--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台南大億麗緻酒店1

台湾の古都と言われていて、高雄からも近い、
(日本で言うならば京都的な立ち位置?)
台湾第4の都市、台南で宿泊したホテル。
台南大億麗緻酒店(Tainan Tayih Landis Hotel)

宿泊したのは大晦日です。
さすがにホテルを予約するのは大変で、
ホテル予約サイトを片っ端から見ましたが、
全く空きがなかったです。

仕方なく、台南にあるホテルの公式サイトを
1つずつチェックしていき、見つけたのがこちらです。

なんと、5つ星クラス。
数年前までは台南唯一の5つ星ホテルだったそうですが、
つい最近、台南駅の近くにシャングリラが出来てしまい、
しかも、そこはシャングリラの中では世界一安いと評判らしく、
こちらのホテルの地位が一気に下がってしまったそうです。

なので、このホテルには空きがあったのかも。
(予約サイトでは全て満室の表示だったのは不思議ですが)

台南大億麗緻酒店2

ホテルのロビーです。
さすがに高級感があります。

この広々とした空間を作りだすためなのか、
ソファが少なかったのは難点ですが。

台南大億麗緻酒店10

ステージのような階段。
グランドピアノもありました。

この階段を上るとレストランに続きますが、
裏手にはエスカレーターがあるので、
誰もこの階段は使ってなかったですが。

台南大億麗緻酒店16

客室に向かいます。

7階以上が客室になっていて、
中央が大きな吹き抜けです。
部屋の前の廊下から見下ろせるので、
誰がどの客室に入ったか見えてしまいます。

台南大億麗緻酒店17

シースルーのエレベーターから。

下に見えるのはフィットネスジムです。
こんな開放的な空間でジョギングするのは
気持ち良さそうです。

宿泊者と会員は利用できるそうですが、
あいにくウェアもシューズも準備してなくて
使えませんでした。(レンタルはないとのこと)

奥にはプールもあるようですし、
せっかくこういうホテルに宿泊するならば、
準備をしてきたほうが良さそうですね。

台南大億麗緻酒店18

ジムのある6階に到着。

それにしても、このホテルで一番良い場所を
ジムにするのって、もったいない気がしないでも。。

台南大億麗緻酒店6

さて、お部屋です。

一番安いスーペリアルームに空きがなかったので、
こちらはアーバンルームです。

大きなベッドに、広々としたデスク、
窓際にはソファ2客もありますが、
それでも余裕たっぷりの空間でした。

台南大億麗緻酒店7

広いデスクと、ビジネス仕様の大型チェア。
壁にはコンセント類がやたらと多くて、
USBでPC等を繋げば、客室のスピーカーから
音楽が聴けるようにもなってました。
もちろん客室内でWifiもOKです。

そういえば、台湾でテレビを見ていたら、
台湾のスマートフォンメーカーのHTCが
I Love Taiwan 的なCMを頻繁に流してました。
打倒Apple、打倒サムソンって感じなのでしょうか。

台南大億麗緻酒店11

デスクの上には日本語のガイドブックが
用意されていました。

台南大億麗緻酒店9

ソファの横には、
ウェルカムフルーツではなく、
濃厚リンゴジュース2種類。

台南大億麗緻酒店8

ベッド脇にはクッキーもありました。

台南大億麗緻酒店12

バスルームはシャワーブース独立型。
トイレにはウォシュレットも完備してました。
台湾では結構ウォシュレットが普及していて驚きました。

台南大億麗緻酒店13

バスタブも広いです。

台南大億麗緻酒店14

バスルームには体重計もありました。

今回台湾で宿泊したホテルのうち、
4つ星クラス以上のホテルでは、
全てのホテルに体重計がありました。
台湾の人は体重を気にする人が多いんでしょうか。

台南大億麗緻酒店15

客室の窓からの眺め。
西向きなので夕焼けが見えました。

台南大億麗緻酒店19

夜の眺め。
繁華街とは反対側なので暗いです。

台南大億麗緻酒店21

翌朝、ドアの下から、
黒い袋が滑り込まれていて、
中には日本語の冊子が入ってました。

日刊の新聞ではありませんが、
日本語で台湾の経済情報等が記された
ミニコミ誌のようです。
これはなかなか有難い。

台南大億麗緻酒店20

朝食のビュッフェはむちゃくちゃ種類豊富でした。

日の入らない地下のレストランだったので、
朝っぽい雰囲気はなかったですが、
中華、日本、エスニック、アメリカン等、
各スペースに各国の料理が並んでいて、
点心もあれば、納豆や味噌汁まであって、
どれを食べるか迷いました。

各テーブルには番号札が置かれていて、
それを食べたい料理のカウンターへ持っていくと、
調理したものをテーブルまで運んでくれる、
というサービスも良かったです。
麺類とか卵料理とかは一人分づつ作ってくれて、
出来立てを食べられるサービスはどこでもありますが、
このシステムならば番号札を渡しておくだけなので、
出来上がるまで待つ必要もないですし、
間違えられることもないですから。
他のホテルでもこのシステムは真似てもらいたいです。

台南大億麗緻酒店4

こちらはこのホテルのお隣にある、
新光三越の入口前。
クリスマスのデコレーションがしてありますが、
この写真を撮ったのは元旦の朝です。

台南大億麗緻酒店5

こちらにはこんな飾りつけ。
ちょっとは正月っぽいです。

台南大億麗緻酒店3

元旦の朝から騒がしいなあと思っていたら、
マラソン大会が開かれてました。
とはいえ、距離も近くの公園から短そうでしたし、
さほど盛り上がってもいなかったですが。


そんなわけで大晦日から元旦に掛けて宿泊した
ランディスホテルでした。
年越しの割にはホテルでは何のイベントもなく、
台南の街自体もほとんど盛り上がらず、
予想外に静かな年明けでしたが。。

<追記>
こちらのホテルではJALのマイルが貯まりました。
チェックアウト時に告げても話が通じなかったですが、
帰国後にJALへ連絡して領収書を送ったら加算してくれました。
公式ホームページから予約した甲斐がありました。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/895-79505026
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。