--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.04.01:57
神楽坂 EXPLOSION
神楽坂 EXPLOSION3

以前、「神楽坂DIMENSION」を採り上げましたが、
名前が変わって(正確には前の名前に戻って)、
神楽坂EXPLOSION」となったので、再度採り上げます。

神楽坂 EXPLOSION1 神楽坂 EXPLOSION2

入口の看板とドア。

以前よりも、ステージが見やすくなりました。
ステージが広く高くなって、良かったです。
これで、最前列でなくても、何とか見えます。

また、防音設備を強化したようで、
ステージ上の天井は低くなってます。

あと、以前記載した、1,000円の飲み放題は
最近は見かけません。
なくなってしまったのでしょうか?
このお店はバー営業をしていないためか、
HPにもドリンクメニュー等の記載がなくて
よくわかりません。
2008.08.02.23:56
渋谷 Club Asia P
渋谷「Club Asia P」

渋谷の百軒街というラブホテル街の中にある
ライブハウス「Club Asia P」。

客席が三層構造になっています。
ステージ前のフロアは立ち見席。ステージより低い高さです。
二層目がステージと同じくらいの高さ、三層目はステージを見下ろす高さで、
二層目と三層目は備え付けのテーブルと椅子が設置されてます。
ぐるりと取り囲むように二層目、三層目が作られているため、
どの場所からもステージが見やすくなってます。

私がこのライブハウスでよく見るライブでは、
ステージ前の一番下の客席に、
ドラムセットとギタリストの立ち位置を設置し、
お客さんはその周りを取り囲む形を取ってます。
普段はあまり見られないドラムセットの裏側を
見ることが出来て面白いです。

渋谷「Club Asia P」4

ライブ前のステージ

渋谷「Club Asia P」1 渋谷「Club Asia P」2

左:一番上の客席からステージを眺めた写真
右:客席の様子

渋谷「Club Asia P」3

バーカウンター
2008.07.28.03:20
下北沢 CLUB Que
下北沢 CLUB Que1

下北沢にあるライブハウス「CLUB Que」。
先日紹介した、代々木Zher the ZOO と経営母体は同じです。
思えば、こちらも結構な回数、通ってます。

ビルの地下2階にある、ごく普通のライブハウスです。
ステージの高さも広さも、客席の広さも適度な感じ。
代々木Zher the ZOO と同じく、深夜のイベントがないときは、
ライブ終了後はバーになるので、追い出されず、まったり出来ます。

下北沢 CLUB Que2

客席からステージを見た写真

下北沢 CLUB Que3

バーカウンター

私はいつも、ステージ下手側の2列目付近で見ています。
上手側の天井にスピーカーがぶら下がっているので、
その真下では、耳がガンガンしてしまいます。
なので、いつも下手側をキープです。

そうそう、このライブハウスの良いところは、
ライブハウス主催のライブだったりすると、
お店のHPにライブレポートを掲載してくれるところです。
カメラマンさんも最前列に陣取って、良い写真を撮ってくれます。
2008.07.07.23:59
代々木 Zher the ZOO
代々木Zher the ZOO

代々木にあるライブハウス「代々木Zher the ZOO」。
代々木駅の目の前。
新宿からも歩いて行ける便利な場所にあります。

ライブハウスはビルの地下にある場合が多いですが、
こちらも一応ビルの地下ではありますが、
入口部分がビルから飛び出ているので、
独立したビルのようにも見えます。

ステージの高さ・広さ、客席の広さもちょうど良く、
私はお気に入りです。
お店の形が三角形で、角にステージがあるため、
いろんな角度からステージを見ることが出来ます。
私はいつも、ステージ下手側にあるDJブース前から、
ステージを斜め横から見ています。
この角度ですと、ドラムとの距離も近いですし、
ステージ上のメンバー全員が視野に入ります。

