--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」1

セブ国際空港は、セブ島と橋で結ばれたマクタン島にあります。

セブパシフィック航空の国内線を利用して、セブからマニラへ
帰ろうとしたところ、マニラ空港の管制塔のトラブルで、
翌朝の日の出まで飛行機が飛ばないとのこと。

セブ空港で早朝まで時間を潰さなければいけなくなってしまったので、
空港の目の前の「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」に
行ってきました。

ロビー横にあるビュッフェレストラン「Uno」は時間無制限だったので、
閉店の23時まで居座りました。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」2

バーカウンターもあって、落ち着いた雰囲気。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」3

カラフルな照明が華やかさも醸し出してます。

こちらのビュッフェは1人650ペソ。
フィリピンにしては高級ですが、それでも日本円で1,300円。

ドリンクはサービスのお水、食後のコーヒーのみ無料でした。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」5

中央のビュッフェ台。生のお刺身など。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」6

小さなお皿に盛り付けられたお寿司など。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」7

サラダバー。
この横には中華料理のコーナーがあって、
蒸し器に入った点心やクラゲ等の前菜もありました。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」8

一番奥にあるのはメイン料理。
中華っぽい炒め物や煮物が多かったです。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」10

こちらは、調理前のお肉やお魚。
箱に入っているのは、スモーク用のチップ。
シェフに注文して料理してもらえるみたいです。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」9

デザートのテーブル。
小さなケーキやプリン、果物など。
アイスや寒天、チョコソース等もあって、
自分でハロハロが作れるようになってました。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」4

持ってきたものの一部。お寿司や前菜ばかり。

いまいち食欲が沸かなかったので、あっさりめのものを。
体調の良いときにこのレストランに行きたかったです。

とにかく、料理の種類の多さ、豪華さに驚きました。
この内容でこの価格ならば全然満足です。
カジノ付きのホテルは、やっぱり、
レストランは充実してるんですかね。

ちなみに、閉店まで居ましたが、
お客さんはほんの数組。
ほとんどの料理が手を付けられずに余ってました。
棄てられてしまうんでしょうか。もったいないです。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」11

こちらはレストラン横のロビー。

このロビーとレストランはWifiが使えます。
パスワードロックされていて、注文すれば、
パスワードがもらえて使えました。

「Waterfront Airport Hotels & Casino Mactan」12

22時頃に、ピアノ伴奏の男性と歌手の女性が登場して、
しばらくの間、演奏してました。

奥にあるカジノも覗いてきましたが、結構賑わってました。
お客さんは日本人含め、ほとんどアジア系ばかりで、
ルーレットやスロットは大盛況。

ステージでは、ミニスカートの女性達が踊りながら、
バックバンドを従えて歌ってました。
時間潰しには良い場所でした。

ちなみに、このホテルは普通に宿泊すると高級だと思いますが、
夜7時から早朝までのプランもあるようで、そちらは確か、
3千ペソぐらいだったと思います。
ホテルの前にポスターが貼り出されているのを見つけて、
仮眠を取るために宿泊しようかと思ったのですが、
残念ながら満室でした。
飛行機の乗り継ぎで使うのなら、良いプランだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/643-6eca74b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。