--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.13.22:15
マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」
マレーシアのペナン島の北部にある
世界遺産に登録された町ジョージタウンで
宿泊したホテル「Mingood Hotel」です。

「明月酒店」とも看板が出ているので、
中華系の人が経営していると思います。

※マラッカもジョージタウンも中華系の人が多く、
町中にも漢字が溢れていました。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」1

ホテルの外観。

場所はペナン通りの西側。
バスターミナルのあるコムタから徒歩十数分。
バス停のあるペナン通りからも徒歩5分ほどなので、
繁華街からは若干外れてますが便利でした。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」21

ホテルのロビー。
PCが用意されていました。

ホテル内は各階にWifiのアンテナがあって、
受信状況も良好でした。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」20

1階のロビー奥。エレベーター前。

和風なオブジェに見えたのですが、
中国風なんですかね?

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」2

客室。

建物はかなり古びてますが、
テレビも冷蔵庫もあります。

ちなみに、テレビはNHKも映って、
あまちゃんが見られました。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」3

客室は無駄に広くて、
ベランダまでありました。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」5

ベランダからの眺め。
真ん中にコムタが見えました。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」4

バスルーム。
一応バスタブもありました。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」11

最上階のレストラン。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」12

朝食は最上階のレストランでした。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」10

レストランの窓からの眺め。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」14

同じく窓からの眺め。
客室からと変わらないですね。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」8

朝食は簡単なビュッフェ。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」9

パン、コーヒー、ジャム、スプレッド。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」13

シリアル。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」17

2日目の朝食。全く変わらないです。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」19

卵料理やソーセージ等は追加料金を支払えば、
用意してくれるようです。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」15

レストランの横は屋上。
何故か植木鉢がたくさん置いてありました。

マレーシア・ペナン「Mingood Hotel」16

海と、高級ホテルとして有名な、
イースタン&オリエンタルホテルも見えました。

市街地に近くてリーズナブルなホテルを、
という条件で探すならば、良いホテルだと思いました。
2013.09.12.20:44
マレーシア・マラッカ「River One Residence」
マレーシア・マラッカ「River One Residence」1

マラッカの3泊目は、2泊目と同じく、
チャイナタウンのゲストハウス
「River One Residence」に宿泊しました。

場所はチャイナタウンの東の外れ、
マラッカ川沿いです。

入口のドアを開けたところで靴を脱ぎ、
事務所兼リビングのような空間を通り抜けます。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」6

奥に現れたのは古びた家屋のキッチンそのもの。

キッチンや調理道具は自由に使えます。
貧乏旅行したい人は自炊できて良いかもしれません。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」2

キッチン横のダイニングスペース。

ウォーターサーバーもあり、
コーヒー、紅茶、クッキー、食パンは、
好きなように食べられました。

朝にキッチンを覗いたら、オーナー家族らしき人達が、
集まって朝食を食べていて驚きました。
この宿も、ホームステイしているような感じがしました。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」5

2階に上ると、共用のリビングルーム。

右奥に並んでいるのが、トイレ兼シャワールームです。
こちらのゲストハウスも格安なので、
部屋に水周りの設備はなく、皆でこちらを使います。
最初は部屋数に比べて少なく感じたので、
混雑するのは嫌だな、と思ってましたが大丈夫でした。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」8

テラスからの眺め。

真下がマラッカ川で、とても良い眺め。
夜もライトアップされていて綺麗でした。
ただ、夜遅くまでクルーズ船が何度も行きかうので、
ちょっとうるさかったりもしましたが。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」7

テラス席で、クッキーとお茶を。

日中はのんびりテラスでくつろげましたが、
夜になると他の宿泊客も大勢やってきて、
良い席は早いもの勝ちになってました。
夜風に吹かれて飲むビールは美味しいので
人気があるのは仕方ないですが。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」4

リビングルームから客室の並ぶ廊下を。

見て分かるとおり、各客室にある窓は全て廊下側。
廊下とは反対側の壁には窓はありません。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」3

客室はシンプル。大きなベッド1台と、
テーブルとキャビネのみ。

一番リビングルームに近い客室のため、
唯一ある窓はリビングルームに面していて、
窓は開けられませんでした。

15ドル程度の格安ゲストルームですし、
テラスにいた時間がほとんどだったので、
部屋はこんなものかと。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」10

