--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」1

マラケシュ旧市街の中心、ジャマ・エル・フナ広場。

上の写真は早朝。とっても広い広場です。

朝はがらーんとしてますが、
昼、そして、夜は賑やかになります。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」10

昼頃になると、お店が出てきます。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」2

名物の生絞りオレンジジュース。

以前はお店によって価格が違ったようですが、
今はどのお店でも1杯4MAD(約40円)。

注文を受けてから絞るのではなく、
予め絞ったものが冷やされているので、
すぐに飲めて、喉を潤してくれます。

毎日のようにオレンジジュースは飲みました。
とっても美味しかったです。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」3

オレンジジュース屋さんは夜も営業してました。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」4

こちらはドライフルーツのお店。

夜になると、広場の中央ではレストラン。
その周囲では、大道芸の人達がやってきます。

ヘビ使いや、お猿さんの芸などもありましたが、
人が多かったことと、カメラを向けるとお金を取られるので、
残念ながら、写真は1枚も取れず・・・。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」6

名物のかたつむり屋さん。

こちらも同じお店が7,8軒並んでました。
しかも、全て同じ料金。違いがわかりません。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」7

こちらはミニサイズ。6MAD(約60円)

子供用のご飯茶碗、来客用の湯のみ程度の大きさです。

濃い醤油のような味で煮込まれたかたつむりは、
味付けが濃すぎて、かたつむり自体の味は
全くわからなかったです。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」5

モロッコのスープ。ハリラ。

モロッコの味噌汁と言われてますが、
具だくさんで、とても味わい深かったです。

広場には屋外レストランが10軒ほどありましたが、
呼び込みの人が言うには、どのお店も同じ料金だそうです。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」8

こちらはケバブ。普通の焼き鳥みたいです。

ハリラ、ケバブ、クスクス、タジン鍋など、
モロッコ料理はひととおり揃ってました。

が、あまりお腹は空いていなかったのでこれで終了。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」9

広場に面したカジュアルなオープンカフェで、
ミントティーを。

ポットの中には、中国茶と大量のミントと砂糖が
入っていて、甘さと苦さと渋さが交じり合った味でした。

モロッコ・マラケシュ「ジャマ・エル・フナ広場」11

スークで見かけた、サボテン屋さん。

路上にサボテンの実を並べて、
皮を剥いて食べさせてもらえます。

4個で2MAD(約20円)という安さ。
ジューシーだけど、クリーミー、という、
ちょっと他にはない果物の味でした。

あと、写真は撮りそびれましたが、
スークの路上では、自転車でやってきて、
フライパンでソーセージやお肉を焼いている人が
何人もいました。

1個注文してみたら、価格は10MAD(約100円)で、
手のひらよりも大きい丸いパンに切れ目を入れて、
焼いたソーセージとお肉を挟んで手渡してくれました。

気軽な庶民のファーストフードのようで
安く美味しくいただけました。

旧市街の、フナ広場以外の観光客が少なそうなエリアでは、
サブウェイみたいに、店頭でサラダの具材を並べて、
それをパンに挟んで売っているお店や、
カウンターの立ち食いで、お皿にご飯を盛って、
選んだサラダや焼肉を載せてくれるお店もありました。

どのお店は、だいたい10MAD(約100円)前後。
目の前で作ってくれて、安くて美味しかったです。
モロッコ料理のタジンやクスクスに飽きたときに、
そういうお店に助けられました。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/760-777c87b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。