--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイのバンコクからチェンライへの国内線です。

羽田→バンコク→チェンライ→バンコク→成田のルートを
タイ国際航空で通しの航空券を購入しましたが、
この区間の国内線はコードシェア便でした。

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」2

タイ・スマイル。まだ新しい航空会社です。

タイ国際航空の子会社のLCCですが、
コードシェア便のためか、荷物等の制限はなかったです。
(タイ・スマイルで購入した場合は分かりませんが)

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」3

機内の様子。まあ普通。
LCCらしく、ちょっと座席間は狭いかなあ。。
もちろん、パーソナルTV等はありません。

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」4

シートはタイ・スマイルのカラー。
鮮やかなボーダーで良いですね。

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」5

たった80分のフライトなのに、軽食が配られました。

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」6

甘いブルーベリージャムたっぷりのパンとお水。
後からコーヒーもやってきました。
LCCなのに軽食が付くのですね。

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」7

運悪く、羽の横の座席。
羽の先端にもタイ・スマイルのデザイン。

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」8

窓からの景色。
チェンライの町中は結構栄えていたのですが、
町から離れると何もない場所のようです。

タイ・スマイル「バンコク→チェンライ」1

チェンライ国際空港に到着。
田舎の小さな空港といった感じでした。

チェンライ国際空港からはバンコク便しかないはずですが、
空港の名前には何故か「国際」と付いています。
その謎については帰りの便で紹介します。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/969-68f86b90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。