--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.25.22:14
タイ・チェンライでの食事(2)
チェンライでの食事の続きです。

宿泊していたホテルの北側、メンラーイ王像の通りを西へ歩いたところで見つけた、
食べ放題の焼き肉屋さん?です。
タイにもこんなお店があるんだーと思って入ってみました。

タイ・チェンライでの食事16

カウンターに並ぶ野菜とお肉。ビュッフェ形式で、自分で取りに行きます。

タイ・チェンライでの食事17

お肉はこんな感じ。うーん、あまり美味しそうに見えないです。
日本みたいにお肉の部位をきちんと分けているのではなく、
牛、豚、鶏などをただカットして並べた感じです。

まあ、あんなに細かくお肉の部位を分けているのは日本くらいなのかもしれませんが。

タイ・チェンライでの食事19

テーブルにはこちらのセットが置かれました。
中央がお肉を焼くスペース。その周 りにはスープが入っていて、野菜を茹でるようです。
だから、野菜の他、春雨や豆腐など、お鍋の具材も用意されていました。

タイ・チェンライでの食事18

こちらが味噌やタレ。

調味料はカウンターに色々と用意されていて、見たことのないものをいくつか取ってきました。

この他、ご飯やスープ、コカコーラ等のジュース、アイスクリームなども用意されていて、
料金は確か200バーツほどだったかと思います。
美味しさという点ではイマイチでしたが、肌寒かったので体は暖まりました。

タイ・チェンライでの食事20

黄金の時計塔の大通りを西へ進んだ場所で見つけた食堂。
看板をチェックしておいて、帰国後に調べようと思ってましたが、
タイ語は全く読めないので、調べられませんでした。

店先に大きなショーケ ースがあり、おかずが数十種類も並んでいたので、
このお店でランチを頂きました。

タイ・チェンライでの食事21

店内の様子。大混雑で、お皿の片付けが追いついていません。

タイ・チェンライでの食事22

店先のショーケースの前で指差しで注文してみましたが、うーん。
お魚以外のおかずは少しずつしか盛ってくれず、イマイチな感じに。。

他のお客さんを見てみたら、グループの人達はおかずだけを盛ったお皿と、
各自のご飯のお皿が別々になっていて、そのように注文すれば良かったかも。
一人一皿で、ご飯の上におかずを盛るスタイルだと思われたので、
おかずの盛りが少なかったのかもしれません。

タイ・チェンライでの食事23

こちらは上の食堂のすぐ近くで見つけたお店。
ショーケースに並んでいるのは中華まんみたいなもののよう です。

タイ・チェンライでの食事26

こちら側のショーケースにも並んでます。一体何種類あるのでしょう?

タイ・チェンライでの食事24

飲食スペースもありました。

指差し注文したら、時間がかかるから待ってと言われました。
注文後に蒸し器に入れるようです。

タイ・チェンライでの食事25

蒸しあがったもの。ちょっと小さくなったような。。
中はうぐいすあんで、あんまんみたいでした。

タイ・チェンライでの食事28

山岳民族博物館へ行ったら、同じビルの1階のレストランで使える、
コーヒーチケットを貰ったので立ち寄ってきました。

店内は、NPO法人が運営するレストランとは思えない雰囲気で驚きました。
昼間から営業してますが、店内は薄暗く、夜向けのお店のようです。
ステージには楽器も置かれていたので、夜は生演奏があるのかもしれません。
また、ウエイトレスは皆若い女性たちでミニスカート姿でした。
お酒を飲んでいる男性グループのテーブルに張り付き、お酌してました。

そういえば、バンコクの空港近くのレストランで夕食を食べたときも、
ビールのグラスが空くと、すかさず女性が来て、お酌してくれました。
担当が決まっているようで、ずっと同じ女性が張り付いてました。
お客さんの売上の一部が彼女たちに還元されたりするのでしょうか?

タイ・チェンライでの食事27

チケットで貰ったコーヒー。インスタントっぽい。

タイ・チェンライでの食事29

せっかくなので、デザートも注文してみました。
ココナッツミルクにバナナを浮かべたもの。
意外と甘さ控えめでした。

タイ・チェンライでの食事30

ホテルの近くで見かけたカフェ。
そういえば、タイに来てから一度 もカフェに入っていない、
と気がついて、入ってみました。

タイ・チェンライでの食事34

このお店のキャラクターの山岳民族の女の子。

タイ・チェンライでの食事33

店内。大きな椅子でゆったり寛げました。

タイ・チェンライでの食事31

お店のコーヒーについての説明。日本語もあり。

アヘンを栽培していた山岳民族が、今はコーヒーを作るようになり、
山岳民族を支援するため、そのコーヒーを提供しているとのこと。

タイ・チェンライでの食事32

ホットコーヒー。

帰国後に調べたら、こちらのお店はチェーン店で、
黄金の時計塔近くにもあるようです。
関連記事
スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hitujifood.blog112.fc2.com/tb.php/979-e6ac76b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。