--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.19.20:13
タイ・ロッブリーでの食事
タイのバンコクから列車で2時間、
ロッブリーの町で食べたものをご紹介。

と言っても、きちんとしたレストランは全然行ってないですが。

タイ・ロッブリーでの食事1

ロッブリーへ向かう列車内(詳細はこちらをご参照)で飲んだジュース。

バンコクのファランポーン駅のコンビニで購入。
一見麦茶みたいに見えますが、タイなので甘いです。
砂糖入れすぎで、ドロリとした喉越し。
ごくごくは飲めず、ちびちび飲みました。

タイ・ロッブリーでの食事2

列車内で配布された機内食(?)。

ちょうど良い列車がなく、仕方なく高い特急列車に乗ったら、
チョコ入りのパンとコーヒーが配られました。

タイ・ロッブリーでの食事5

駅のある旧市街から幹線道路をバスで東へ。
バスターミナルの近くで見つけたお店でラン チを食べました。

昼をかなり過ぎた時間だったため、お客さんは誰もおらず、
営業しているのかどうか不安でしたが、店先に並ぶお惣菜を見ていたら、
お店の人が出てきてくれました。

タイ・ロッブリーでの食事3

並んでいたお惣菜の中から不思議な物体を見つけて注文。
カットしてもらったら、見たことのあるものでした。

えいひれを炙ったものに甘辛いタレを漬けた感じで、
ビールのおつまみっぽかったです。

(ちなみにタイの町中の食堂にはビールは置いてありません。
 また、お酒は購入出来る時間が決まっていて、昼の2時から5時の間は
 コンビニでもビールは購入出来ません)

タイ・ロッブリーでの食事4

カレーのようなお肉の煮物と、いんげんの炒めもの。
ご飯は注文せずとも出てきました。
どち らもご飯が進むおかずで美味しかったです。

タイ・ロッブリーでの食事6

バスターミナルに隣接する大きな交差点の北西側では、
ナイトマーケットが開かれていました。

タイ・ロッブリーでの食事7

麺屋さんはいくつもありましたが、違いが分からなかったので、
こちらのお店で注文。

タイ・ロッブリーでの食事9

鶏の出汁のシンプルなスープに、フライドオニオンがアクセントになっていて、
オーソドックスですが、美味しかったです。

タイ・ロッブリーでの食事8

店先に丸ごとの茹で鳥がぶら下がり、カウンターにはフライドチキンも並ぶ、
鶏専門店ですかね。

タイ・ロッブリーでの食事10

お決まりのカオマンガイを。

タイ・ロッブリーでの食事11

もう一軒気になったお店。

タイ・ロッブリーでの食事12

生地を広げます。

タイ・ロッブリーでの食事13

あっという間にこんなに大きく。

タイ・ロッブリーでの食事14

生地を鉄板の上に。そして、たっぷり のバターも。
この後、卵とバナナも入りました。

タイ・ロッブリーでの食事15

出来上がり。ほんのり甘くて美味しかったです。

タイ・ロッブリーでの食事17

ロッブリーの旧市街、王宮近くで見つけた麺屋さん。
店先で麺を茹でてます。

タイ・ロッブリーでの食事18

テーブルの上には調味料とお箸。

タイ・ロッブリーでの食事20

奥のテーブル席。お昼時は満席でした。

タイ・ロッブリーでの食事19

スープのお鍋が2つあったので、1つずつ注文。
こちらは豚肉で、おかきみたいなものも入ってました。

タイ・ロッブリーでの食事16

こちらはチキン、あっさり味のスープでした。

タイ・ロッブリーでの食事21

バスターミナルよりももっと東へ幹線道路を進んだ場所にある、
ビッグCスーパーマーケット。

ビッグCはベトナムでよく見かけましたが、タイにもありました。

タイ・ロッブリーでの食事

1階のフードコート。

タイのフードコー トは、受付でプリペイドカードを購入して、
お店ではそのカードで支払うシステムです。
プリペイドカードは帰りに払い戻しが出来ます。

タイ・ロッブリーでの食事22

ひき肉が乗ったガパオライス。うーん、お肉が少ない。。。

タイ・ロッブリーでの食事23

こちらはパッタイ。ピーナッツの粉がたっぷり。

タイ・ロッブリーでの食事24

ロッブリー駅で列車に乗る前に購入したコーラ。
コカコーラでもなく、ペプシでもなく、
タイではest COLA(エス・コーラ)をよく見かけました。

売店ではボトル入りだったのですが、
ビニール袋に移し替えられてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/973-c1e4b62a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。