--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.01.23:13
ボホール島「ロボック川クルーズ」
ボホール島「ロボック川クルーズ」1

ボホール島の観光ツアーでは、ロボック川の
ランチクルーズに乗船してきました。

クルーズ船は何社かが運営しているようですが、
違いはよく分かりません。
ドライバーさんに勧められるまま、ランチ代金300ペソと
乗船料100ペソを払い、指示通りに乗り込みました。

ボホール島「ロボック川クルーズ」2

私が乗った船はこちら。

1つ前の船がちょうど満員になってしまったため、
手前の船の一番前の席に座ることが出来たのですが、
なかなか出発しません。

出発時刻が決まっているのではなく、
ジプニーのように満員になったら出発する、
というシステムのようで、40分ほど待たされました。

待っている間に、ビュッフェのランチです。

ボホール島「ロボック川クルーズ」3

ビュッフェ台。
スイカ、バナナ、パイナップルに、
とっても甘いデザート。

ボホール島「ロボック川クルーズ」4

串焼、焼き魚、炒め物、煮物、
麺、ライス等のフィリピン料理。

ボホール島「ロボック川クルーズ」5

持ってきたもの。

素朴な料理ばかりで美味しかったです。
観光地なので、300ペソなら充分ではないかと。

ボホール島「ロボック川クルーズ」6

いよいよ出発。

すると、船の一番後ろで、ケミストリーみたいな
男性二人組のミュージシャンが演奏を始めました。
どの船にもミュージシャンが乗船しているようで、
クルーズの間ずっと演奏してました。

ボホール島「ロボック川クルーズ」7

ロンボック川。川幅が広くて雄大な景色です。

ボホール島「ロボック川クルーズ」8

ランチクルーズ用の大きな船ではなく、
小さな船でも川下りが楽しめるようです。

ボホール島「ロボック川クルーズ」9

川の周りは緑いっぱい。
南国らしく、高いヤシの木。

ボホール島「ロボック川クルーズ」10

しばらくすると、小屋が見えてきました。

ボホール島「ロボック川クルーズ」11

手を振って、呼び込みます。
小屋にはお揃いの衣装を着た大勢の女性達。

ボホール島「ロボック川クルーズ」12

船が小屋に接岸されると、女性達のショーが始まります。

後ろの女性達はウクレレを演奏しながら歌い、
前の女性達が踊ります。
手招きに従い、小屋に渡って一緒に踊る乗客もいました。

(ちなみに、乗客は韓国や香港の人が多かったように見えました)

ショーが終わった後は、チップを要求するわけではなく、
名産のウクレレを販売しているのみ。
商売っ気が少なくて驚きました。

ボホール島「ロボック川クルーズ」13

こちらはもう一箇所の小屋。

同じような小屋が2箇所あり、クルーズ船が待つことなく、
どちらかに立ち寄れるようになってました。

クルーズは30分ほどで終了。

ボホール島「ロボック川クルーズ」14

出口付近には、おじさん達数人がギターを演奏して、
観光客を出迎えてました。

フィリピンは音楽好きな国民なんですかね。
演奏してる姿をあちこちで見かけました。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/636-59d58b2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。