--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.20.22:14
タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」
タイのバンコクから鉄道で2時間、
お猿さんで有名なロッブリーの町で
宿泊したホテルです。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」1

こちらが「Lopburi Inn Hotel」。

ロッブリー駅や多数の観光名所がある旧市街からは、
東へ伸びる大通りをまっすぐ進んだ場所にあります。

ロッブリーは田舎町なので、町中にタクシーは走っておらず、
移動手段はこの大通りを走るバスかロットゥー(ミニバス)のみです。
なので、大通り沿いにあるホテルは何かと便利でした。

(旧市街にもホテルやゲストハウスは数軒あるみたいですが、
 ホテル予約サイトで扱ってなかったです)

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」11

大きなお猿さんが出迎えてくれていますが、
こちらはレストランの入口でした。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」2

レストランの入口横にもお猿さんはたくさん。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」10

こちらはホテル東側の看板。うさぎさんを担いでいます。

ところで、駅の近くから路線バスに乗って来た際、
乗車時に車掌さんにホテル名を告げたので教えてくれましたが、
ホテルの外観には英語でのホテル名の記載は見当たりませんでした。

大通り沿いですし、結構目立つホテルなので、
人に聞けばすぐに教えてくれるとは思いますが、
看板を頼りにしていたら難しいような気がしました。
(タイの文字は全く読める気がしませんし)

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」8

看板の真下にもお猿さん。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」9

歩道脇にも数匹。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」3

そして、こちらがホテルの入口。
黄金の巨大なお猿さん。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」7

フロント前の柱にも。

柱の奥は宴会場になっていて、昼も夜も賑わってました。
簡素で古びたホテルに見えたのですが、ホテルが少ないからか、
この田舎町では、市民に重宝されているホテルなのかもしれません。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」5

こちらが客室。リフォームされた様子です。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」6

デスク、テレビ、冷蔵庫もあり、
冷蔵庫の中には無料の2本の水もありました。
無料WIFIも完備されていて必要充分な設備でした。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」4

シャワールームはいたって簡素。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」18

石鹸の箱にホテルのキャラクターが描かれていて
可愛かったです。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」12

窓からの景色はうーん。

大通り以外は緑がたくさん残されていて、
田舎なのが分かります。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」17

こちらは別の客室。

ホテルはL字型になっていて、反対側の廊下を歩いていたら、
ドアが開いていたので覗いて見ました。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」16

ベッド以外は同じ造りだと思います。

ちなみに、L字の交わる箇所にエレベーターがあり、
その横には清掃スタッフの事務所がありました。
スタッフの女性達はすれ違う度に笑顔をくれましたし、
何か頼み事とかある時に便利そうでした。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」14

朝食のレストランへ。

ビジネスマンや家族連れ、外国人など、
いろんな人達がいました。

テレビでは子供番組が放送されてましたが、
朝8時になると、国王の映像に切り替わり、
みんな直立不動になっていたのが印象的でした。

フィリピンでは、午後6時の礼拝の時間に、
スーパーマーケットで同じような状況を目撃しましたが、
タイでは宗教ではなく、国王なんですね。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」15

ビュッフェ台から持ってきたご飯。

やはりアジアなので、チャーハンやおかゆ、
野菜の煮物や炒め物など、多彩なおかずでした。
アジアは安いホテルでも朝食が充実しているのが良いですね。

ちなみにこのホテルの宿泊費は1室2名朝食付きで、
2泊で45USドルという安さでした。
1部屋3千円未満でこのレベルのホテルに宿泊できるなんて、
ありがたいです。これもタイの魅力の1つですね。


さて、こちらは朝食時のレストランの壁。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」19

「MONKEY BEER」の文字が気になりました。
エレベーターの壁にも紹介されていたので、
このホテルのイチオシなのではないかと。。

そんなわけで、夜にも訪れてみました。
朝食時のレストランの奥で営業されてました。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」21

席に着いて渡されたメニュー。
ここにもホテルのキャラクター。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」20

ドリンクメニューの一番下の写真が
MONKEY BEERです。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」23

さっそく注文。写真どおり。

タイ・ロッブリー「Lopburi Inn Hotel」22

レストランの中の様子。

お店の奥にステージがあって、
お客さんがカラオケを歌ってました。

プロっぽい綺麗な衣装を着た女性もいましたが、
普通のお客さんなのか、お店の専属なのか謎でした。

関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/965-2cbf2969
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。