ゲストハウスをマラッカ川側から。

マラッカ川は川沿いに遊歩道が整備されていて、
のんびり歩くことが出来ます。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」9

宿泊した「River One Residence」は、
中央右寄りに見える白い壁の建物です。
周りが派手なので、意外と目立ってました。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」13

マラッカ川沿いには並んでいるのはほとんどがゲストハウス。
こんなにたくさんあるので、予約する際にかなり迷いました。
どのゲストハウスも20ドル以下で、そんなに悪くないと思います。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」11

上流側に少し歩くと、派手なペイントばかりが目立ちました。

マレーシア・マラッカ「River One Residence」12

月餅だったり、野菜だったり、全く統一感がありません。
ゲストハウスの名前でも表しているのでしょうか?謎でした。

朝早く起きて、テラスでコーヒーを飲み、
川沿いをゆっくり散歩するのも楽しかったです。

マラッカは、世界遺産に登録されている観光地だけあって、
シティホテル、レトロな建物を活かしたゲストハウス、
貧乏旅行者御用達のゲストハウスまで種類豊富で、
どれも安くて、ハズレも少なくて、良い場所でした。
2013.09.11.20:59
マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」
マラッカの2泊目に宿泊したのは、
チャイナタウンにあるゲストハウス
Cafe 1511」です。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」1

こちらが建物の外観。
ヒーレン通りにあるショップハウスです。

ヒーレン通りは観光客の多いジョンカー通りの1本裏。
レトロなショップハウスが並ぶ通りで雰囲気は抜群なのですが、
車の往来が激しいのが残念でした。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」2

建物を外から見ると3つに分かれているように見えますが、
そのうちの右2つはババ・ニョニャ・ヘリテージ博物館です。
伝統的なショップハウスを博物館として観光客に開放しています。
そして、その左側がこちらのゲストハウスです。
博物館と同じ建物(中は繋がっていません)というのが感動だったり。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」3

ゲストハウスの入口というものはなく、
1階はカフェになっています。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」4

カフェを奥に進むと階段が見えてきました。
この階段を登った2階がゲストハウスです。

1階が飲食店で2階は住居として使っている建物は
日本でもよくあると思いますが、まさしくそんな感じです。
飲食店を経営している家に生まれた子供のような感覚で、
滞在中はカフェを通って2階の自分の部屋に上がって行きました。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」8

1階のカフェを奥に進むと、中央に吹き抜けがあり、
レジカウンター、さらに奥が厨房です。

ゲストハウスのチェックインはこのレジカウンターで行いました。

なお、こちらのゲストハウスはカフェのスタッフが兼務しているため、
カフェ営業中に用事があるときはいつもここで対応してくれました。
また、カフェの閉店後はスタッフは帰ってしまい、誰もいません。
部屋の鍵を使って、カフェの入口の扉を自分で開けました。
(なので防犯上は大丈夫かと。スタッフがいないのは不安ですが。)
夜に帰ってきたら、カフェの照明は全て消えていて、
電球が1つしか点いていない状態でした。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」6

この急な階段を登って、2階へ。

ちなみに、靴はこの階段の下で脱ぎます。
本当に普通のお宅へ上がる感じです。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」7

階段の上から吹き抜けを見下ろして。

かなりレトロな雰囲気。
あの錆び錆びの自転車は使えるんでしょうか。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」5

2階に上がってきました。

吹き抜けから光が届いて明るいです。
背の高い木が伸びてるのも良いですね。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」9

吹き抜けに面した場所は共用スペース。
テレビ、DVDプレイヤー、ソファがあります。

ごく普通のリビングみたいです。
狭いですが、部屋数が少ないですし、
私が宿泊したときは平日だったためか、
他に1人しか宿泊客がいなかったので、
独占して使えました。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」13

宿泊した人が置いていったものなのか、
いろんな国の本やDVDが置いてありました。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」10

リビングの隣の廊下にはウォーターサーバーが。
コーヒーや紅茶も揃っていて、自由に飲めました。

使い終わった食器などは自分で洗わないといけないですが、
そういうのも自宅っぽくて、こういうサービスは良いですね。

ちなみに、ゲストハウス内はWIFI完備で、
自由に使えるパソコンも1台置いてあり、
ネット環境は抜群でした。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」12