代々木Zher the ZOO4 代々木Zher the ZOO3

バーカウンターと、床に映し出されたライト。

お店の壁面は石が埋め込まれていて、
とってもオシャレです。
ライブ終了後はバーとして営業されているらしく、
下の写真のように椅子が並べられます。
そのためか、メンバーが楽屋から出てくるのを待っていても、
お店から追い出されないので、とってもありがたいです。

代々木Zher the ZOO2

2008.06.14.02:55
ROCKIN' COMMUNICATION 新宿LOFT
新宿LOFT

有名なライブハウス「新宿LOFT」に行って来ました。
もう何代目かわかりませんが、今は歌舞伎町のコマ劇場の
近くのビルの地下2階にあります。

私が行ったときは、ライブハウスにしては珍しく、
分煙となってました。
それが実現できるのはステージのあるエリアの隣に、
コミュニケーションスペースがあるからです。
こちらには、物販席とバーカウンター。
壁際にはテーブルと椅子も並べられていて、
ゆっくり、ライブが始まるまで待つことが出来ます。
そして奥には、「深海」と呼ばれるスペース。
ソファでまったりくつろげます。

新宿LOFT2 新宿LOFT3

コミュニケーションスペースのバーカウンターと「深海」

メインステージがあるライブスペースの角には
コインロッカーと小さなバーカウンター。
壁際にベンチがあるだけで、椅子やテーブルはなし。
代わりに、見やすいよう床は段差が付いてます。
ステージはあまり広くなく、高さも低いですが、
ライブハウスならこれくらいがちょうど良いかも。
ライブを見るための最小限で、かつ必要十分な設備で、
さすがに老舗といいますか、よく考えられてるなあと思いました。

ライブスペース、コミュニケーションスペースともに、
とっても気に入りました。
(大好きなバンドはここを使って無いので行く機会は少ないですが)
2008.06.09.01:40
南青山・ロックバー「RED SHOES」
RED SHOUES1 RED SHOEES5


南青山にある、老舗ロックバー「RED SHOES」に行ってきました。
こちらは、国内外のロックアーティストが集う有名なお店。
一度閉店したようですが、現在は二代目が南青山で営業しています。

ときどきライブも行われるお店で、私はライブを見に行きました。
通常はバーなので、ステージのようなものはなく、
お店の一角、風神・雷神の絵が掲げられた場所の前に
ドラムセット等を置いて演奏されました。

RED SHOUES3 RED SHOUES4

左:雷神の絵の周辺。音響機器も色々置かれてます。
右:風神の絵とピアノ。楽器はライブ用。

RED SHOUES2 RED SHOUES6

左:綺麗なジュークボックス、上には蝋の彫刻。
右:お酒が並ぶバーカウンター。

ライブがないときの通常の店内の様子は、
こちらのHPに詳しく紹介されています。
2008.05.08.23:06
原宿クロコダイル
原宿クロコダイル1

渋谷と原宿のちょうど中間、明治通り沿いのビルの
地下1階にあるバー「原宿クロコダイル」。
老舗のライブハウスですね。
一度行ってみたかったのです。

このお店は普通のライブハウスとは違って、
バー営業に重点を入れているようでした。
入場時には会計をせず、500円のワンドリンクも、
徴収されません。予約の有無のみ聞かれます。
普通のバーのように席に着き、フードやドリンクを
注文して、会計はお店を出るときです。
その際にミュージックチャージを支払います。
(ちなみに、ドリンク等にもサービス料が加わるので、
ワンドリンク制よりも、支払う額は大きくなります。)

また、お店の開店は18時なのに、開演時刻は20時。
お客さんにいっぱいお酒を飲んでもらいたいのでしょうか。
待たされる出演者は大変だなあ、とも思いましたが、
出演者の方達もお酒を飲んで待ってました。

