--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.08.23:07
ブルネイ「Jubilee Hotel」
ブルネイで宿泊したホテルです。
Jubilee Hotel

ブルネイ「Jubilee Hotel」12

市街地の東を南北に貫く大通りから1本曲がると、
この通りに出ます。
今回のホテルは奥に見える白い建物です。
手前の淡いオレンジの建物はマンションのようでした。

ブルネイ「Jubilee Hotel」13

こちらがJubilee Hotelです。

いやー、ブルネイはホテルの選択肢が少なくて、
本当に参りました。
そもそも観光地ではないので、ホテルの数自体が少ないですし、
車社会で郊外にニュータウンを作ってしまったらしく、
新しいホテルのほとんどは市街地から離れた立地。
しかも、石油と天然ガスが出る王国のために物価が高くて。

四ツ星以上の豪華なホテルは結構あるようですが、
(ちなみに世界に2つしかない七つ星ホテルもあります)
ごく普通のビジネスホテルや格安ゲストハウスは全然なくて。
市街地へ歩いて行ける立地という条件で選ぶと、
このホテルしかなかったのです。

どのクチコミサイトや予約サイトを見ても、
市街地から徒歩10分以内で1万円以下で探すと、
このホテル以外には全く見つからなかったです。

ちなみに、宿泊料金は1泊65USドルほど。
二ツ星クラスでこの値段って日本より高いかもしれません。
他の東南アジアの都市ならば、この半額が妥当かと。
ただ、空港からの送迎が無料で付いているので、
タクシーが少なくて高いブルネイでは良いと思いました。

(空港送迎はホテル予約サイトで予約した後に、
 ホテルへ英文メールを送って依頼しました)

ブルネイ「Jubilee Hotel」14

ホテルの入口横にはミニマートがありました。
コンビニと違って夜には閉店してしまいますが、
まあ便利かと。。
(もちろん、ブルネイなのでお酒は売ってませんが)

ブルネイ「Jubilee Hotel」10

エレベーターホールから客室へ。

ブルネイ「Jubilee Hotel」1

廊下。

ちなみに、ホテル内は無料でWIFIが使えました。
各フロアに2つのルーターがあって、
スピードも問題なかったです。

ブルネイ「Jubilee Hotel」7

客室のドアを開けたら、
目の前にソファセットがあって、
リビングルームだったので驚きました。

普通の部屋を予約したはずですが、
何故かアップグレードされてました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」8

リビングルームを反対側から。
入口近くに小さなテーブルセットも。

ブルネイ「Jubilee Hotel」2

シンプルな寝室。

ブルネイ「Jubilee Hotel」4

ドレッサー。

ちなみにドライヤーは客室になく、
フロントで借りました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」3

充分な大きさのクローゼット。

ブルネイ「Jubilee Hotel」15

クローゼットの上をよく見たら、
メッカの方向を示すがありました。
さすが、イスラムの国です。

ブルネイ「Jubilee Hotel」11

寝室からの眺め。

市街地から徒歩10分の距離なのに、
田舎のような山と川。。
ブルネイがいかに小さな国かがわかりました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」5

バスルーム。
ちょっと年季を感じさせますが、
いたって普通です。

ブルネイ「Jubilee Hotel」6

バスルーム内の洗面所。

無駄に広いスペースです。
下が棚になっているのでキッチンぽいなあ、
と思っていたら、ここで料理はしないように、
という貼紙がありました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」16

朝食は1階のレストランです。
朝7時からだったので、2泊目は出発時間ギリギリでした。

ブルネイ「Jubilee Hotel」9

朝食はビュッフェではなく、
メニューにあるセットから選ぶもの。
(コーヒーと紅茶はセルフ)

10種類ほどメニューがありましたが、
8割がたは卵の調理の仕方が違うのみ、
残りはチャーハンや麺類でした。

1泊目はスクランブルエッグを選択。

ブルネイ「Jubilee Hotel」17

2泊目は目玉焼きを選択。

かなり老朽化しているホテルなので、
宿泊料金を考えると、えー!?って感じですが、
ここが東南アジアであることを忘れさって、
物価の高いヨーロッパ辺りだと思えば、
納得できるホテルでした。

(とりあえず不便や不満はなかったです)
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/941-25d31ee6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。