--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」1

前回の記事に引き続き、
知床グランドホテル北こぶし

こちらは西館のクラブフロア、
オホーツク倶楽部のお部屋です。

本館とはちょっと角度が違いますが、
こちらも窓の外はオホーツク海でした。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」2

お部屋。手前は琉球畳に巨大なベッド。
窓際はカーペット式に大きなソファ。

こちらのお部屋も玄関で靴を脱ぎ、
素足で寛ぐ仕様でした。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」3

窓際にはロッキングチェアもありました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」5

テレビの下は暖炉です。
(暖炉といってもガス式ですが)

9月中旬の知床は本州と変わらない暑さで、
せっかくの暖炉も使いませんでした。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」4

右はステレオと大浴場へ持っていくための籠。
左は三面鏡が付いた鏡台。

ステレオは持参したCDやiPod、USBが
接続できるようになってます。
お部屋に入った時は、癒し系の音楽が流れてました。
(ちなみに、ホテル内では客室でもロビーでも
 Wifiが通じてて良かったです)

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」6

お部屋の中央から窓側を。
目の前は漁港です。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」7

ベッド側。

畳敷きのフロアが結構広くて、
ストレッチも出来て良かったです。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」8

大きなベッド。

こちらのお部屋もシモンズのベッドに羽毛布団です。
(夏には羽毛布団は暑すぎましたが)

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」13

廊下に小さな押入れみたいな扉があったので、
開けてみたら、お茶セットが格納されてました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」11

こちらのお部屋にもコーヒー豆がありましたが、
コーヒーメーカーではなく、手動のミルで、
自分で豆を挽いて淹れなければいけません。

ランクが上の部屋の方が手動のミルで、
一段低いランクの部屋がコーヒーメーカー、
というのが腑に落ちなかったり。。
この部屋ではゆったり過ごしなさい、ということですかね。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」10

洗面台。こちらもボールは2つ。
デザインは展望和洋室の方が良かったです。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」9

玄関からお部屋を。

知床グランドホテル北こぶし「展望和洋室と夕食」45

こちらは部屋の鍵。
キーホルダーのデザインが可愛らしい。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」15

西館。オホーツク倶楽部のある廊下。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」12

西館のエレベーターホール。

オホーツク倶楽部のお部屋は、
HP上ではクラブフロアと紹介されてますが、
クラブラウンジのようなものはなく、
このように廊下がちょっと豪華なだけでした。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」14

エレベーターホールには、
オホーツク式土器が飾られてました。

ちなみに西館は、2階はレストランで、
最上階は大浴場で、移動はとても便利でした。
(本館と西館は廊下で繋がっているので、
 本館のお部屋でも廊下を通れば良いので
 苦にはならなかったですが)

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」16

西館の非常階段。

ステップは板張りになっていて、
非常階段らしくなかったです。
上階の大浴場へ行く人のことを
ちゃんと考えているんですね。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」17

ホテルのロビー。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」18

ロビーを反対側から。椅子がたくさんあります。

このロビーでは夜の8時半から、
スタッフの方がプロジェクタを使って、
知床の自然を紹介するイベントが開催されてました。

ウトロの町には何もなく、夜も出歩けないので、
ホテル内でイベントをしてくれるのは良いですね。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」19

ロビーの片隅には、知床来運神社が。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」20

神社の隣では、斜里岳の湧き水。

この湧き水は大浴場にも置かれていて美味しかったです。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」21

オホーツクの流氷とクリオネも、
ロビーに展示されていました。
クリオネはよく見えなかったですが。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」22

ロビーの片隅にあった喫茶の横には、
池があって、橋が架かってました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」23

その奥にある女性用トイレ、
奥の個室へ行くには橋を渡らねばなりません。

バリアフリー的にはどうなんでしょう?このインテリアは。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」24

橋の手前は化粧室。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」25

こちらはホテルの入口横にあった足湯。
海が見える場所にでもあるのかと思っていたら、
駐車場への入口横でした。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」26

ロビーの奥には、宿泊者やスタッフが撮影した
写真が展示されてました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」27

奥の部屋ではプロのカメラマンによる写真展。

写真は撮らなかったですが、
ロビーから別館への通路の途中には、
ゲームセンターやカラオケルームもあって、
いかにも温泉旅館という雰囲気もありました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」28

こちらはお土産屋さん。
なかなか広くて、品揃えも多かったです。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」29

通路沿いにあった木工芸品屋さん。
エゾ鹿の角も置かれてました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」30

宴会場が並ぶ西館の1階。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」31

通路脇にはワシの剥製なども。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」32

館内のいたるところにクイズがありました。
正解は看板に書かれていなくて、回答を応募すると、
抽選でプレゼントが貰えるシステム。
こういうのがあると、ついホテル内を探検してしまいます。
(私の場合はいつも探検してますが)

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」33

ビュッフェレストランの入口。朝食はこちらです。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」34

レストランの入口前には海が眺められるソファーが。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」35

ベランダにも椅子とテーブル。

食事を持ってきて、ここで食べてもいいんでしょうけど、
扉が重くて開けずらいですし、ビュッフェ台へも遠いので、
不便のような気がしました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」37

レストランの中。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」36

窓際の席。

入口やビュッフェ台からはちょっと遠いのと、
朝遅い時間帯だったためか、空いてました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」38

レストラン入口。
朝もこの場所は洋食メニューでした。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」39

卵料理に、ハムやソーセージ。
フレンチトーストがあったのは良かったです。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」40

パンの種類は少なかったですが、
ジャムは多かったです。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」41

お茶漬けコーナー。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」42

味噌汁コーナー。

お茶漬けとか味噌汁とかお粥とか、
トッピング類がやたらと豊富でした。

メニューは和食中心で、漬物や佃煮もたくさん。
夜は勝手丼がありましたが、朝はまぐろの漬け丼もありました。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」43

この日は洋食中心に。

知床グランドホテル北こぶし「オホーツク倶楽部と朝食」44

翌日は和食中心に。
鶏の出汁のうどんもありました。


そんなわけで、施設が充実していて
満足できた知床グランドホテルでした。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/850-b6f1e579
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。