円)と豚足蒸し煮(480円)。

普通の豆腐ですが、ラー油等が入ったタレが中華っぽく、
おいしかったです。
豚足はトロトロでむしゃぶりつきました。

神保町・酔仙酒店2

激辛鶏炒め(980円)。

唐辛子たっぷりですが、鶏肉自体はそんなに辛くなく、
ちょっぴり拍子抜けでした。
鶏肉と唐辛子を一緒に食べると、口から火を吹きます。
鶏肉の衣にもう少し唐辛子を入れてほしかったのと、
酢揚げの唐辛子は5本くらいに減らして、
お値段を抑えてほしかったです。

神保町・酔仙酒店3

ショーロンポー(480円)。

肉汁はほとんどなく、ちょっとイマイチ。。

神保町・酔仙酒店4 神保町・酔仙酒店5

高菜入り牛バラ刀削麺(730円)。
(左の写真は丼、右の写真は小皿に取り分けたもの)

メニューには、刀削麺が14種類も載っていたので、
〆に注文してみました。
刀削麺らしいもっちりした麺で、ほうとうのようです。
コクのあるスープで、お腹が膨れます。
ランチなら、これ1杯でもいいかもしれません。

神保町・酔仙酒店6

刀削麺のメニュー。
ぐるなびには載ってなかったので、写真を載せておきます。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/345-bcb5c406
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。