--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.25.23:19
ブハラ「チュチュヴァラ」
ブハラ「チュチュヴァラ」1

ブハラ旧市街の中心ラビハウズの西側にある
ナディール・ディヴァンベギ・ハナカの
さらに西側にあったレストラン。

小さな看板が出ていただけのお店ですが、
陽気そうなお兄さんが店から顔を出していたので
入ってみました。

店内はチャイハナ風に大きなテーブルとベンチ。
先客は白人のおじさん一人で、ビールを飲んでました。

メニューはないようで(ブハラのお店では多かったです)、
私が地球の歩き方を持っていたので、それを一緒に見ながら、
一品ずつ指を差して料理の説明をしてくれました。

サマルカンドで肉を大量に食べてしまったため、
ブハラでは軽いものを食べようと決めていたので、
注文したのは「チュチュヴァラ(ペリメニ)」。

ブハラ「チュチュヴァラ」2

トマトベースのスープの中に水餃子が入ったもの。
スープはちょっと塩気が強かったですかね。

これとナン。
サマルカンドナンに比べて、ブハラのナンは柔らかく、
あっという間に完食。

海外に行くといつも思うんですけど、
パンが美味しい国では、スープとパンだけで、
食事としては充分ですね。
お腹を休ませたいときにはこの組み合わせが一番です。


ブハラのレストランの看板

これは違うお店の看板ですが、
ウズベキスタンのレストランは
だいたい店頭にこんな看板が
置いてありました。
同じ業者に発注したのか、と思うほど、
似たようなテイストの看板。

メニューがないお店が多かったので、
この看板を頼りにお店に入り、
看板に出ていたメニューの価格をチェックして
注文することが多かったです。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/602-d1eff1a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。