リビングの奥はベランダ。
並んでいるのはトイレ兼シャワールームです。

(このゲストハウスには客室にバスルームはなく、
 宿泊客はみなこのシャワールームを使います)

トイレの個室の中にシャワーヘッドがあるだけですが、
マレーシアではこれが普通みたいです。

ビーチサンダルを履いて、トイレの中でシャワーを浴びるのは、
ちょっと違和感がありましたが。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」11

先ほどのリビングの上には屋根裏部屋へ続く階段が。

こちらのゲストハウスは、2階に客室が4つ、
そして、屋根裏部屋が2つありました。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」15

客室側へ続く廊下。
エスニックな雰囲気です。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」16

大仏様がインテリアに?

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」14

こちらは髭の長いおじさんのお面?

壁の色もカラフルですし、
飾られているものも面白かったです。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」17

客室が見えてきました。

通りに面した客室は2つ。
残り2つは内側の窓のない部屋でした。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」20

運よく通り側の窓のある部屋でした。

ただ、車の通りは夜でも多くて、
ちょっとうるさかったです。
(古い建物で密閉性が低いのも原因ですが)

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」21

2人分のお水とバスタオルがありました。

ちなみに、シャワールームは共用のため、
石鹸とかシャンプーは持参する必要がありました。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」19

鏡とデスクも。

シンプルイズベストなお部屋。
共用のリビングがあるので充分でした。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」22

1階のカフェ。朝食はこちらで頂きます。

普通のカフェなので、宿泊客だけでなく、
外部のお客さんも来てました。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」23

まずはコーヒーを。

メニューは5,6種類ほどあって、
その中から選べました。

マレーシア・マラッカ「Cafe 1511」24

スクランブルエッグを選択。

上のお豆はブルネイのホテルの朝食(→blog)と同じですね。
マレー人の朝食といえば、このお豆なのかしら。

ちなみに、メニューの他の選択肢としては、
マラッカ名物のラクサ等もありました。
ラクサに挑戦したほうが良かったかと後悔も。。


そんなわけで、レトロなショップハウスを改装したゲストハウスは、
インテリアが素敵で、雰囲気抜群で、快適に過ごせました。
バスルームが客室にない、という欠点はありますが、
朝食まで付いて、2千円以下という料金は大変お得です。
週末は満室になることも多い、というのもうなずけました。
(ホテル予約サイトのagoda(→ HP)から予約可能です)
2013.09.09.23:55
マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」
マレーシアのクアラルンプール空港からバスで2時間ほどの、
世界遺産にも登録されている街、マラッカに行ってきました。

マラッカでは3泊したのですが、宿泊先にかなり迷い、
なんと3泊とも違うところを選んでしまいました。

まずは1泊目のホテル。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」1

マコタパレードの近くにある
Dreamz Hotel」です。

観光名所が集まるオランダ広場へも徒歩5分ほどの、
便利な場所にある出来たばかりの新しいホテルです。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」7

デザイナーズホテルなのでしょうか。
フロントの奥ではホテルのグッズが販売されていました。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」6

自転車も借りることが出来ます。

私は半日借りて、10RMほどでした。
見た目は綺麗な自転車でしたが、
乗り心地の方はアジアな感じでイマイチでした。
まだ新しそうに見えるのですが、何がいけないんでしょう?

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」2

客室。あまり広くない部屋にベッドがどーん。

海に近い立地なので、マラッカ海峡が見えるかなあ、
と期待しましたが、目の前の大通りが見えるだけでした。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」3

テレビの横には、小さな化粧台。
上がハンガーラックなので、デスクとしては使えないです。

テレビも一応ありましたが、このホテルが中国系だからか、
中国語の番組(マレー語字幕)のチャンネルが多かったです。

ちなみに、このホテルは無料のWIFI完備で快適でした。
最近のアジアの格安ホテルはどこもWIFI完備なのが良いですね。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」4

お水とハブラシ、シャンプー等、
一応ひととおりは揃ってました。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」5

バスルーム。

マレーシアではシャワーのみが多いようです。
しかも、トイレとの境がないので水浸しに。
また、足拭きマットもなかったです。
(他のホテルでも同様。濡れたまま室内を歩くことが
 平気なんですかね。マレーシアの人は。)

ちなみに、ホテルにはレストランはありませんでした。
ここみたいな小さなホテルはどこも同じで、
朝食は付いてなかったです。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」8

こちらは、ホテルの周辺。

美しいショップハウスが並びます。
マラッカのショップハウスは建設された年代によって、
オランダ様式、中国南部様式、移行期様式、英国植民地様式など、
多くの様式があるようですが、このエリアはどの様式なんでしょう?

