--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シアヌーク通りの食堂でのランチ3 シアヌーク通りの食堂でのランチ2
シアヌーク通りの食堂でのランチ1

プノンペンのトゥールスレン博物館を北に上ったところ、
シアヌーク通りの地元民で賑わっていた食堂でのランチ。
豚と野菜の炒め物です。私は1品しか頼んでいないので、
ご飯の上に載せられましたが、複数人数で複数品を注文すれば、
おかずが大皿で盛られて、ライスは一人ずつもらえると思います。
会社の同僚と思われる8人ぐらいのグループが食べているのを見たら、
中華料理のような感じでした。
醤油ベースで日本人の口によく合う味で普通においしかったです。
これで、6000リエル。テーブルの上に置かれた中国茶もおいしかったです。
CAPITOLレストラン1 CAPITOLレストラン2

CAPITOL ツアーの出発までの待ち時間に併設のレストランで朝食。
ハムのサンドイッチとホットレモンティー。
フランス植民地だっただけあって、さすがにフランスパンは
おいしいです。
中に入っていた分厚くてとろけるロースハムもグッド。
付け合せのピクルスも挟んで食べました。
サンドイッチが6000リエル、レモンティーが1500リエルだったと思います。

ドラゴンゲストハウスのカンボジア料理3 ドラゴンゲストハウスのカンボジア料理1
ドラゴンゲストハウスのカンボジア料理4 ドラゴンゲストハウスのカンボジア料理2

泊まっているゲストハウスの目の前のゲストハウスが、
2階のテラスでレストランを営業していたので入ってみました。
さすが、ゲストハウス密集地帯らしいお手頃価格ですが、
店内はオシャレでよかったです。
カンボジアのカレー2種とミックスシェイクです。
カレーは8000リエルづつ、シェイクは6000リエル。
最初はカレー1品のつもりでしたが、お店のお姉さんに「これだけ?」
といわれ、つい注文してしまいました。
おなかいっぱいです。
ミャンマーほど油っぽくなく、タイほど辛くなく、インドよりも、
日本人の口に合う、なかなかおいしいカレーでした。

写真の上段はカレー2種とごはん、店内の様子。
下段はお店の外に張ってあったメニュー、ミックスシェイク。
ラッキーバーガーのアイス2 ラッキーバーガーのアイス1
ラッキーバーガーのアイス4 ラッキーバーガーのアイス3


プノンペンにはマクドナルドもケンタッキーもありません。
代わりに、このラッキーバーガーのお店をよく見ました。
ハンバーガー屋さん、アイスクリーム屋さん、ケーキ屋さんの
3店が一緒に入ってまして、食事スペースがとにかく広いです。
シアヌーク通りのこのお店は2階にもスペースがありました。
アイスはコーンで1.2USドル。ハンバーガーなどは3USドルくらい。
レジでは、USドルとリエルの両方併記。
現地の人にとっては高価だと思ったのですが、若者で賑わっていました。
ちなみに、このお店の隣にはラッキーマーケットという大きなスーパー。
都心なのにお店の裏側には大きな駐車場もあって、便利そうでした。

写真の上段は食べたアイスとそのショーケース。
下段はラッキーバーガーのメニューと、2階の店内の様子。

キウイベーカリー&カフェ1 キウイベーカリー&カフェ2

プノンペンのトンレサップ川の観光船乗り場近くのレストラン。
このお店はとにかくメニューが豊富でした。
パン屋さんも併設されていて、朝食セットから、
ハンバーガー、ステーキ、パスタ、アジア料理まで。
ビールもカンボジア産だけでなく、タイのビアチャンや、
ラオスのラオビアまで。それから、ワインやカクテルもありました。

ランチなので軽めにパイナップル炒飯とANGKORビア。
2.9USドルと1.2USドル。
外国人向けのお店らしく、メニューは全て英語表記で、
価格はUSドルでした。
注文したメニューのお味はいたって普通でしたが、
ビールと一緒に出てきた、炒った豆に砂糖をまぶしたものが
とてもおいしかったです。

※お店のHPもありました。→こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。