--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.23.21:19
ベトナムのレストラン
ベトナム旅行中は、
路上屋台で麺をすすったり、
大衆食堂でご飯を食べてばかりで、
きちんとしたレストランへ
行く機会はほとんどなかったです。

<ホイアン>
ベトナムのレストラン2

ホイアン旧市街の水面のライトアップ。

ベトナムのレストラン1

奥に見えるのは橋。

橋を渡れば、旧市街に隣接する
隣の島に渡れます。

旧市街には古い建物を改装した素敵なレストランが
ずらっと並んでいて目移りしてしまいますが、
橋を渡ってすぐ、ライトアップが見れる場所にも、
レストランは並んでました。

その中の一軒、生ビール4,000ドン(16円)、
という価格に惹かれて入ってみました。

ベトナムのレストラン3

生ビール。安いので小さなグラスです。
それでも、200ccほどの量ですが。

そして、おつまみとして注文した料理。
揚げ春巻きの上に、挽き肉や野菜が載ったもの。
メニューにはホイアン料理と紹介されていましたが。
ビールによく合いました。

<フエ>
フエの新市街。
三ツ星クラスのホテルが並んでいるエリアに、
外国人向けのレストランが並んでました。

その中の一軒。店名は「Ushi」。
お店の看板には牛の絵が書かれてました。
何故、日本語なのかは不明です。
お店に日本らしさは皆無でした。

(ちなみにこのお店はWifi有&クレジットカード可で
とっても助かりました)

ベトナムのレストラン4

二階建てのお店の上階。

1月のフエはとにかく寒くて、
扉がきちんと閉められたお店の中に
入りたかったのです。
(ベトナムのレストランは扉開けっ放しがほとんど)

ベトナムのレストラン5

店内の様子。なかなか素敵です。
窓際にはランタンのような灯りも。

ベトナムのレストラン6

天井もアジアンっぽくて良い雰囲気。

ようやく落ち着いて、暖かい場所に来れた、
と思ったのもつかの間、
窓側の席は隙間風が漏れてました。
もちろん、暖房なんてものはありません。
日本の機密性の高い部屋が恋しくて仕方なかったです。

ベトナムのレストラン7

あまり食欲なかったので、
Fried Noodleを注文してみたら、
結構なボリュームのものがやってきました。

奥はフエ名産のフダビール。
大瓶でしたが、1万5千ドン(60円)くらいだったかと。

ベトナムのレストラン8

同じくフエの新市街。
自転車を10分ほど走らせた場所で見つけた、
大きなショッピングセンター。Big C。

こちらも屋内でとっても助かりました。
1階入口には銀行があって両替できましたし、
2階~3階のスーパーマーケットでお土産を買って、
写真は4階のフードコートです。
とっても広くて明るい。勉強してる学生もいました。

ベトナムのレストラン9

お店もたくさん並んでいて、アメリカン、イタリアン、
日本料理、タイ料理、中華料理など国際色豊か。
お酒を売るお店や、スイーツを売るお店もありました。

一番端にはベトナム料理とフエ料理の2軒があったので、
もちろん、フエ料理のお店で注文。

ベトナムのレストラン10

ブン・ボー・フエ。23,000ドン(92円)。
隣のHudaの生ビールは350ccほどで7,000ドン(28円)。

ベトナムのレストラン11

フエの宮廷料理っぽいですが、
透明な皮のエビ餃子?
確か、1万5千ドン(60円)くらい。

ぷりぷりの皮の中にエビが一匹。
甘酸っぱいタレも美味しかったです。


そんなわけで、ベトナムシリーズは終了です。
こんなに食費のかからなかった国は初めてです。
貧乏旅行をするにはとっても良い国でした。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/706-ec3a0a55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。