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」9

カラフルにペイントされていて、おもちゃの街みたいです。

このエリアにはリーズナブルなホテルが数軒集まってました。
どのホテルも100RM(約3千円)ほどなので、選ぶのに迷います。

マレーシア・マラッカ「Dreamz Hotel」10

マラッカ川の近くまで行くと、
落ち着いた色合いになりました。

これらのショップハウスの連なるエリアを抜けると、
観光名所や博物館などが集まるオランダ広場に現われ、
さらにマラッカ川を渡るとチャイナタウンへ辿り着きます。

また、反対の東側へ進むと、百貨店の入っているマコタパレード、
巨大なショッピングモールのダタラン・パラワン・メガモールがありました。

世界遺産の観光エリアと発展した商業エリアのどちらへも歩いて行けて、
マラッカはとても便利で観光しやすい街でした。


【マラッカのホテルを探す!】
2013.09.08.23:07
ブルネイ「Jubilee Hotel」
ブルネイで宿泊したホテルです。
Jubilee Hotel

ブルネイ「Jubilee Hotel」12

市街地の東を南北に貫く大通りから1本曲がると、
この通りに出ます。
今回のホテルは奥に見える白い建物です。
手前の淡いオレンジの建物はマンションのようでした。

ブルネイ「Jubilee Hotel」13

こちらがJubilee Hotelです。

いやー、ブルネイはホテルの選択肢が少なくて、
本当に参りました。
そもそも観光地ではないので、ホテルの数自体が少ないですし、
車社会で郊外にニュータウンを作ってしまったらしく、
新しいホテルのほとんどは市街地から離れた立地。
しかも、石油と天然ガスが出る王国のために物価が高くて。

四ツ星以上の豪華なホテルは結構あるようですが、
(ちなみに世界に2つしかない七つ星ホテルもあります)
ごく普通のビジネスホテルや格安ゲストハウスは全然なくて。
市街地へ歩いて行ける立地という条件で選ぶと、
このホテルしかなかったのです。

どのクチコミサイトや予約サイトを見ても、
市街地から徒歩10分以内で1万円以下で探すと、
このホテル以外には全く見つからなかったです。

ちなみに、宿泊料金は1泊65USドルほど。
二ツ星クラスでこの値段って日本より高いかもしれません。
他の東南アジアの都市ならば、この半額が妥当かと。
ただ、空港からの送迎が無料で付いているので、
タクシーが少なくて高いブルネイでは良いと思いました。

(空港送迎はホテル予約サイトで予約した後に、
 ホテルへ英文メールを送って依頼しました)

ブルネイ「Jubilee Hotel」14

ホテルの入口横にはミニマートがありました。
コンビニと違って夜には閉店してしまいますが、
まあ便利かと。。
(もちろん、ブルネイなのでお酒は売ってませんが)

ブルネイ「Jubilee Hotel」10

エレベーターホールから客室へ。

ブルネイ「Jubilee Hotel」1

廊下。

ちなみに、ホテル内は無料でWIFIが使えました。
各フロアに2つのルーターがあって、
スピードも問題なかったです。

ブルネイ「Jubilee Hotel」7

客室のドアを開けたら、
目の前にソファセットがあって、
リビングルームだったので驚きました。

普通の部屋を予約したはずですが、
何故かアップグレードされてました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」8

リビングルームを反対側から。
入口近くに小さなテーブルセットも。

ブルネイ「Jubilee Hotel」2

シンプルな寝室。

ブルネイ「Jubilee Hotel」4

ドレッサー。

ちなみにドライヤーは客室になく、
フロントで借りました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」3

充分な大きさのクローゼット。

ブルネイ「Jubilee Hotel」15

クローゼットの上をよく見たら、
メッカの方向を示すがありました。
さすが、イスラムの国です。

ブルネイ「Jubilee Hotel」11

寝室からの眺め。

市街地から徒歩10分の距離なのに、
田舎のような山と川。。
ブルネイがいかに小さな国かがわかりました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」5

