--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.27.23:27
ブハラ「クリティバザールのプロフ」
ブハラの旧市街を東側に抜けた場所にある、
クリティ・バザールでランチを頂きました。

バザール内の混み入った路地を歩いていたら、
お姉さんに声を掛けられたので、そのまま中へ。

お店は路地に建てられた建物の1階奥、
上にテントが張られた場所でした。

メニューはありましたが、キリル語で読めなかったため、
しばらく食べていなかったプロフを注文。
一人前と0.7人前が選べたので、0.7人前を。

他のお店のメニューでも見かけたのですが、
ウズベキスタンでは、1人前と0.7人前の二種類を
用意しているお店も多いようです。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」1

プロフ0.7人前と、パン1/2と、お茶。

午後を過ぎた時間帯のためか、
ちょっと油がきつかったですが、
黄色の人参と羊肉がたっぷり入っていて、
美味しかったです。

(プロフはだいたい作り置きされているので、
早い時間帯に食べたほうが美味しそうです)

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」2

こちらはお店を切り盛りしていた家族。

現地人ばかりのバザールに日本人が来たのが珍しかったのか、
私が持っていた地球の歩き方を取り上げて熱心に読んでました。

その後、写真を撮って欲しいと言われて、撮った写真がこちら。
現像して欲しかったようで、ネットカフェが近くにあるから、
と言われましたが、あいにくPCとデジカメを繋ぐケーブルを
持っていなかったため、渡すことは出来ませんでした。

(ちなみに、英語は全く通じなかったので、
単語と身振り手振りでの会話です。)


せっかくなので、クリティ・バザールの紹介を。

旧市街を東へ進んでいくと、
ムスタキーリク通りという大通りに出ます。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」3

広い通りに車やバスが走り、
お店の入った建物がずらっと続きます。

どこにでもあるような幹線道路の風景ですが、
日干しレンガ一色の旧市街を歩いていたので、
突然この光景を目にすると驚きました

ブハラの町は、旧市街のエリアだけ、
大事に保存されているんですね。

通りを南下して東側に見えるのがクリティ・バザール。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」4

人が続々と入っていくので、着いていったら、
こんな水溜りのエリアに。

本当にコレがバザール?と驚きましたが、
先に進むとそうではなかったです。
このエリアだけが未開発のようでした。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」5

大きな屋根で覆われたスペースには、
野菜や果物がたくさん。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」6

もちろん、パン売りも。

食品を扱う場所は綺麗なようです。
しかし、この周りには洋服や雑貨を売る
小さな露店が多かったです。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」7

ぐるっと一周して大通り沿いに出たら広場が。
どうやら、こちらが入口だったようです。

そんなわけで、コルホーズ・バザールとは異なり、
未整備な部分もあり、煩雑さが残るバザールでした。

ブハラ「クリシュバザールのプロフ」8

大通りを挟んでバザールの反対側には、
大きな木が並ぶ、旧市街側への通りも。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/606-9999e700
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。