--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.29.21:43
エミレーツ航空「成田→ドバイ」
エミレーツ航空「成田→ドバイ」1

初のエミレーツ航空です。

モロッコへ行くには日本から直行便はなく、
ヨーロッパの都市を経由していくのが普通ですが、
ヨーロッパ系の航空会社はとにかく燃油サーチャージ代金が高い。

探せば、運員が安い航空券もいろいろとありましたが、
燃油サーチャージの高さに圧倒されてしまいまして、
結局選んだのが、ドバイ経由のエミレーツ航空でした。

さすが、オイルマネーの国。
燃油サーチャージが圧倒的に安かったです。

まずは、成田からドバイまで約10時間。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」2

座席はちょっと窮屈ですが、
エンターテイメントは大充実。

各座席に大画面が配置されてました。

前の席との間隔が狭いために、
近いよ!デカイよ!、と思うほどです。

そして、大画面の横には、
小物がぶらさげられるフック。

画面の下には、中央にリモコンと、
その左右には電源とUSB口。

機内で充電できるのは嬉しいです。

その下のトレイは折り畳み式で、
トレイを格納した状態でも、
グラスを置いておけるホルダーもあって、
なかなか考えられた座席です。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」3

機内エンターテイメントはチャンネル多数。
映画、テレビ、音楽、ラジオ、ゲームと、
何百チャンネルも揃っていて、全てオンデマンド。

日本映画や日本語字幕の映画も結構ありました。
長いフライトが苦になりませんでした。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」4

JALと仲の良い航空会社は
メニューが配られることが多いですね。

メニューの隣にあるシールは、座席の上に貼るもの。
起こさないで、食事の時間が来たら起こして、等を
意思表示するものです。こちらも便利。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」5

メニューの中身。

成田→ドバイは夜出発なので、夜食と朝食です。
インスタントラーメンまであったのは素晴らしい。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」6

アメニティセットも配られました。

ベルト通しも後ろに付いていて、
デジカメや小銭入れ等を入れて使えそうな、
結構ちゃんとしたポーチです。

中には、アイマスク、靴下、ハミガキセットでした。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」7

夜食のチキン。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」8

白身魚。

機内食は普通ですかね。
夜中だから、軽くでした。

残念だったのは、ドリンクサービス。

イスラムとは言え、機内ではアルコールはあります。
ビール、ワイン、スピリッツ等(シャンパンのみ有料)
品揃えはJAL並みで、無料なので良かったのですが、
残念だったのは配られたタイミング。

食事前におつまみと一緒に配るのが普通だと思うのですが、
ドリンクがやってきたのは、なんと食事を配り終わった後。
ワインを飲みながら、ごはんを食べたいのに。。

アルコールを飲みながら食事をする、という文化じゃないから、
タイミングが分からないんですかね。

そして、ビールやワインが配られたら、すぐにコーヒーと紅茶。
ワインが配られてようやく食べ始めたというのに、早いって。

そんなこんなで、就寝時間。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」9

灯りが消えると、天井には星のようなライトが。
プラネタリウムみたいです。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」10

そして、朝食。
こちらもごく普通でした。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」11

ドバイ空港です。中央のエレベータホール。
壁には水が流れてました。

飛行機を下りて、バスでターミナルに到着すると、
入国と乗り継ぎの入口が最初から別です。

乗り継ぎ時間でちょっと入国してみようとした場合、
入国の入口に行かず、乗り継ぎの入口に行ってしまうと、
入国出来なくなるので、ご注意を。

私は失敗しました。
空港の周りだけでも見てみようと思っていたのに、
誤って乗り継ぎエリアに入ってしまい、
入国審査の場所を探してウロウロして、
近くにいた係りの人に入国したいと告げたら、
その短時間では駄目と怒られてしまいました。
残念。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」12

ターミナルは1と3の二箇所あって、どちらも似た作り。
中央が吹き抜けで、ショッピングゾーン。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」13

ターミナル間には、大きなヤシの木。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」14

白い砂利を敷き詰めた庭園も。

エミレーツ航空「成田→ドバイ」15

こちらは池。

そんなわけで、ドバイ入国は叶わず、
3時間半ほどの時間を空港で過ごしました。
ターミナルは広く、レッグレスト付き椅子もありましたし、
Wifiも使えたので、快適でした。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/748-33cb431e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。