バスルーム。
ちょっと年季を感じさせますが、
いたって普通です。

ブルネイ「Jubilee Hotel」6

バスルーム内の洗面所。

無駄に広いスペースです。
下が棚になっているのでキッチンぽいなあ、
と思っていたら、ここで料理はしないように、
という貼紙がありました。

ブルネイ「Jubilee Hotel」16

朝食は1階のレストランです。
朝7時からだったので、2泊目は出発時間ギリギリでした。

ブルネイ「Jubilee Hotel」9

朝食はビュッフェではなく、
メニューにあるセットから選ぶもの。
(コーヒーと紅茶はセルフ)

10種類ほどメニューがありましたが、
8割がたは卵の調理の仕方が違うのみ、
残りはチャーハンや麺類でした。

1泊目はスクランブルエッグを選択。

ブルネイ「Jubilee Hotel」17

2泊目は目玉焼きを選択。

かなり老朽化しているホテルなので、
宿泊料金を考えると、えー!?って感じですが、
ここが東南アジアであることを忘れさって、
物価の高いヨーロッパ辺りだと思えば、
納得できるホテルでした。

(とりあえず不便や不満はなかったです)
伊豆大島で宿泊したホテルです。
三原山温泉の大島温泉ホテル

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」3

伊豆大島では一番有名なホテルだと思いますが、
意外とこじんまりしていました。

場所は三原山の麓で、景色と温泉が目玉のホテルです。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」2

客室の玄関には、椿をかたどった折り紙と、
プレゼントのハンカチがありました。

フェリーとセットの格安プランだったので、
プレゼントまであって驚きました。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」1

客室はごくごく一般的。

格安プランなので、客室は三原山とは反対側で、
お布団は自分で敷くシステムでした。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」6

ホテル正面の丘から夕焼けを。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」4

正面の山をアップで。
なんと富士山が見えました。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」5

夕食はレストランで。
何時間前から置いてあるの?、というくらい、
料理は冷め切ってました。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」8

お刺身は後からテーブルに。
さすがにお刺身だけは冷蔵庫に入れておいたのでしょうか。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」7

格安プランなので、メインはお鍋でした。

お鍋の代わりに、椿油の天婦羅とか串揚げとか、
そういうプランもあるみたいです。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」10

最後はあわびご飯でした。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」9

レストランからは三原山の美しい景色が、
見えるはずですが、あいにくの霧。。

露天風呂からも見えるはずでしたが、
霧に包まれていて何も見えませんでした。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」11

朝食です。和の惣菜がずらっと並んでましたが、
漬物とか佃煮とか、作り置きのご飯のお供系ばかりでした。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」12

グラスのグリーンの飲み物は明日葉ジュース。
レモンをふんだんに入れているようで、
レモンの味しかしませんでした。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」13

朝食後に腹ごなしを。
駐車場の脇に看板があったので、
奥へ進んでみました。

(ちなみに、三原山山頂まで続く登山ルートも、
 ココから伸びています。
 観光地図をには裏砂漠ルートしか掲載されてませんが、
 現地には鎧端樹海トレースというルートもありました。)

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」14

つつじ園の入口です。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」15

残念ながらシーズンではないので、
つつじの花は咲いていません。

つつじの木1本1本は大きく、
ワイルドな感じがしました。

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」16

おおしまつつじのトンネル。

1本1本が大きい、ワイルドなおおしまつつじなので、
咲き誇ると、さそがし美しいかと。
館林のつつじが岡公園みたいになるんでしょうかね?
(以前訪れたときのつつじが岡公園 → blog

伊豆大島・三原山温泉「大島温泉ホテル」17

ホテルのチェックアウト前に、再びレストランから。
霧が晴れてきて、三原山が少しずつ見えてきました。
2013.06.17.22:06
熱海温泉「ホテル アイオラ」
熱海では、温泉さえ入れればいいや、
と思ったので、格安ホテルに泊まりました。
ホテル アイオラ

