--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.12.23:06
熊本・南阿蘇「田楽 奥阿蘇」
熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」1

熊本の阿蘇から宮崎の高千穂へ行く途中、
高森峠の手前で立ち寄ったお店。
田楽 奥阿蘇

道路から茅葺き屋根の家が見えて、
気になったので入ってみました。

入口には熊本のキャラクター
「くまもん」の看板も。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」2

店内の様子。
窓からは畑が見えます。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」3

畳敷きの囲炉裏席。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」4

板張りの囲炉裏席。

座布団に座って食べるのですが、
どちらも囲炉裏が低いのでちょっと食べづらいかも。
座るのが苦痛な人向けに小さな椅子も用意されてました。

私が行ったときは偶然お客さんはゼロだったのですが、
その後、続々と来店して、出るときには満席に。
人気店なのでしょうか。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」5

まずは、お茶と漬物。
そして、肥後むらさきという地元のナスを
生のまま梅で和えたもの。美味しかったです。

ちなみに、お茶は熱いのが出されましたが、
店内中央に冷茶ポットが置かれていて、
2杯目以降は冷茶がセルフでした。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」6

こちらがメニュー。
ランチタイムですが、結構高め。
観光地価格なのでしょうかね。

この周辺は田楽が郷土料理として有名らしいです。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」7

注文をした田楽定食1790円。
やってきました。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」8

囲炉裏に炭が置かれて焼き始めます。

豆腐、里芋、やまめ、こんにゃくとうずら。

ある程度焼けたら、味噌を塗るのですが、
火から遠すぎたのか、なかなか焼き色が付かず、
ちょっと大変。

お味の方は、うーん。
お魚(やまめ)とお肉(うずら)以外は淡白な味なので、
味噌味が勝って、正直飽きてしまいました。

しかも、里芋の串が2本で、合計6個はいらない。。
2人で違うものを注文してよかったです。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」9

もう1つは、お狩場定食1890円。

野菜と地鶏です。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」10

囲炉裏に網を置いて焼いていきますが、
こちらは普通の焼肉ですかね。

鶏肉の量が多すぎて、こちらも一人では辛かったかも。
飽きてしまいました。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」11

どちらの定食にも付いた、生あげ。
酸っぱ辛いタレ付き。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」12

最後はご飯とだご汁。
ご飯はトウモロコシの破片入り。
トウモロコシの産地のようで、お土産屋さんにも、
ご飯に混ぜるようにみじん切りサイズのものが売られてました。

汁は熊本名物のだご汁。具だくさん。
でしたが、出汁の味が全くせず、
味が薄すぎて、残してしまいました。

(このお店のだご汁の味が薄いだけで、
本来はもっと美味しいような気がしますが)

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」13

お店の入口で売られていた、肥後むらさき。
100円という安さに買ってみました。

熊本・南阿蘇「奥阿蘇 田楽」14

分かりますかね?大きさが。
横に置いているのはiPhoneです。
長さはiPhoneの2倍以上、太さもiPhone以上で、
この大きさものが3本も入って100円とは。

家に帰って、梅や鰹節で和えて頂いたら、
とっても美味しかったです。、
あまりの大量さに毎日食べる羽目にはなりましたが。。


奥阿蘇田楽 割烹・小料理 / 見晴台駅阿蘇白川駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/732-2e32e8a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。