--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.30.23:38
ウスベキスタンのお酒
ウズベキスタンで飲んだお酒をご紹介。

と言っても、町の酒屋さんやミニマートで、
ビールとワインを購入しただけなんですけど。

本当は旧ソ連の国らしく、ウォッカをお土産に
買って来ようと思っていたんですが、
いかんせん、空港の免税店が高くて。

町の酒屋さんでは、ウズベキスタン産ウォッカが、
500mlの小瓶で3000スム(200円)ぐらいだったので、
買っておけば良かったと後悔しました。

ウスベキスタンのお酒1

タシケント初日に町の露店で買ったビール。

値札もなく、何も知らずに買ってしまったので、
もしかしたらボラれたかも。4000スム(270円)。

後で確認したら、ロシア産のビールだったので、
輸入品だから高かったんですかね。
ちなみに、パッケージはアルコール度数の高い順に、
1・3・5・7・9と番号が振られてるみたいです。

そういえば、缶ビールを見かけたのはココだけだったかも。
東南アジアもそうですが、ビールは大瓶ばかりでした。

ウスベキスタンのお酒2

サマルカンドのミニマートで買ったビール。

SARBASTはタシケント産のビールです。
タシケントでウズベキスタン産ビールを買いそびれたので、
きちんと調べて、サマルカンドでリベンジしました。
赤ラベルの通常版と、青ラベルのエクストラ等の種類が置いてあって、
価格は、1000スム(65円)、1300スム(85円)などでした。

写真の青ラベルは確か1300スムで、ちょっとコクがありました。

ウスベキスタンのお酒4

同じく、サマルカンドのミニマートで購入。

Pulsarはサマルカンド産のビールです。
こちらも、白ラベル、緑ラベル、黄金ラベルがあって、
価格も同じく、1000スム~1500スム(100円)程度。

写真の白ラベルは一番安いもので、軽い感じでした。

話が反れますが、サマルカンドのミニマートではビールしかなく、
ワインやウォッカは見かけませんでした。何故でしょう?

ウスベキスタンのお酒3

ブハラのミニマートで購入したビール。

AZIAはブハラ産のビールです。
こちらも、青ラベル、黄金ラベルなど色々種類があって、
購入した青ラベルはピルスナー。
ウズベキスタンでは初めてピルスナーを飲んだからなのか、
他のビールとは全く違って、苦さが全然なかったです。

ウズベキスタンはビールもいろんな種類があって、
価格も安くて、飲み比べをすると楽しいかもしれません。

ウスベキスタンのお酒5

路上で売られていた大量のビール。
500mlの大瓶もありますが、右に積まれているのは、
なんと1.5リットルのペットボトル。
ペットボトル入りのビールは初めて見ました。
ウズベキスタンの方々は大酒飲みなんですかね。

(ちなみに、ミニマートや酒屋さんでは、
500mlの大瓶がきちんと冷蔵庫で冷やされているので、
生ぬるいビールを飲む羽目にはなりません。ご安心を。)

つづいて、ワインを。

ウズベキスタンは全体的に乾燥した気候ですが、
砂漠の中のオアシスらしく、水に恵まれた地域も多くて、
そのような場所では地中海性気候に近いため、
ワインもよく作られているようです。

ウスベキスタンのお酒6

ブハラのラビハウズ近くのミニマートで購入したワイン。

ミニマートの一番奥に、ガラスで仕切られたエリアがあり、
そこにワインやウォッカが並んでました。
店員さんに価格を聞くと、これは5ドル、これは8ドル、と
説明してくれましたが、棚のちょっと上を見ると、
3500スム、5000スムなどの表示が…。
お客さんによって価格を変えているのでしょうか?
それとも、外国人価格の設定があるのでしょうか?

私はスム表示の値札を見つけたので、店員さんに反論して
これは3500スム(230円)でしょ、と言って買ってきました。

(ちなみに、アジアブハラホテルの前にある小さな酒屋さんは
ドル表示の値札しかなく、価格も高いのでご注意を)

ウズベキスタン産の赤ワインはとにかく甘い、と聞いてましたが、
そのとおり、むちゃくちゃ甘かったです。
まったりとしてて、デザートワインって感じです。
ただ、甘さに慣れてくると、やみつきにはなりそうな味です。

ウスベキスタンのお酒7

タシケントの酒屋さんで購入したワイン。

パッケージにブハラの絵がある、ブハラ産の白ワイン。
タシケントは都会らしく、きちんと定価表示がされていて、
何も言わずに定価で購入できました。5000スム(330円)。

(ちなみにこのワインは空港の免税店では8ドルでした。)

ちょっと甘めでしたが、とってもフルーティーで美味しかったです。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/612-056645d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。