平日ならば、ビジネスホテルよりも安い料金で、
出回っていたのでお得です。

熱海温泉「ホテル アイオラ」1

ホテルのロビー横の寛ぎスペース。
マッサージチェアの他、自由に使えるPCもありました。

熱海温泉「ホテル アイオラ」2

中庭で湯気が出ているのは源泉です。
このホテルの売りの1つで、
ここでゆで卵や蒸し料理が食べられるのです。

熱海温泉「ホテル アイオラ」3

全てセルフサービス。
焼売など、メニューも数種類もありました。

部屋でゴロゴロ、ビールでも飲みながら、
おつまみにするのも良さそうに思えました。
(結局食べなかったですが)

熱海温泉「ホテル アイオラ」8

ロビーの奥。
こちらがこのホテルの2番目の売り。
大量のマンガです。

熱海温泉「ホテル アイオラ」5

奥へ続く細い廊下の両側に、
ギッシリ本棚がありました。
1万冊とのこと。まるでマンガ喫茶です。
自由に部屋に持ち帰って読めました。

熱海温泉「ホテル アイオラ」4

奥の部屋はキッズスペース。
ボールのプールと卓球台。

写真は撮らなかったですが、
大浴場はごく普通でした。
お湯はサラリとしていて気持ちよかったです。

熱海温泉「ホテル アイオラ」6

客室。ごく普通。
思っていたよりも広かったかな。

熱海温泉「ホテル アイオラ」7

広縁にはベンチと洗面台。

ちなみに、このホテルが安い理由は
客室にトイレとお風呂がないこと。
でも、トイレは廊下で客室出てすぐ目の前にありましたし、
大浴場は24時間入れたので、全く困らなかったですが。

また、お布団も自分で敷くシステムでした。
どうせ、部屋ではゴロゴロしますし、
布団を2組敷いてもスペースは余ったので、
チェックイン後すぐに自分で敷いて、
こちらも無問題でした。

熱海温泉「ホテル アイオラ」9

朝食は和定食。

熱海温泉「ホテル アイオラ」10

干物は出来たてを持って来てくれました。

一人旅で安く泊まりたい、とか、
ビジネス利用だけど温泉には入りたい、とか、
(作業着姿の男性も数人見かけました)
そんな人にも良さげなホテルでした。
2013.04.23.20:42
奈良「スーパーホテル奈良Lohas」
JR奈良駅と近鉄奈良駅はかなり離れていて、
観光に便利な立地は圧倒的に近鉄奈良駅なのですが、
近鉄奈良駅の近くで良いホテルはあまり見つからず、
クチコミ評価が抜群に良かったJR奈良駅に近い
スーパーホテル奈良Lohas」にしてみました。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」1

右がJR奈良駅。左がホテル。

駅からは歩道橋で繋がっていて、
1階はコンビニ、目の前はバスターミナルと、
JR利用者には抜群の立地だと思います。
(近鉄利用者はバス乗車が必須ではありますが)

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」9

フロントのある4階でエレベーターを降りると、
右側には自由に使えるパソコンルーム、
左側には好きな枕が選べる部屋がありました。

ちなみに、このエレベーターの裏手が大浴場。
一応、温泉のようで、露天風呂までありましたが、
ちょっと狭くて、着替えも髪を乾かすのも窮屈でした。
でも、こんな立地のビジネスホテルなので、
温泉があるだけでも良いかと。
暗証番号式でセキュリティもしっかりしてましたし、
浴室の出口前には冷たい水もあったので助かりました。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」11

こちらはフロント横。
わずかばかりのソファスペース。

フロントスタッフは何故か若い女性ばかり。
マニュアル通りにきちんとこなそうと頑張っている感じが
ひしひしと伝わってくる研修中の新人さんが多かったです。
(4月中旬という時期だからだとは思いますが)

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」8

予約したプランには何も書かれてなかったですが、
女性限定でこんなプレゼントがありました。

8種類ほど用意されている中から、
お好きなものを5つ選べるシステム。
他には、ハーブティーとかマスクとかもありました。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」2

レディースフロアのお部屋だったようで、
廊下には女性向けの雑誌も置かれてました。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」3

客室の入口。カギはなく、暗証番号方式。
カギがないため、チェックアウトは不要です。

暗証番号はチェックインのときに貰う
レシートに記載されているので、
なくさないよう注意が必要です。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」4

