--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.26.21:05
秩父「そば膳」と三十槌の氷柱
秩父「そば膳」1

こちらは西武秩父駅に直結している
秩父仲見世通り。

お土産屋さんや酒屋さん、レストラン等が並んでて、
帰りに秩父のお酒でも買って帰ろうかなあと思っていたのですが、
なんと午後6時半過ぎにはお店はほとんど閉まってました。

仕方ないので、レッドアロー号を待つ間、
駅の真正面にあった居酒屋さんが並んでいる通りの
「そば膳」に入ってみました。

秩父「そば膳」2

お酒を注文したら、お猪口は好きなものを
選択できるシステム。

日本酒は秩父名産の秩父錦で、
熱燗用の本醸造と純米酒の2種類。

純米酒を常温で頂きましたが、
すいすい飲めて、美味しかったです。

秩父「そば膳」7 秩父「そば膳」8

メニューはこちら。
(クリックすると大きくなります)

秩父「そば膳」3

おつまみとして、牛筋煮込み。

秩父「そば膳」4

秩父のB級グルメ、みそポテト。

そして、〆のお蕎麦は、
くるみそばのセット。
2種類注文してみました。

秩父「そば膳」5

セットについていた、
みかばーちゃん手作りゆず巻。

食感は大根みたいでしたが、
ゆずの香りたっぷり。

秩父「そば膳」6

秩父名物豚みそ漬け焼きが付いたセット。

お肉は大きく、味噌と肉汁たっぷりで
美味しかったです。


ちなみに、今回、秩父へ行った目的はこちら。
秩父「そば膳」9

三十槌の氷柱

川沿いの崖から染み出る湧き水が冷やされて
凍った芸術です。

こちらは自然に出来たものです。

秩父「そば膳」10

そして、こちらは人工のもの。

自然に出来た氷柱の隣では、
水を撒いて造った人工の氷柱もありました。

近くで見ると、全く違います。

秩父「そば膳」12

日が沈み始めた時間帯。
氷柱の色が変化してきました。

秩父「そば膳」13

午後5時を過ぎるとライトアップの始まり。

青い光で氷柱が照らされましたが、
まだ日が暮れていないのでイマイチ。。

日が沈む前はライトアップをしないで、
自然の光の変化を楽しみたかったです。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/786-21cb91d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。