--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エア・アジア「ブルネイ→クアラルンプール」1

バンコク発着のエアアジア便は何度か乗りましたが、
本拠地クアラルンプール発着の便は初めて乗りました。

ブルネイからクアラルンプールの国際便です。
私が予約したときは、運賃は65ブルネイドルで、
各種手数料全て込みで99ブルネイドル(約7700円)でした。

※ブルネイ空港の様子はこちらに書きました。

エア・アジア「ブルネイ→クアラルンプール」2

ブルネイ空港ではボーディングブリッジから。

エア・アジアは到着から出発までの時間が短いので、
到着する様子、荷物の上げ下ろし等、作業員さんの動きが
全て待合室から見られて面白かったです。

エア・アジア「ブルネイ→クアラルンプール」3

機内誌と食事メニュー。マレーシアの航空会社なのに、
マレー語は一切なく、全て英語なのは素晴らしいです。

それから、CAの方達のユニフォームがラフで驚きました。
体のラインが出るスリムなシャツとスリムジーンズ。
エアアジアらしいセンスですが、
ジーンズを制服にしてしまうのも面白いです。
スポーツバーとかの店員さんのようでした。
(マレーシアの国内線では別の制服で、
 もっときちんとした服装でしたが)

エア・アジア「ブルネイ→クアラルンプール」4

到着。クアラルンプールではもちろん、
ボーディングブリッジはありません。

エア・アジア「ブルネイ→クアラルンプール」6

こちらが倉庫みたいなターミナル。

ブルネイへ行くときに経由した同じクアラルンプール国際空港ですが、
JALやマレーシア航空とは違って、LCC用のターミナルに到着します。

エア・アジア「ブルネイ→クアラルンプール」5

しかも、ターミナルまでのバスもなく、
乗客はターミナルから伸びる通路を歩きます。

この通路がやたらと長くて、
倉庫のような建物の外周をひらすら歩いて、
ようやく入国審査の場所へ。

空港の設備は最小限に、というのも分かりますが、
この動線は何とかならなかったのか、と思ってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/943-abe32eb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。