お部屋。あまりの狭さに驚きました。

ドアを開けると、目の前はクローゼットで、
すぐにベッドです。
入口横にはバスルームがありましたが、
その脇で靴を脱ぐように指定されていて、
客室内は土足厳禁になっていました。
強制的にスリッパ履きにさせたほうが、
部屋が汚れなくて良いんですかね。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」5

ベッドとデスク。

部屋の中で歩けるスペースはたったこれだけ。
ホテルでは寝るだけ、という人向きの部屋ですね。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」6

デスクには何故か雑誌がたくさん。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」7

ベッドの目の前に壁掛け式のテレビ。
テレビもこのように置けば省スペースですね。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」10

窓からの夜景は裏手の駐車場と、
JRの駅と線路。
電車の音は気にならなかったです。

奈良「スーパーホテル奈良Lohas」12

朝食は無料で付いてきます。

街中にあるチェーン店のカフェのようなスペースで、
バターたっぷりのパンが並んでました。
スープとサラダと、温かいお惣菜が数品だけ。
無料なので、こんなもんですかね。

面白かったのは、自動販売機が数台並んでいたこと。
お金を入れなくてもボタンを押せば出てきました。
少ないスタッフでやりくりする工夫ですかね。

そんなわけで、いかに省スペースで、少ない人手で、
顧客満足を高めるか、というのを追求しているのが、
よく分かるホテルでした。
2013.04.20.20:23
奈良「奈良ロイヤルホテル」
奈良旅行で宿泊したホテル
奈良ロイヤルホテル

新幹線と近鉄電車とホテルがセットになったプランで、
選択肢の少ない中で選んだホテルです。

大浴場があることが決め手で選びましたが、
旅行会社が取り扱っているホテルなので、
正直、個人旅行ではこのホテルは選ばないなあ、
という感じでした。

奈良「奈良ロイヤルホテル」1

老舗の大型ホテルですが、いかんせん立地が悪いです。
市役所のすぐ裏手ですが、近くに駅がありません。
幹線道路沿いで駐車場も広いので、車利用者向けかと。

近鉄奈良駅、ならまち、JR奈良駅をぐるりと回る
無料のシャトルバスが出てますが、30分に1本ですし、
最終便も早めなので、不便でした。

奈良「奈良ロイヤルホテル」8

広いロビー。
この辺りは老舗って感じの雰囲気です。

奈良「奈良ロイヤルホテル」7

結婚式場としても利用されてるみたいですが、
この衣装は結婚式で着られるのでしょうか?

奈良「奈良ロイヤルホテル」3

もちろん、せんと君もスタンバイ。

奈良「奈良ロイヤルホテル」2

部屋の狭さには驚きました。
安いツアープランなので仕方ないんですかね。

こんなに狭い部屋なのに、
チェックイン後にお部屋まで案内してくれて、
なんかアンバランスな気さえしました。

奈良「奈良ロイヤルホテル」6

翌朝のロビー。
日がさんさんと入ってきて明るかったです。

奈良「奈良ロイヤルホテル」5

ロビーの奥、滝が落ちる場所を覗いてみたら、
庭園ではなく、ただの茂みでした。

ちなみに、地下は大浴場がありましたが、
露天風呂はなかったです。
しかも、ホテルの大浴場というよりも、
スポーツクラブの中にあるような大浴場で、
宿泊客よりも、会員になっている年配のご婦人達が
大勢入ってきていて、全く落ち着きませんでした。
大浴場が夜しか開いていないのもイマイチで、
お風呂目当てで選ぶんじゃなかった、と後悔しました。

奈良「奈良ロイヤルホテル」4

朝食はビュッフェ。

狭いレストランに、修学旅行の学生と、
団体ツアーのおばちゃん達が大勢居て、
こちらも全く落ち着かず。。
団体客はレストランではなく、宴会場を利用するとか、
込み合わないよう工夫してほしかったです。

そんなわけで、ツアーでもなければ絶対に選らばなそうな、
そんなホテルでした。
2013.03.25.22:00
福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」
福島県の二本松市にある岳温泉
陽日の郷あづま館」に宿泊してきました。

岳温泉の観光協会が郡山駅からシャトルバスを出していて、
事前に予約しておくとホテル前まで乗せてくれたので、
東京からでも利便性は良かったです。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」3