原宿クロコダイル天井

天井のクロコダイルのアップ

さて店内ですが、クロコダイルがたくさん飾られてます。
上の写真では、天井に大きなクロコダイルあり、
バーカウンターの奥の鏡にも、埋め込まれているかのように、
頭と背中と尻尾がくっ付いています。
バーカウンターとステージ上手側の客席が鏡張りです。

原宿クロコダイル2

スピーカーはステージ前の天井にぶら下げられていて、
ミラーボールもその横にあります。
ステージ上には、背面にクロコダイルのオブジェと電飾。
楽屋はステージの下手側奥。
そして、トイレがちょっと変わっていて、ステージと楽屋への
通路途中にあるのですが、工事現場やイベント会場で
よく見かけるBOX型の簡易トイレとなってました。

古臭いアメリカンな匂いがする、大人の感じのバーでした。
2008.02.29.00:07
LIVEHOUSE「 AOYAMA 月見ル君想フ」
月見ル君想フ6 月見ル君想フ5


南青山にある「月見ル君想フ」というライブハウスです。
店内の壁画やオブジェがとても素敵で、
ずっと行きたいと思っていたお店です。

左の写真は店先に出ている看板。
お店の名前の文字がかわいらしいです。

右の写真はバーカウンター。
肝心のドリンクの写真を撮り忘れましたが、
このお店では用意されているカクテルだけでなく、
リキュールとソフトドリンクを指定して、
好みのカクテルを作ってもらうことも出来ます。
私は、ジンをグアバジュースで割ってもらいました。

月見ル君想フ1 月見ル君想フ2


ステージの後ろには綺麗な月が浮かんでます。
客席は2フロアありますが、ステージが高いため、
1階席からも2階席からも見やすくなってました。
写真は、左は2階席から、右は階段から撮ったもの。

月見ル君想フ3 月見ル君想フ4


左の写真は階段横のオブジェ。壁画と鉄線の組み合わせです。
右の写真は1階のPA席近く。天井に張ってあるバティックと壁画が
アジアンっぽい雰囲気を醸し出してます。

ステージも見やすくて、店内もオシャレ、ドリンクの種類は豊富、
という最高のライブハウスです。
ずっとこのお店でライブをやってくれればいいのに、と思ってしまいます。

(狭い、汚い、ステージ見えない、ドリンク種類少ない、というライブハウスと
入場料金が同じというのが、いまいち納得いきません。)
2007.12.28.11:21
神楽坂DIMENSION
神楽坂DIMENSION


よく行くライブハウス「神楽坂DIMENSION」をご紹介。

あくまでもバンド目当てなので、好んでこのライブハウスへ
行っているわけではありませんが、ここへはよく行ってます。

ライブハウスのドリンクの種類はさまざまです。
入場料とは別に1ドリンク500円を強制徴収される場所がほとんどですが、
あまりの種類の少なさに注文する気が失せるような場所もあれば、
缶ビールやペットボトルをそのまま差し出される場所すらあります。
もちろん、普通のバー並みに、フード・ドリンク共に充実している場所もあります。

神楽坂DIMENSIONはそれなりにドリンクの種類は充実しています。
毎回、オススメのお酒が写真のように展示されています。
そして、このライブハウスの目玉は、フリードリンク制があること。
1ドリンク500円か、フリードリンク1,000円のどちらかが選べます。
ワンマンライブなら1杯しか飲む時間はありませんが、
3組くらい登場するライブなら、3杯は飲めてしまいますので、
つい、フリードリンクを選択してしまいます。
他のライブハウスでも、この制度を導入してもらいたいんですが。

ちなみにここは、狭いし、ステージは低くて見えないし、で、
ライブハウスとしては、かなりイマイチだったりします。
楽屋は後方の階段から登る中2階にあって、
アーティストは観客をかきわけてステージに上がるので大変です。
だから、フリードリンクのサービスを取り入れているんでしょうか?

ステージが低くて見えないので、お目当てのバンドのときには、
最前列中央を確保しないといけなくて、あまり好きなライブハウスでは
ありませんが。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。