ホテルの入口には何故か雛人形。
ひなまつりはとっくに過ぎてましたが。。

このホテルは岳温泉の中心を走る通りに面してますが、
ホテルの入口は裏側からでした。
車での出入りを考えた結果ですかね。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」4

フロントからロビー方面。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」2

フロント。
温泉旅館っぽくなくてオシャレです。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」5

フロントを通り過ぎたら、
天井の高いガラス張りの空間に出ました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」1

日差しがさんさんと降り注ぐ気持ちよい空間ですが、
何故かお土産屋さんになってました。
フロント前なので、普通ならカフェになりそうなものですが。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」20

お土産屋さんの隣には本棚も。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」6

本棚の裏手に回ると、浴衣スペース。

宿泊者はここにある浴衣から
好きなものがチョイスできるのです。
色別、サイズ別に棚に並んでいて、
結構種類豊富でした。

全身が写る鏡も置かれていたので、
試着しながら選べてよかったです。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」8

こちらがチョイスした浴衣。

上段は客室に置かれていた浴衣と丹前。
下のものが選んできたもの。
もとから置かれていた浴衣も結構オシャレなので、
これでも良かったかも、とも思いました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」9

さらに奥に進むと、ラウンジがありました。

カウンターにはガイドブックが置かれ、
その奥にはコーヒーとジュースがあり、
宿泊者はいつでも自由に飲めます。
(生ビールサーバーもありましたが、
 こちらはさすがに有料でした)

全てセルフサービスで、スタッフは誰もいませんが、
こういうサービスは良いですね。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」10

ラウンジはこんな作り。
グランドピアノも置いてありましたが、
誰か弾くのでしょうか?

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」7

ラウンジの奥へ。

壁際には喫煙ルームとチャイルドルーム。
チャイルドルーム内にはぬいぐるみやゲームもあって、
テレビでビデオも見られるようになっていて、
サービス満点でした。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」15

地下にはなんと室内プールもありました。

安達太良山に近い場所なので、冬は当然豪雪地帯。
スキー目当てでやってくる冬のお客さんでも、
退屈しなさそうで良いですね。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」19

宴会場へ続く廊下の一角。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」13

岳温泉の温泉街側の入口近く。

こちらは旧館のようで、昔はロビーだった場所ですかね。
ちょっとレトロな雰囲気。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」12

温泉街に面した場所にあった図書スペース。
岳温泉の歴史を記した本等がありました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」11

ようやく客室へ。

安いプランだったので旧館のお部屋です。
でも、充分な広さでした。

(ちなみに、宿泊したのは土曜日でしたが、
 結構リーズナブルな価格でした。
 このホテルのグレードを考えると、
 コストパフォーマンスはかなり高め。
 福島県の観光はまだ厳しいのでしょうか。)

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」16

さて、こちらはこのホテルの隣にある東三番館。
渡り廊下で繋がっている姉妹館です。

古いホテルでフロントは閑散としてましたが、
卓球台が2台も置いてありました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」17

入口横のスペースは子供が遊べるスペース。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」18

読書コーナーもありました。

こちらの姉妹館に泊まると、あづま館のお風呂にも入れるので、
宿泊代金をケチりたいのならば、こちらでも良いかも。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」22

さて、夕食です。

このホテルでは部屋食というのはなくて、
個室での会席料理か、レストランでのビュッフェのみ。
今回はビュッフェを選択してみました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」23

果物、ケーキ、クッキー等も揃ってました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」21

お刺身だけはテーブルに置かれてました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」26

食材組み合わせの紹介。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」24

ステーキや天ぷらはその場で作ってくれました。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」25

盛ってきたもの。
ちまちまと種類豊富に。

さて、土曜日の夜、このホテルでは
2つイベントが開催されています。

1つはラウンジでの昔話。
福島の方言で語られる昔話は、
情感豊かな話しぶりで面白かったです。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」27

もう1つはこちら。
ロビーでの餅つき大会。
子供達が大勢集まってきていて、
なかなかの盛り上がりでした。

福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」28

つきたてのお餅はその場で振舞われ、
美味しく頂きました。

温泉街は寂しいので、
夜にイベントをやってくれるのは
有難いです。
福島・岳温泉「陽日の郷あづま館」29

そして、翌朝の朝食。
和食中心でした。

そんなわけで、施設も綺麗で、
サービスも充実していて、
なかなかに良い宿でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。